2018年09月14日

犬と猫の唾液による感染症

犬と猫の唾液による感染症
 
Bacteria spread through dog saliva linked
to death of South Milwaukee woman



0914.PNG

 

 アメリカから、犬の唾液による人への感染症が報告されました。
3歳の男の子が飼い犬に噛まれて、両手と下肢の切断を余儀なくされた症例と、やはり飼い犬に噛まれた女性にインフルエンザ様症状が出現し、その後不幸な転帰を辿ったと言う2例です。

 原因菌はcapnocytophaga canimorsusです。日本でも報告があるようです。
その多くが免疫機能の低下している人や、脾臓のない人が感染している可能性が高いとの事です。
残念ながら多くの犬や猫の口腔内にこの菌はいるとの事で、獣医で治療してもその効果は一時的です。
新しくペットを飼う場合は、この疾患について知っておく必要があるとのことです。
 症状は、ペットに噛まれたか接触した後の3~5日で敗血症、臓器障害、髄膜炎を併発するとの事です。
10人中3人が死亡との報告もあります。
基礎疾患のある方は特に、ペットやペットを預けた時など注意が必要です。





私見)
 ペットを飼っている皆さん、老婆心(老人心)からのブログです。
 怒らないでください...。






1犬 唾液.pdf

capnocytophaga canimorsus.pdf

IASR 31-4 Capnocytophaga canimorsus, イヌ・ネコの咬傷, 敗血症, 血液培養, 菌分離.pdf










posted by 斎賀一 at 20:08| Comment(1) | その他

2018年08月01日

納豆アレルギーとクラゲ刺傷

納豆アレルギーとクラゲ刺傷
                           Medical Tribuneより
           <ツイッター版>




        台風の迷走や異常気象の猛暑により、クラゲの大量発生が報道されました。
        クラゲと納豆との間にアレルギーにおける交差反応があるとの事です。
        海へのレジャーに注意ください。




       クラゲ 納豆アレルギー.pdf










     
posted by 斎賀一 at 19:29| Comment(0) | その他

2018年07月28日

平成30年7月豪雨の感染症への注意

平成30年7月豪雨の感染症への注意



0728.PNG


          

 平成30年7月、豪雨により甚大な被害に遭われた方々は今も避難所で大変な思いをされています。
この猛暑の中、全国各地からのボランティア、自治体職員、消防隊、警察、自衛隊、医療従事者など、救援や復興支援などに取り組む方々の活動には敬意を表します。
 今回、厚労省より災害時での啓蒙パンフレットが配布されました。
今も台風が接近しています。地球規模の異常気象である現在、何れの地域も備えと事前の対策が必須となっています。
厚労省のパンフをご参照ください。





手指消毒薬.pdf

浸水した家屋.pdf

清掃と乾燥.pdf












posted by 斎賀一 at 14:27| Comment(0) | その他