2018年10月25日

イグザレルトは末梢動脈疾患(PAD)や慢性冠動脈疾患(CAD)にも有効

イグザレルトは末梢動脈疾患(PAD)や慢性冠動脈疾患(CAD)にも有効
 
U.S. FDA Approves XARELTOレジスタードマーク(rivaroxaban) to Reduce the Risk of
Major Cardiovascular Events in Patients with Chronic Coronary Artery
Disease (CAD) or Peripheral Artery Disease (PAD)



1025.PNG



 アメリカのFDAが、抗凝固薬(DOAC)のイグザレルトがCADやPADにも有効で、24%の効果があることを承認したそうです。
DOACの中でもアメリカでは現在、イグザレルトだけが心房細動以外のCADやPADに認可されていますが、その効果を改めて認めたようです。
日本では抗血小板薬のプレタールが主流ですが、アメリカではCOMPASS研究によりDOACも期待されています。心房細動を含めた静脈性の血栓には抗凝固薬、動脈性の血栓には抗血小板薬が有効と棲み分けされている感じですが、実際問題はその境界線はあまりないとの指摘もあります。
今回の報告では、懸念されている出血も重大な症例や脳内出血は増加していない様です。





私見)
 今回の発表では少量アスピリンとイグザレルトとの併用ですが、日本ではどのような推移になるか注目
 したいと思います。
 ADに関しては、以前の私のブログをご参照ください。
 今後高齢化社会の到来で実地医家にとってPADは重要な疾患ですが、とっても心配な疾患でもあり
 ます。
 患者さんが診察する時は、いつも靴下を脱ぐように指導してください。






U.S. FDA Approves XARELTOレジスタードマーク (rivaroxaban) to Reduce the Risk of Major Cardiov.pdf













posted by 斎賀一 at 13:31| Comment(0) | 循環器

2018年10月24日

アセトアミノフェンは熱性痙攣の再発に有効

アセトアミノフェンは熱性痙攣の再発に有効
(同じエピソードにおいて)
 
Acetaminophen and Febrile Seizure Recurrences
During the Same Fever Episode



1024.PNG



 雑誌PEDIATRICSに、同じ発熱エピソードにおいてはアセトアミノフェン座薬(アンヒバ、アルピーニ)が熱性痙攣の再発を予防できるとの論文が掲載されています。従来、アセトアミノフェンは無効との論文が散見されていて、むしろ有害との趣旨もありました。
 本論文は日本からの報告です。
日本においては、小児の場合7~11%に熱性痙攣が起きます。
同じ発熱疾患の間に、15%近くが熱性痙攣を再発するとのデータがあるそうです。日本でも熱性痙攣で解熱剤を使用する事に抵抗感を持っている小児科医が多いとの事です。


纏めてみますと

1) 2015~2017年に掛けて、熱性痙攣で病院を受診した6~60ケ月の小児423名を対象に登録して
   います。219名にアセトアミノフェンの座薬(10mg/kg)を6時間ごとに、熱性痙攣後24時間まで
   処方しています。 (発熱が38度以上の時)
   コントロール群の204名は、解熱剤を投与していません。
   下痢を伴なっている場合(胃腸障害性痙攣は日本からの発信)やけいれん止めの座薬(ダイアップ
   など)を使用している例は除外しています。

2) 結論として、再発率はアセトアミノフェン群で9.1%に対して、コントロール群では23.5%でした。
   明らかにアセトアミノフェンは同じ熱性疾患エピソードにおいては熱性痙攣の予防効果がありました。
   その他の因子として、月齢の低い乳幼児や痙攣が短時間の場合に、再発する頻度が多い傾向で
   した。

3) アセトアミノフェンの解熱効果のみか、あるいはその他の生化学的因子が関与しているのかは、
   ブルフェンなど他の薬剤を使用しての研究が待たれるとしています。





私見)
 以前のブログでも述べていますが、乳幼児に解熱剤を使用する事に私はやや積極的な医師と認識しています。
 尚、痙攣止めの座薬(ダイアップ)とアセトアミノフェン(アルピーニ)座薬の挿入の関係は下記のPDFを
ご参照ください。原則、ダイアップを先に挿入して、30分以上空けてからアルピーニを挿入するよう指導
しています。




peds.2018-1009.full.pdf

座薬併用の注意.pdf











posted by 斎賀一 at 19:53| Comment(1) | 小児科

2018年10月23日

インフルエンザに関するアメリカからの報告

インフルエンザに関するアメリカからの報告
 
Several Influenza Deaths in US, Including
One Child, as Flu Season Begins



1023-2.PNG 



 インフルエンザのシーズンとなってしまいました。
アメリカでの今シーズン最初の週刊報告(2018-2019 :September 30 to October 6)では、インフ
ルエンザの活動性はまだ低いようですが、小児の死亡例が報告されています。

 フロリダからの報告です。詳細は守秘義務のため分かりませんが、B型インフルエンザに罹患し、インフ
ルエンザのワクチンは接種していませんでした。
フロリダにおいて2017~2018年のシーズンでは稀ではありますが、インフルエンザ関連の死亡例が
報告されています。その殆どがワクチン接種をしていませんでした。
他の州からも今シーズンは報告されています。
CDCによりますと現在はまだインフの活動期ではないが、この時期にワクチンの接種をするようにとの
勧告です。

                                                 以上、medscapeより




インフ 死亡例.pdf







posted by 斎賀一 at 20:47| Comment(1) | インフルエンザ