2021年09月08日

ファイザーワクチン後の小児における心筋炎

ファイザーワクチン後の小児における心筋炎
 
Association of Myocarditis With BNT162b2 Messenger RNA COVID-19
Vaccine in a Case Series of Children



30908.PNG

   

 アメリカのボストンからの報告が雑誌JAMAに掲載されていましたので、ブログします。


1) FDAはファイザーワクチン接種を、2021年5月10日より12歳以上の若者に緊急使用することを認可
   しました。
   本研究は12歳から19歳の若者の、ワクチン接種後30日間経過観察における心筋炎の報告です。
   観察期間は2021年5月1日から7月15日です。

2) 15例の心筋炎での入院例を報告しています。
   男児が14例 (93%)
   平均年齢は15歳
   症状は接種後、1〜6日に出現しています。
   胸痛 ; 平均3日後(1〜6日) 15例(100%)  
   発熱 ; 10例 (67%)
   筋肉痛 ; 8例 (53%)
   頭痛 ; 6例 (40%)
   トロポニン上昇は全ての症例で認めています。
   心エコーで駆出率低下は3例(20%)ですが、心外膜のeffusionは認めていません。
   心電図 ; 6例(40%)が心外膜炎のdiffuseなST上昇。
          9例(69%)にST-T変化を認めています。
   PR間隔やQT延長は認めていません。
   治療は免疫グロブリン療法が7例 (47%)
   メドロールの点滴 (1mg/kg/回を一日2回)
   退院時にはプレドニン処方

3) ICUへの入院はありません。
   入院期間は平均で2日間です。 (1〜5日)
   11例が症状の回復を認めています。 (73%)
   駆出率の正常化には2〜11日を要しています。
   1例は駆出率が54%とボーダーラインが続いていました。 (7%)
   1例に心室頻拍が続いています。
   一般的な心筋炎ではICU入院率が高くて不整脈の頻度も多く、致死率は7.8%です。
   それに比べれば、ワクチン接種後の心筋炎は軽症です。

4) ほとんどが2回接種後に発生しています。 (1例のみ1回接種後)
   これまでのデータでは、コロナワクチン接種後の心筋炎が1,226例報告されています。
   その中で30歳以下は687例です。
   12歳から29歳の頻度は62.8例/100万人です。
   (ワクチン関係では5例/10万人がイエロー信号です。)
   1人の心筋炎の発生に対して250人のコロナ発生、14人の入院を予防できます。
   しかし、経過は軽症ですが長期予後の観察が必要です。






私見)
  12歳までのワクチン接種が始まります。
  後日に再度ブログしますが、十分なコンセンサスが必要です。
  私の以前のブログもご参照ください。








JAMA 子供 心筋炎.pdf

ソルメドロール.pdf










posted by 斎賀一 at 18:31| Comment(1) | 小児科

2021年09月07日

新型コロナの経口治療薬

新型コロナの経口治療薬
 
Pfizer, Merck Launch New Trials of Oral COVID-19 Drugs
 


30907.PNG


       
 世界で新型コロナに対する新薬の開発が、しのぎを削っています。
日本の製薬会社も頑張っていますが、巨大製薬会社のファイザーとメルクが先行しているようです。
ロイター通信からの報道は、スガさんではないですが明るい兆しが見えてきました。


・ファイザー社のPF-0732133
  コロナウイルスが増殖する際に必要な酵素を阻害します。
  
・メルク社のモルヌピラビル
  コロナウイルスであるRNAにエラーを起こして、最終的にウイルスの複製を妨げ増殖を阻止します。
  アメリカ政府は12億ドルを支払って、本年の後半には緊急使用を承認するようです。

・ロッシュ社のAT-527
  RNAウイルスの複製に不可欠な酵素である、ウイルスRNA依存性RNAポリメラーゼを特異的に阻害
  するように設計されています。
  日本の中外製薬が契約しています。





私見)
  C型肝炎の特効薬であるDAAの話題が私のブログから消えて久しいものがありますが、今回の新型
  コロナウイルスの経口薬も同じ範疇に入るようです。
  そうなると、効果は100%に近いものがあると期待します。
  DAAが上市された時にはその薬価にびっくりしましたが、まさかそれはないでしょうね!?







コロナ治療薬.pdf








posted by 斎賀一 at 20:18| Comment(1) | 感染症・衛生

2021年09月04日

新型コロナにおける吸入ステロイド(ブデソニド)の効果

新型コロナにおける吸入ステロイド(ブデソニド)の効果
 
Inhaled budesonide for COVID-19 in people at high risk of complications
in the community in the UK (PRINCIPLE):



30904.PNG

  

 肺の上皮に存在する新型コロナウイルスのレセプターがACE-2と言われていますが、その場での炎症が新型コロナの病状に関係することが、当初より判明しています。
不思議なことに、肺疾患の喘息やCOPDの患者さんでは新型コロナの発生頻度が低いことも報告されています。吸入ステロイドの治療が影響しているのかもしれません。更にステロイドの全身投与も重症化を防ぐとの研究結果があります。
全てがステロイドの抗炎症作用によるものです。しかしステロイドの全身投与は副作用があり、その効果に対して反対の見解も報告されています。

 今回のLANCETの論文は、65歳以上か基礎疾患のある50歳以上を対象に、吸入ステロイド剤のブデソニドの効果を調べた報告です。


1) 2020年11月27日から2021年3月31までの研究です。
   新型コロナの症状が14日まで好転しないが入院も必要でない患者が対象です。
   全体で4,700人が登録しています。
   ブデソニドを800㎍/回、2回/日を14日間継続する群の1,073人、通常の治療群の1,988人、
   他の治療群の1,639人を先ず調べました。
   最終的に新型コロナ感染の確信例として、ブデソニド群が787例、通常群が1,069例、
   その他の治療群が974例を比較しています。

2) 主要転帰は ・最初に回復した自己報告 ・入院 ・新型コロナ関連死です。
   自己申告による病期の短縮は、ブデソニド群が通常群より2.94日短縮しています。
   入院と死亡では、ブデソニド群が6.8%に対して、通常群で8.8%でした。
   危険率はブデソニド群で0.75となります。
   重篤な副作用がブデソニド群で2例、通常群で4例でした。




   
             30904-2.PNG




3) 合併症のある層でのブデソニド吸入は、それなりの効果を示しています。







私見)
 自宅療養者の対応は保健所から「町医者」が担うべき、との暴論とも受け止められる非難がマスコミに
 溢れています。お気持ちは分かるのですが、対策を十分に練らないでトップダウンされては、下々の
 町医者は戸惑うばかりです。
 竹やりで突っ込めと言わんばかりです。
 せめて本院では、ブデソニド(パルミコート)を処方します。
 イベルメクチンは手に入らないのですから ...。
 中和抗体は、町医者にとっては高嶺の花です。





          30904-3.PNG







          30904-4.PNG






コロナ budesonide LANCET.pdf










   
   
posted by 斎賀一 at 16:51| Comment(1) | 感染症・衛生