2017年08月19日

癌の早期発見が数滴の血液で判明・近未来

癌の早期発見が数滴の血液で判明・近未来

Direct detection of early-stage cancers using circulating tumor DNA



0819.PNG




 外国からの報告によりますと、癌細胞由来のDNAを測定し早期に癌が発見できるそうです。
乳癌、結腸癌、肺癌、卵巣癌の同定率が下記に記載されています。



         0819-2.PNG




 一方、日本でも血液からの癌診断をRNAから行った研究結果が出ており、マスコミでも取り上げられて
いますのでご承知いただきたく思います。
 (下記のPDFを参照ください。)

 また、患者さんから質問されますアミノインデックス関連は、疑いを調べる検査であって、却ってその後の不安材料にならないかと危惧いたします。
これも下記のドクターサロンからのPDFを添付しましたので、参照ください。



私見)
 確かに近い将来には、癌が数滴の血液で診断できそうです。
 しかし保険適応は難しいと思いますので、その適応基準も問題となりそうです。




eaan2415.full.pdf


血液1滴、がん13種早期発見…3年めど事業化 _ yomiDr. _ ヨミドクター(読売新聞).pdf


アミノインデックス.pdf








posted by 斎賀一 at 15:05| Comment(1) | 癌関係

2017年05月09日

癌の治療中における急性腎障害

癌の治療中における急性腎障害

n engl j med 376;18 nejm.org May 4, 2017
 


0509.PNG


       

最近、急性腎不全の用語の代わりに、急性腎障害と言う病名を用いる事になったようです。(それぞれの
区別もあるので下記にPDFを掲載しました。)高齢化社会になり、また疾患や治療内容も変化しています。
ドクターサロンにも詳しく記載されていますので参照してください。



       0509-2.PNG
                                 薬局薬剤師ブログ より



 今回、NEJMより癌の治療中の急性腎障害についての総説が出ましたので、まとめてみました。


 1) 癌の症状が顕在化している場合は、54%にまで急性腎障害の病態を呈する。

 2) 血液関連の悪性腫瘍は60%
    腫瘍細胞が腎臓に循環して(infilt)起る事は数パンセントと稀で、その他にも様々な要因(浸潤、
    圧迫)があるようです。
    高血圧があり側腹部痛と血尿を伴っている場合は、急性腎障害を疑う。

 3) 多発性骨髄腫は20〜50%
     腫瘍が産生する蛋白質(free light-chain)が尿細管を閉塞することが原因
     高カルシウム血症、高尿酸血症も尿細管障害を引き起こす。

 4) 腎癌の手術後
    腎臓を全摘すると急性腎障害の率が増加

 5) 腫瘍崩壊症候群(tumor lysis syndrome)
    腫瘍そのものが原因な事もあるが、抗がん剤により腫瘍細胞が破壊され、様々な物質が癌細胞
    から放出されて腎障害を誘発する。
    その他にも高カリウム血症、高リン血症、高尿酸血症、低カルシウム血症
    などが関与する。

 6) 高カルシウム血症の関与
    特に肺の扁平上皮癌では20%が起こる。

 7) 抗がん剤は腎臓の色々な部位に作用して急性腎障害を引き起こす。



            0509-4.PNG



8)予後
  あるデータによると60日の生存率は14%と低い。
  よって早期の診断と、透析の実施の判断を患者と相談しなくてはならない。




私見)
 筆者も述べていますが、急性腎障害を呈している場合に抗がん剤が唯一有効なこともあり、その兼ね
 合いが難しいようです。
 症状が顕在し且つ抗がん剤治療を行っている患者さんに対しては、電解質、尿酸等を含めた腎機能を
 十分に観察しなくてはならないと肝に銘じました。




急性腎障害診療の進歩.pdf

癌患者における腎障害 onconephrology.pdf

薬局薬剤師ブログ.pdf

診断基準.pdf












posted by 斎賀一 at 21:23| Comment(2) | 癌関係

2016年10月31日

乳癌健診のマンモグラフィーは過剰診断?

乳癌健診のマンモグラフィーは過剰診断?
 
Breast-Cancer Tumor Size, Overdiagnosis, and Mammography Screening Effectiveness
      N Engl J Med 2016;375:1438-47.


1031.PNG



 最近NEJMにマンモグラフィーが過剰診断している可能性を示唆する論文が掲載されました。
1975~2012年のデータですが、腫瘍の大きさと死亡率との関係は10年間の経過観察期間が必要になるため、マンモグラフィー導入前の1975~1979年と導入後の2000~2002年を比較したデータも併せて検討しています。

 簡略に結論的に記載しますと、マンモフラフィーにより乳癌の発見率が増加し、早期発見で大きな乳癌が少なくなったように見えますが、単に小さな乳癌の発見が増えただけで、しかもその小さな癌は生命予後に殆ど関係なく、生命予後が良くなったのは乳癌の治療の進歩に負う所が大きいとしています。


        1031-2.PNG
        1031-3.PNG


        1031-4.PNG        


 5cm以上の癌の発見率が低下しているように見えますが、実際は小さな癌の発見率が増えているので相対的に大きい癌が減っているようになっています。しかし大きい癌の件数には変化がありません。



        1031-5.PNG


 乳癌の大きさが1cm以下の小さいものは、乳癌以外での疾病が死亡率に関与している。つまり小さな癌は生命予後に関係が少なく、進展して腫瘍が大きくなる確率は少ないとするデータです。



        1031-6.PNG


 小さな癌の発見が増加している。
上の2つの表から推測すると、小さな癌の発見は過剰診断の可能性があるとしています。



私見)
  マンモグラフィーの有効性、小さな癌の悪性度、過剰診断といったカテゴリーを同じ土俵で捕らえるの
  はやや無理があり、注意する必要が有りはしないかと危惧します。
  むしろ小さな癌の生物学的性質や画像所見は今後の発展に期待したいと思いますが、過剰なマンモ
  グラフィーの期待も注意が必要です。










posted by 斎賀一 at 22:00| Comment(0) | 癌関係