2019年12月27日

脳卒中の再発予防のための血圧管理

脳卒中の再発予防のための血圧管理
 
Effect of Standard vs Intensive Blood Pressure
Control on the Risk of Recurrent Stroke
      短 報



 脳卒中発症後の再発を防ぐには、血圧管理を積極的(目標血圧を120以下)にしても、標準的(目標
血圧を140以下)とあまり差は無かったとの報告が日本からありました。


1) 最近脳卒中に罹患した人約1,300人を登録しています。
   その内訳は85%が脳梗塞、15%が脳出血です。
   積極降圧治療は、目標血圧を120/80以下、標準降圧治療は目標血圧を140/90以下として
   います。

2) 観察期間は平均4年です。
   観察期間の結果、平均血圧は積極群で126.7、標準群では133.2mmHgでした。
   脳卒中の再発は、積極群で6.2%、標準群で8.2%と、統計学上あまり差はありませんでした。
   しかし脳出血では積極群で0.2%、標準群で1.7%に対して、
   脳梗塞では積極群で6.0%、標準群で6.5%でした。
   つまり脳卒中の予防に関しては、積極的治療によって脳出血は軽減できるが、脳梗塞は変わりは
   ありませんでした。

3) 降圧治療の副作用がなければ、目標血圧を120以下にする事が脳卒中の予防に繋がるとして
   います。







Effect of Standard vs Intensive Blood Pressure Control on the R.pdf











posted by 斎賀一 at 20:37| Comment(1) | 脳・神経・精神・睡眠障害

2019年12月18日

過睡眠は脳卒中の危険因子

過睡眠は脳卒中の危険因子
 
Sleep duration, midday napping,
and sleep quality and incident stroke
 


1218.PNG
 


 以前より睡眠過多と不足は共に心血管疾患に悪影響を及ぼすと言われていますが、今回特に9時間
以上の睡眠は、脳卒中の危険因子との報告がありました。


纏めますと

1) 約32,000人の退職した中国人が対象です。
   心血管疾患や担癌のない人です。睡眠習慣を平均で6年間調査しています。
   脳卒中が5%発生しています。

2) 睡眠が9時間以上の場合は、7〜8時間の人と比べて脳卒中の危険率は1.23でした。
   また昼寝が90分以上の人は、30分以内と比べて危険率は1.25でした。
   何れもこの傾向は脳梗塞で顕著でした。

3) 長い睡眠は炎症や色々な因子が関与しているとしています。

2016年の雑誌Neurologyにも睡眠と脳卒中の関係が載っているとの事です。
原著を下記のPDFに掲載します。


簡単に纏めてみますと

1) 睡眠時無呼吸発作(OSA)は、脳卒中が2倍の危険因子

2) 脳卒中の後遺症としても過睡眠が約半数に起こる。
   一般的には数か月で軽快するが、時に継続してしまう事もある。
   逆に8〜9時間以上の睡眠は、脳卒中の頻度を45%も増加する。

3) 脳卒中の後遺症として、約50%が不眠傾向となるとの論文もある。
   (結局、脳卒中のあとは過睡眠か睡眠不足となるようです。
   睡眠時間と脳卒中とは、原因と結果の両方に関与しているのでしょうか。)

4) その他として、下肢むずむず症候群、レム睡眠障害が取り上げられています。

  (2日前からエバーノートの不具合で、本ブログはこれで終了といたします。)






私見)
 睡眠とは一種の炎症なのでしょうか。
 先日大阪帰りの妻がキャーと悲鳴をあげて寝ていました。
 私もこの歳になるまで一度も楽しい夢を見たことがありません。
 睡眠障害の私は、ある意味で救われているのかもしれません。








1 Sleep duration, midday napping, and sleep quality and incident stroke _ Neur.pdf

2 Role of sleep-disordered breathing and.pdf










posted by 斎賀一 at 19:34| Comment(2) | 脳・神経・精神・睡眠障害

2019年09月25日

積極的降圧治療と脳の白質病変の関係

積極的降圧治療と脳の白質病変の関係
 
Association of Intensive vs Standard Blood Pressure
Control With Cerebral White Matter Lesions



0925-2.PNG




 降圧目標を140以下にする標準的治療と120以下とする積極的治療に関して、大脳の白質病変
を主体に研究した論文が掲載されています。
白質病変は色々な疾患でも起きますが、脳梗塞の予備病変としても重要です。


アブストラクトより纏めますと

1) 糖尿病と脳卒中の既往の無い50歳以上の人を対象に82,010人を抽出しています。
   MRIを実施した670名を登録して、4年間の経過観察をしています。
   2016年まで調査出来た人は449人でした。
   標準的治療群が315人で、積極的治療群が355人に振り分けて研究しています。

2) 主要転帰はベースラインからの白質病変の変化です。
   二次転帰は大脳の容量の変化です。

3) 登録した670人の平均年齢は67.3歳です。
   完全に経過観察できた449人の平均経過観察期間は3.40年です。

   結果として
   ・ベースラインからの白質病変の増加は積極的治療群が4.57~5.49㎤
    標準的治療群では4.40~5.85㎤
    両群の差は0.54㎤で積極的治療群が優位
   ・全大脳の容量減少は積極的治療群が1134.5~1104.0㎤
    標準的治療群では1134.0~1107.1㎤です。
    両群の差は3.7㎤で、積極的治療群が優位

4) 論評では、糖尿病患者と脳卒中既往歴の場合の結果が待たれるとしています。






私見)
 日本では両群で差が無いとしていますが、概ね積極的治療が推奨されるようです。
 本院もほどほどに積極的に診療してまいります。







1本論文.pdf

2 積極的降圧療法は脳卒中再発を抑制|医療ニュース|Medical Tribune.pdf

3 白質とは.pdf

4 白質病変とは.pdf













  
posted by 斎賀一 at 18:59| Comment(0) | 脳・神経・精神・睡眠障害