2019年11月08日

 赤身肉・加工肉に関する新しいガイドラインの試み

 
赤身肉・加工肉に関する新しいガイドラインの試み
 
Unprocessed Red Meat and Processed Meat Consumption: Dietary
Guideline Recommendations From the NutriRECS Consortium
Ann Intern Med. 1 October 2019



1108.PNG

         

 雑誌Annals of Internal Medicineに、罪悪感を持たずに肉食を楽しみましょうという論文が掲載
されています(?)


意訳を顧みず纏めてみますと

1) アメリカのガイドラインでは、赤身肉・加工肉の食事を週一回に制限する事を提言しています。
   英国でも赤身肉・加工肉の摂取を70gr/日に制限するよう勧告しています。
   更にWHOは赤身肉・加工肉の発癌性を警告しています。
   しかし、本論文の筆者はこれらのガイドラインには問題点があると指摘しています。

   ・ハイリスクの人の観察研究である
   ・絶対的な効果についての結果に乏しい
   ・ガイドラインの筆者の利益相反に言及していない
   ・対象者の嗜好や価値について考察していない等です。
  
2) 本論文ではメタ解析を基に、独立した臨床、栄養、公衆衛生の専門家14名による新たなガイド
   ライン作成をしました。
   アメリカでは、肉の摂取は平均で2~4回/週とのデータがあります。
   肉の摂取量減少の定義を3回/週減らすとしました。
   つまり7回から3回/週又は4回から1回/週に肉食を制限したと定義して、従来通りの定義で
   大まかに2〜4回/週としました。

3) 赤身肉についての勧告
   弱いエビデンスながら、18歳以上の人は従来通り、赤身肉を摂取して良いとしています。
   14人の専門家による投票では論争があり、結果的に3人は摂取の制限を主張しています。
   (政府の諮問委員会のように絶妙な人員の配置です。)

   加工肉についての勧告
   同じように弱いエビデンスながら、18歳以上の人は従来通りに加工肉を摂取して良いとしています。
   又、この案件においても14人中3名は反対票でした。

   赤身肉・加工肉の発癌性について
   大変低い確率で、しかも明白なエビデンスはありませんでした。
   結論として、赤身肉・加工肉の制限における心血管疾患の予防やU型糖尿病の発生減少のエビ
   デンスは低い。

4) 結論
   色々な研究を検討したメタ解析ですが、それを厳格に専門集団が私心を捨てて新しい赤身肉・
   加工肉に対するガイドラインを作成しました。
   それが下記の勧告です。又統計学的説明は下記のグラグが明白に表しています。
   弱い勧告でエビデンスも明瞭でないが、「18歳以上の人は、従来通りに赤身肉・加工肉を摂取して
   いてもそれ程健康被害はない。」


5) 検討
   (この論文の一番面白い点です。かなり意訳してみます。)

   ・本来人間は雑食である。それの食生活を制限して意味があるのか。
   ・確かに一週間で一回の肉食ならば心血管疾患の予防に繋がるが、その効果も微弱である。
    しかも、肉食による体力の向上と貧血の改善というプラスの面も無視できない。
   ・更に発癌性を問題視しているが、調理方法にもよる。
   ・巷のガイドラインは環境問題や動物愛護の観点からの視点が色濃い。
    その価値を否定するものではない。しかし真のガイドラインを作成するには、それらから独立した
    立場が必要だ。
   ・厳格なコントロールとの比較を用いた研究が今後期待される。
    少し悲観的過ぎるが、しかしそのような研究は不可能に近い。
   ・多くの人は、自分の生活や文化の質を変えてまで食生活の改善を希望してはいないと、パネリスト
    は理解している。






私見)
 これだけ言いたい放題の反逆的な論文も気持ちがいいものです。
 さすが雑誌Annals of Internal Medicineです。
 これからも週2〜3回の肉料理と、たまには近くで美味しいステーキを堪能します。




         1108-2.PNG






meat.pdf




 
 
 
posted by 斎賀一 at 21:26| Comment(0) | その他

2019年11月06日

創傷に対するドレッシング材

創傷に対するドレッシング材
           業務連絡用



1106.PNG
 



 以前のブログでも紹介しましたが、火傷、創傷や褥瘡に対するドレッシング材を選定してもらうため、
職員にストラテジー作成を頼んでおりましたが、草案が完成しましたのでブログに掲載します。
今流行の言葉を借りますと、本院の「身の丈に合った」ストラテジーに大変満足しております。
私を含めてドレッシング剤の名前を忘れてしまいますので、処置室に貼っておいてください。
下記にPDFで掲載します。






1 創傷.pdf

2 褥瘡の治療.pdf

3 本院ドレッシング材.pdf







posted by 斎賀一 at 18:37| Comment(1) | その他

2019年09月25日

突発性難聴、低音障害型感音難聴、外リンパ瘻について

突発性難聴、低音障害型感音難聴、外リンパ瘻について
        <短報>



 本院に、専門外の感音難聴の患者さんが来院されました。
メニエール病が有名ですが実際は突発性難聴、低音障害型感音難聴、外リンパ瘻が多く、鑑別を要するようです。
何時ものように恐縮ですが「今日の臨床サポート」より抜粋しましたので、参考にして下さい。



以下、「今日の臨床サポート」より


これら感音難聴の多くではいまだ有効な治療法は確立されていないが、発症早期の突発性難聴をはじめとする急性感音難聴は完治し得る感音難聴であり、耳鼻咽喉科の日常臨床の最前線ではその鑑別診断は極めて重要である。

急性感音難聴とはある日突然、または2〜3日の間に生じる感音難聴の総称であり、その代表的疾患としては突発性難聴、急性低音障害型感音難聴、外リンパ瘻や急性音響性難聴、メニエール病などがある。

有効な治療法が確立されていない感音難聴のなかで、急性感音難聴は完治し得る数少ない感音難聴であり、耳鼻咽喉科臨床において決して見逃してはならない疾患である。

これまでの臨床的・基礎的研究から循環障害とウイルス感染が最も有力な病因として支持されている。循環障害としては血栓、塞栓、出血、血管攣縮、スラッジなどが挙げられているが、突発性難聴の多くは循環障害を生じるような背景因子のない健康者である。突発性難聴が通常は再発しないという事実からも循環障害は考えにくい。


突発性難聴
突発性難聴発症時に感冒に罹感していた症例も多いことからウイルス感染説も有力であるが、原因となるウイルスを特定するまでには至っていない。


急性低音障害型感音難聴
急性低音障害型感音難聴も原因不明であるが、ストレスが発症の誘因になること、急性に耳症状(耳閉塞感、耳鳴、難聴など)が発症し、難聴は低音障害型難聴であり、めまいは伴わない、症状を反復しやすいこと、比較的難聴の予後が良好なことなどが特徴である。また、メニエール病と同様にグリセロールテストに反応することが多いことから、内リンパ水腫がその病態の1つである可能性も考えられている。
急性低音障害型感音難聴と鑑別診断上問題となるのはメニエール病、特にめまいを伴わない蝸牛型メニエール病の初期と低音障害型の突発性難聴であるが、蝸牛型メニエール病と急性低音障害型感音難聴は同一疾患とも考えられる。


治療
各疾患に応じた治療を行うが、早期診断、早期治療が原則である。安静が保てるような環境を確保し、各疾患の病態に合わせて循環改善薬、副腎皮質ステロイド、利尿薬などの薬剤を選択する。高気圧酸素療法や星状神経節ブロック療法などが追加されることもある。外リンパ瘻で保存的治療が奏効しない場合は試験的鼓室開放術を行う。


問診
難聴の有無 : 高音障害型の突発性難聴や急性低音障害型感音難聴では難聴の訴えがなく、耳鳴や耳閉塞感のみのこともある。難聴がないことで急性感音難聴が除外できるわけではない。

難聴発症の経緯 : 突発性難聴では心身のストレス状況が関与していることが多く、感冒罹患との関係も確認する必要がある。低音障害型感音難聴も心身のストレス状況を問診する必要がある。飛行機搭乗や潜水など圧負荷後に発症する場合はリンパ瘻を疑うが、リンパ瘻の中にはくしゃみや咳、トイレでのいきみや重いものを持つという動作が誘因になることもあり、問診で確認すべき重要な項目である。

耳鳴の有無 : 急性感音難聴では耳鳴を訴えることが多く、特に外リンパ瘻では「水の流れるような耳鳴」が特徴である。

耳閉塞感の有無 : 急性感音難聴の中でも特に低音障害型感音難聴は耳閉塞感を訴えることが多い。

めまいの有無とその性状 : 突発性難聴の約半数が回転性めまいを訴える。外リンパ瘻では回転性めまいのこともあるが、浮動性めまいや平衡障害を訴えることも多い。低音障害型感音難聴はめまいがないのが特徴であるが、詳細な問診で発症時の軽いめまい感や浮動性めまいを合併することも多く、反復すると回転性めまいが生じ、メニエール病に移行することがある。




         0925.PNG






 
私見)
 予後は何れも良好の様ですが、暫くは安静が大事な様です。







突発性難聴 患者用.pdf







posted by 斎賀一 at 18:33| Comment(0) | その他