2022年09月13日

脂質異常症の治療薬・スタチンによる筋症状はまれ

脂質異常症の治療薬・スタチンによる筋症状はまれ

 
Effect of statin therapy on muscle symptoms: an individual
participant data meta-analysis of large-scale, randomised,
double-blind trials



40913.PNG

     

 脂質異常症の治療薬の主体は、スタチン系(下記の一覧表を参照)です。
心血管系疾患の予防に対する効果は実証済みです。
スタチン系薬剤の副作用として有名な横紋筋融解症があります。
グロテスクな病名と相まって、患者さんによってはスタチンに対して過剰に心配される方が
いらっしゃいます。
 今回、副反応の筋症状発生は稀であるとする論文が、LANCETに掲載されています。


1) スタチンとプラセボを比較した19のスタディを、メタ解析しています。
   1,000例以上の二重盲検試験で、2年以上経過観察したスタディを採用しています。
   また、軽〜中等度のスタチンと強力スタチンを比較した4つのスタディも加えています。
   対象症例は123,940例、平均年齢は63歳、女性は27.9%
   心血管疾患は48.1%、糖尿病18.5%です。
   スタチンの強さの4つの比較スタディは、30,724例です。

2) 追跡期間の平均は4.3年です。
   筋症状または筋力低下はスタチン群で16,835例(27.1%)
   プラセボ群が16,446例(26.6%)で危険率は1.03でした。
   スタチン群での筋症状または筋力低下は治療開始1年以内が一番多く、スタチン群で7%
   増加していました。その危険率は1.07です。
   絶対的発生率は11人/1000人/年で、実際にスタチン服用により15例中1例の発生頻度
   となります。
   2年以降は両群に差はなく、危険率は0.99です。
   スタチンの強さの違いでは危険率が1.08とやや増加しています。
   血清CK値の上昇は殆ど変化がなく、基準値の0.02倍でした。





       40913-2.PNG

       40913-3.PNG

    
    
3) 考察
   筋症状と筋力低下とは具体的に、筋痛症、痙攣(クランプ)、下肢痛、骨格筋痛、
   筋肉疲労等です。本研究ではスタチンの種類による差はありませんでした。
   また投与量による差もありませんでしたが、中等度より強力スタチンの方が若干報告が
   多い傾向でした。11%対6%です。
   筋症状を報告した患者の多くが1年後も継続服用していた事実は1年後の発生が同じとの
   データに影響はしてないようです。
   中等度のスタチンを服用することにより、5年間で1,000人当たり11人の筋症状の副作用が
   報告されますが、心血管疾患の二次予防に50例に効果があり、一次予防には25例に貢献
   できています。
   スタチン服用による筋症状に対してはnocebo効果があり、患者に対する説明にはチャレン
   ジ的要素が必要となります。
   スタチン服用で筋症状を訴える90%はスタチンが原因とは断定できません。
   しかもその殆どが治療開始の1年以内です。
   軽度の筋症状を訴える患者には継続服用を勧めます。







私見)
 本論文はスタチンの有効性とその安全性を担保する論文ですが、私が注目したのは患者さんに
 説明するのにチャレンジ的要素という文言でした。

 歴史家の加来耕三氏が語ります。
 「歴史とは結果だけ見ていては何も学べない。何をしようとしたのか、何を志したのか、
  それを探していくところに教訓らしきものが出てくる。」

 なんと素晴らしい言葉でしょう。借金ばかりを残していく先代に鎮魂歌の響きがあります。












posted by 斎賀一 at 20:40| 脂質異常

2020年01月14日

75歳以上の高齢者における脂質異常症の治療

75歳以上の高齢者における脂質異常症の治療

 
The Association Between Low‐Density Lipoprotein Cholesterol
and Incident Atherosclerotic Cardiovascular Disease in Older Adults
    <短 報>



 以前の私のブログでも高齢者の脂質異常症に関する治療効果について掲載していましたが、(下記に
掲載します。)今回は、75歳以上に於いては脂質異常症と心血管疾患との関連はないとする論文が掲載
されていました。


1) 心血管疾患の既往のない75歳以上の高齢者が対象です。
   悪玉コレステロールLDLが130以上か、脂質異常症の治療薬を服用していない人が対象です。
   2,667名で59%が女性、平均年齢は78歳です。

2) 他の危険因子として喫煙、糖尿病、高血圧を含めて調べています。

3) 心血管疾患がフリーで75歳以上の脂質異常症の人は、心血管疾患の危険率が1.022でした。
   結局は一次予防効果は無いとしています。
   この傾向は他の危険因子(喫煙、糖尿病、高血圧)があっても同様でした。
   (一つの危険因子がある場合は12.8%対15.0%、二つの危険因子がある場合は
    21.9%対24.0%でした。)
   つまり75歳以上の場合は血圧、糖尿病、喫煙の治療が大事なようです。





私見)
 最新の医学情報を職員及び患者さんに伝えるのが主たる目的のブログですが、論文により見解が
 異なり右往左往する事が多々あります。
 本論文の様に対象が、75歳と高齢者の為でしょうか?
 
 初心に戻ってブログ作成を本年は心掛けます。
 また、時間をかけて書籍コーナーも新生してみます。








高齢者 LDL.pdf

1 スタチン(脂質異常症治療薬)は高齢者でも継続服用を!_ _Font Size=_6_斎賀医院壁新聞_Font_.pdf

2 スタチン(脂質異常症治療薬)は高齢者に効果がない?_ _Font Size=_6_斎賀医院壁新聞_Font_.pdf

3 高齢者にメバロチン(脂質異常症治療薬)は有効か?_ _Font Size=_6_斎賀医院壁新聞_Font_.pdf











posted by 斎賀一 at 20:00| Comment(0) | 脂質異常

2019年12月09日

non-HDLコレステロールと心血管疾患のリスク管理

non-HDLコレステロールと心血管疾患のリスク管理
 
Application of non-HDL cholesterol for population-based
cardiovascular risk stratification
  thelancet.com Published online December 3, 2019
 


1209.PNG
 

  

 総コレステロールから善玉のHDLコレステロールを引いた値がnon-HDLコレステロールです。
最近では健診でもこのnon-HDLコレステロールを採用している機関が多くなっています。悪玉と言われているLDLコレステロールの測定との整合性に混乱してしまいます。



         1209-2.PNG 
             ネットより引用



 今回雑誌Lancetより、non-HDLコレステロールがその後の心血管疾患の発生に対して有効な指標となるという内容の論文が掲載されました。現に10年リスクの算定には、このnon-HDLコレステロールを
採用しています。
 non-HDLコレステロールは動脈硬化促進リポ蛋白(proatherogenic lipoproteins)の全てを含んでおり、特に重要なApo-Bも勘案しています。
コレステロールの治療に関しては、一次予防と二次予防とに関して意見の乖離があります。
またコレステロール全般の値と疾患との関係や全年齢層における長期予後に関してのデータは、あまり
十分にはないとの事です。
 今回の論文では若い人を含めた累積危険率を算定しており、このnon-HDLコレステロールの高い人は
生涯を通じてその危険に晒されているとの指摘です。


本論文を纏めますと

1) 1 mmol / Lには38×67 mg / dLのLDLコレステロールと非HDLコレステロールが含まれると仮定
   して、閾値濃度をmmol / Lで報告しています。
   日本で馴染みのデータ値に換算しますと
    ・<100 mg / dL [< 2・6 mmol / L];
    ・100から<145 mg / dL [2・6から<3・7 mmol / L];
    ・145から<185 mg / dL [3・7から<4・8 mmol / L];
    ・185から<220 mg / dL [4・8から<5・7 mmol / L]、
    ・および 220 mg / dL [.5・7 mmol / L]
  本論文で採用しているカットオフ値(治療の基準)は
  130 mg/dL(3・4 mmol/L) から 145 mg/dL(3・7 mmol/L)としています。

2) ヨーロッパ、オーストラリア、アメリカで、既往歴に心血管疾患が無い人を登録しています。
   主要転帰は心血管疾患として冠動脈疾患、脳梗塞です。
   経過は75歳までとしています。
   non-HDLコレステロールを50%減少したと仮定しての心血管疾患の発生抑制も算定しています。

3) 524,444名が対象で398,846名が登録して調査しています。
   登録時の48.7%が女性で平均年齢は51.0歳です。調査期間は最大で43.6年です。
    (平均13.4年)
   調査期間中に54,542例の心血管疾患が発生しています。

4) 結果は男女共に30歳以降はnon-HDLコレステロールが増加するに従って心血管疾患が増えて
   います。
   女性では non-HDL cholesterol 140以下(2.6 to <3.7 mmol/L)で
   危険率は 1.1, 220以上(≥5・7 mmol/L)で危険率1.9
   男性では non-HDL cholesterol 140以下で危険率は 1,1
   220以上で危険率は2.3でした。
   推定計算ではnon-HDLコレステロールを50%削減すると、生涯に亘って75歳までに心血管疾患を
   抑制出来ました。

5) フラミングガム研究の算定方法は主に60歳以上を対象にしており、危険率の算定も2,7,10年と
   短期間です。
   本論文では45歳以下の若い人も対象にしていますが、長い期間ではコレステロールと心血管疾患の
   関係が若い人でも認められました。
   60歳以上ではnon-HDLコレステロールのリスクが低いようですが、それは若い人に比べて絶対的
   危険率が高いからで、75歳までの累積危険率を調べると、non-HDLコレステロールとの関連性が
   明らかとなります。
   つまり10年リスクでなく30年リスクを計算すると、そのリスク率は10倍までになります。
   non-HDLコレステロールを50%削減の推定表も併せて、結果は下記のPDFのグラフをご参照
   ください。

6) 結論として、若いころからnon-HDLコレステロールに介入治療を勧めています。







私見)
 蟻さんの様に若い頃からコツコツと貯金をして老後に備えるのが理想ですが、気が付いたらこの歳に
 なっても借金があるのです。キリギリスの様に遊んではいなかったのですが、それが現実です。
 若い人に借金はするなとはとても言えません。
 取りあえず、non-HDLコレステロールが140以上の人には生活習慣の指導(バランスシート)を勧め、
 180~200の人には治療対象として、200以上の人には「孫さん」の様にならないよう積極的に指導
 します。
 尚、前回のブログでも紹介しましたが治療介入を考えるときはnon-HDLコレステロールを、治療目標や
 達成を調べるときはLDLを測定として、使い分けをしてみます。






HDL 本論文.pdf

ブログより.pdf














posted by 斎賀一 at 20:26| Comment(1) | 脂質異常