2019年03月13日

小麦アレルギーとピーナッツアレルギーに対するチャレンジテスト

小麦アレルギーとピーナッツアレルギーに対するチャレンジテスト
    <業務連絡用>



    本院看護師の皆さんによる、小麦とピーナッツに対するチャレンジテストの概略表です。
   以前の私のブログを参考に作成してもらいました。
   皆さんの本院に対する愛情の結晶です。
   「ボーとして、もうやり方を忘れたんかい!」 と叱られないように、しっかり心に留めて置きます。





   小麦チャレンジテスト(1歳〜).pdf












posted by 斎賀一 at 18:52| Comment(0) | 小児科

2019年03月12日

PPI(胃酸分泌抑制剤)は糖尿病を改善する?

PPI(胃酸分泌抑制剤)は糖尿病を改善する?
 
The Effect of Proton Pump Inhibitors on Glycemic
Control in Patients with Type 2 Diabetes



0312-2.PNG

 


 やや疑問符の付く文献なので簡単に纏めてみます。


1) U型糖尿病患者の2,525名が対象
   平均年齢は67歳、HbA1cの平均値は7.3、 2005~2011年の調査です。
   195名にPPIを処方しています。
   糖尿病薬はPPI群もコントロール群も、同じように服用しています。
   効果を見るためにPPI服用開始後、少なくとも90日間は服用しています。

2) 両方の群で糖尿病の治療はしているので、当然ながらA1cは低下しています。
   PPI群では低下率が0.32%、コントロール群で0.27%でした。

3) 説明として、PPIにより胃酸が低下して、その結果ガストリンが増加する。
   このガストリンが膵臓のインスリン分泌に関与するβ細胞を増殖したり、刺激したりする事により
   血糖の改善がみられるとしています。





私見)
 この論文と反対の結果も見られるようです。
 つまり、現時点での一般的な見解としてはあまりPPIは影響無いかもしれません。
 なぜ本論文をブログに取り入れたかと言いますと、PPI逆風の中でチョットいい話では?と思ったので。





ppi dm.pdf










posted by 斎賀一 at 20:40| Comment(0) | 糖尿病

伝染性紅斑は再発(再燃)する

伝染性紅斑は再発(再燃)する
          <患者さん情報> 



       最近、伝染性紅斑が再発(recrudescence)した症例がありました。
      保護者の方に訝られましたが、UPTODATE に記載がありますので信じてください。



          0312.PNG





     伝染性紅班.pdf










 
posted by 斎賀一 at 20:02| Comment(0) | 感染症・衛生