2018年06月29日

潜在性甲状腺機能亢進症

潜在性甲状腺機能亢進症
 
Subclinical Hyperthyroidism
  n engl j med 378;25 nejm.org June 21, 2018



0629.PNG

         

 意外に、潜在性甲状腺機能亢進症は外来でも多い疾患です。
「当座は治療しなくても良いのですが、十分な経過観察が必要。」と患者さんに説明しています。
診断基準は、書籍から調べて下記のPDFに収めました。

 今回NEJMに総説(vignette)が載っていましたので纏めてみました。
さすがにメジャーな雑誌で、よく纏めてあり認識を新たにしました。


1) 甲状腺刺激ホルモンTSHが低値でも、甲状腺ホルモンのFT4かFT3が正常範囲の場合を、
   潜在性と定義します。
   TSHが0.1~0.4の軽症が65~75%で、残りがTSHが0.1以下のsevere(重症型?)です。
   TSHが0.1以下の場合に、顕性甲状腺機能亢進症に進展する可能性が高い。

2) 原因は内因性と外因性があります。
   内因性としては甲状腺腫、機能性甲状腺腺腫、バセドウ病があります。(潜在性の40%が進展
   する。)アメリカでは寧ろ外因性の方が多い。サプリメントに甲状腺ホルモンが含有している。
   内因性と外因性は検査では区別がつかないので、十分な問診が必要となる。外因性が予後にどの
   程度悪影響を及ぼすかは不明。

3) 潜在性と言えども合併症の危険がある。
   ○ 心血管疾患 ; 頻脈、期外収縮、心不全、心房細動、冠疾患
   ○ 骨粗鬆症
   ○ 認知症

4) 高齢者は症状が無い事が多いが、若い人では軽症ではあるが甲状腺腫大や眼症状などの症状を
   呈する。しかし振顫、頻脈などは少ない。

5) 治療は
  何らかの理由で甲状腺ホルモンを服用している人には最小限に指導する。
  65歳以上で顕性でなくても(free-T4が正常範囲)診断上でバセドウ病の場合は(TRAbが陽性)メルカ
  ゾールの適応も視野に入れる。
  機能性甲状腺腺腫ではアイソトープ治療も考慮するが、バセドウ病では眼症状の悪化を招く。
  (日本では稀とされています。)

6) 60歳以上で心房細動、骨粗鬆症があれば軽症(TSHが0.1以上)でも治療を考慮。また経過が進行  
   性であったり、TSHが0.1以下の場合も治療を考慮する。




私見)
 潜在性と言えどもバセドウ病を想定して検査もして(TR-Ab)経過観察をする必要があります。
 特に60歳以上の基礎疾患がある人は注意が肝心です。
 グラフは下記のPDFに纏めました。
 その他参考PDFも掲載しました。


 
 ◆参考書籍

  外来でどう診る、甲状腺疾患 : 日本医事新報社   深田修司氏




本論文より.pdf

書籍より.pdf

ドクターサロン潜在性甲状腺機能冗進症.pdf

潜在性甲状腺機能冗進症.pdf












posted by 斎賀一 at 19:50| Comment(1) | 甲状腺

2018年06月28日

私のブログを読んでくれた「たけさん」へ

私のブログを読んでくれた「たけさん」へ




私のブログは、本院の職員の勉強用と患者さんへの説明のために行っています。
心ならずも本ブログを読んで頂いた 「たけ」 さんに感謝します。
お問い合わせの扁桃腺摘出術の長期予後に関する内容の 「ある論評」 を下記のPDFに掲載しました
のでご参照ください。
今思いますと若干力が入り、私の論評風になってしまいました。



追伸)
 尚、本ブログへのご意見、ご批判に対しての私からの再度のコメントは、私自身が浅学の身ですので
 控えさせていただいております。




Tonsillectomy May Worsen Long-term Health Outcomes.pdf











posted by 斎賀一 at 14:07| Comment(0) | その他

2018年06月27日

中間型インスリンの復権

中間型インスリンの復権
 
Association of Initiation of Basal Insulin Analogs vs Neutral
Protamine Hagedorn Insulin With Hypoglycemia-Related
Emergency Department Visits or Hospital Admissions
and With Glycemic Control in Patients With Type 2 Diabetes



0627.PNG



 インスリンは、重症の糖尿病患者に対する最後の砦的に捉える方が今でもおられますが、以前より膵臓が疲弊する前に早期にインスリンを導入する事が推奨されています。
インスリンは、現在殆どがヒト型インスリンです。ヒト型はヒトと同じインスリン構造を持ちます。その構造の一部を変えて作用時間や副作用の軽減化を行ったのが、インスリンアナログ製剤です。
本院では持続型(持効型)のトレシーバとランタスを採用しています。以前の私のブログもご参照ください。

 今回、雑誌JAMAよりヒト型インスリンの中間型が、時効型のアナログ型より有効との論文が出ました。
(本院でも中間型の少量を就寝前に注射する裏ワザを頻用していましたが、時効型のアナログ製剤の
登場により影を潜めています。)


論文を纏めてみますと

1) U型糖尿病患者の14~25%が、結局インスリンの導入が必要となる。
   最近では夜間の低血糖の予防と効果において時効型のアナログ製剤が主流になっているし、それを
   裏付ける論文が多く出されている。それを検証する意味で、今回の観察研究がなされた。

2) 2006~2015年まで観察しています。平均観察期間は1.7年です。
   最初から時効型のアナログ製剤を使用した1,928人と、最初は中間型を勧められた23,561人を
   比較しています。
   T型糖尿病は除外していますし、即効型を追加した症例も除外しています。
   当初のベースラインとしてのヘモグロビンA1cは、平均で両群とも同程度で9.4%でした。
   アナログ製剤はランタスと、それより遅れて発売になったトレシーバです。

3) 救急外来の受診や入院が必要になった低血糖症例は
   アナログ製剤が、11.9人/1,000人/年に対して、中間型では8.8人/1,000人/年でした。
   しかもヘモグロビンA1cの改善も、中間型の方がやや優位でした。

4) 論者は以前のアナログ製剤の優位を示した論文の問題点を列挙しています。
  (本ブログでは省略いたします。原文を参照ください。)
  結論として、中間型の方が費用も安いし効果も同等であり、中間型を選択するのは全く悪くは無いと
  しています。




         0627-2.PNG






 

私見)
 忘れ去られそうな薬剤が復権(ルネッサンス)を果たすのは、本田さんばかりでなく私もこよなく嬉しい
 ものです。


        チャチャチャ ♪  ニッポン!   頑張れ本田!!






本論文インスリン.pdf

本論文より.pdf

インスリン製剤.pdf

インスリンの解説.pdf


















posted by 斎賀一 at 19:46| Comment(1) | 小児科