2020年06月30日

7月を迎えるにあたり・なお一層のレベルアップ

7月を迎えるにあたり・なお一層のレベルアップ
    <院内報告>



0630.PNG

    


 新しく看護師Kさんが、7月から本院に加わります。
今まで以上に患者さんに応えられるよう、十分な体制を構築してまいります。

 人生振り返りますと、もう少し大人になっていればもっとうまく立ち振る舞えたのではと後悔します。
しかし、所詮人間は変われないので、人生をやり直しても同じ結果になっているような気がします。


 若い頃、ある女性にプロポーズの手紙を投函しようとポストに向かいました。
ポストの手前の信号を遥か見て、一瞬立ち止まってしまいました。もしあの信号が青なら、そのまま
渡って投函しようと心に決め歩き始めました。残念ながら信号を渡る手前で赤に変わって、立ち止まって
しまいました。当然相手の女性は、優柔不断の私に三下り半を突き付けてきました。
それ以来、私の人生の節目は、信号機と高島易断と、最後には自分の勘が頼りです。


 看護師のKさんを採用しようとした時はコロナ前でした。
公的病院に勤務していたKさんに声を掛け、快く承諾してくれました。
今回のコロナ・ダメージで多くの医療機関は大変な状況です。Kさんも転職するにあたり、大丈夫かと
悩んだものと推測します。
 今までにもいろいろな事情で本院を去って行った職員がいます。
しかし振り返ってみますと、現在勤務し頑張っている職員も皆、勘で本院を選んで、嫌なことがあっても
勘で勤め続けてくれています。

 私は以前より思うのです。進も退くも自分の勘が頼りだと。
自分の勘だけで今の女房と結婚して満足しています。
職員の皆さんに「勘が間違っていた」と言われないように、医院長として頑張りたいと思います。


 そんな訳で、Kさんには大変不本意ながら3密を避ける意味もあり、歓迎会は中止とさせて頂きます。
忘年会の時に歓迎会を併せて開催いたします。









posted by 斎賀一 at 18:36| Comment(3) | その他

2020年05月18日

医師の退職について・この時期

医師の退職について・この時期 
I Want to Retire, But I Can't Quite Say Goodbye



20518.PNG

          

 当然ながら、この時期に多くの医師が働き方を考え始めています。
世間では医療従事者に感謝の気持ちを表すブルーライトアップもされており、コロナと戦っている私の
ような末端の開業医ですら有難いと思います。
 Medscapeに、コロナで燃え尽きた医師に対するアドバイスが載っていましたので纏めてみました。
格調高い論文なので、私の意訳は簡単にします。


主旨を纏めてみますと

1) 定年を間近に控えた多くの医師が、新型コロナによってフルタイムの勤務からパートに切り替えよう
   としています。
   完全に退職する事を望む医師は20%以下で、何らかの形で臨床家を続けていたいと思っています。
   それは収入の面と生きがいの点です。

2) 現在のまま医院(オフィス)を続けていても経費の面でも、厳しい環境には変わりはないようです。
   完全な退職は多くの臨床家が危惧しています。
   朝目覚めたら何もない人生は、お金の点ばかりでなく多くの物を失う心配があります。
   医学と離れて作家になり成功した人もいます。田舎で自分の医療を構築して地域医療に貢献し、
   やりがいを見つけた医師もいます。

3) 定職を離れると言う事は、保険を含めた不安定な状態になります。
   それらを総合的に判断する必要があります。
   できるなら50歳代で人生プランを建てた方が賢明です。完全退職ではなく段階的なパートタイム
   への移行を勧めます。

4) (最後のこの論文の核心部分です。間違えるといけないので原文も掲載します。)
   あなたが医療を好きならば、いったい何が好きなのか、そしてそれを最大限に実現できる場所を
   見つけてください。それがパートタイムの場合でも。


  His advice: Figure out what it is that you love about medicine and try to
  find a situation that allows you to maximize that. It's something you
  probably need to start thinking about in your 50s, not in your 60s.
  Try to find out if you can go into a track where you can transition to
  part-time.







私見)
 新型コロナで退職を考えている人に対して、論者は説教じみた事は一言も語らずに温かい視点で語って
 います。医療従事者の全てに語っています。

 さて、お前はどうするかって?

   
              「ブタもおだてりゃ木に登る」







I Want to Retire, But I Can't Quite Say Goodbye.pdf








posted by 斎賀一 at 19:19| Comment(0) | その他

2020年03月04日

院長の不適切発言に対してのお詫び

院長の不適切発言に対してのお詫び




    新型コロナの検査が保険適応になり、検査が実地医家でも可能になった場合に
   本院で検査をバンバンやれば診療態勢に混乱が生ずるとの院内での反対意見に対して
   院長の私の不適切発言であったことを認めます。
   仮に近々ランプ法等の検査が可能になっても、実施には適切に対応して参ります。
   また、検査において政府の早急なガイドラインの構築をお願いします。











posted by 斎賀一 at 08:58| Comment(1) | その他