2017年04月15日

急性妊娠脂肪肝

急性妊娠脂肪肝

Acute Fatty Liver Disease of Pregnancy: Updates
in Pathogenesis, Diagnosis, and Management



        
0415.PNG
 
    

 一般的に妊娠初期は不安定で注意が必要ですが、妊娠後期は安定期とされています。
 今回の論文で、妊娠後期で胎児由来の脂肪酸に対する酸化酵素の欠如により、母体の肝臓に重大な脂肪変性が生ずる疾患、急性妊娠脂肪肝の啓蒙を含めた警告をしています。
 本病変は稀ではありますが、実地医家が認識しておく事の重要性を説いています。
早期発見により、母体の死亡率は100%から10%に減少しています。
これは、診断がつき次第胎児の早期での分娩を勧めており、その結果、最近では妊婦の予後は好転しています。 しかし残念ながら出産児の死亡率は20%を推移しているとの事です。


  診断基準として、Swansea criteriaがあるとの事で下記に掲載いたします。


        0415-3.PNG
        
       

  昔の妊娠中毒症と言われた病名の中にヘルプ症候群(HELLP)がありますが、
  今回の急性妊娠脂肪肝と症状が良く似ているとの事です。



       0415-2.PNG        

 上の表は下記のPDFを参照





私見)
 実地医家として妊娠後期の腹部症状には十分な注意が必要と、改めて認識いたしました。




Access _ Acute Fatty Liver Disease of Pregnancy_ Updates in Pathogenesis, Di.pdf


HELLP.pdf







posted by 斎賀一 at 15:35| Comment(0) | 婦人科

2016年09月27日

妊娠初期での超音波検査と自閉症との関係

妊娠初期での超音波検査と自閉症との関係
 
Severity of ASD symptoms and their correlation with the presence of
copy number variations and exposure to first trimester ultrasound



0927-3.PNG

        

 以前よりこの事に関する問題提起はありました。
最近でもアメリカのFDAからは超音波の出力を下げて、しかも無駄な検査はしないようにとの勧告が出ています。

色々な研究より(study)超音波検査と自閉症との関係は無いとされています。
しかし今回の論文では自閉症のリスクのある場合は、妊娠初期での超音波検査により自閉症の確率が増加するとしています。
高齢出産の場合は、医師もお母さんも心配で超音波検査を頻回にしてしまうというバイアスが係ってしまいます。


私見)
 一般的には心配はないものと判断されていますが、妊娠初期での必要以上の検査は避けて、また母親として医師に超音波のゲイン(出力)を下げてもらったり、長い検査は避けるようにお願いするのも良いかもしれません。
(もちろん、必要な検査時間は大事ですが、記念写真的な意味やオチンチンが有るかないかはどうでもいい事です。小さな人はどう判断されるのでしょう。)
論文では、妊娠の中期と後期では問題はないとしています。




Severity of ASD symptoms and their correlation with the presence of copy num.pdf






posted by 斎賀一 at 20:00| Comment(0) | 婦人科

2016年09月01日

妊娠中のアセトアミノフェン服用の危険性?

妊娠中のアセトアミノフェン服用の危険性?

 
Association of Acetaminophen Use During Pregnancy With Behavioral Problems in Childhood



0901-2.PNG
 
        

 妊娠の18週と32週に、母親がアセトアミノフェンを服用したかを調査しました。
そして、その子供が5歳になった時の行動異常を調べています。

 行動異常の危険率が1.42、多動児が1.31 でした。
妊娠の32週だけでも、情動性症状の危険率が1.29、全体の行動異常が1.49でした。

 出産後の服用ではその危険率の増加はありませんでした。(母乳への移行に対しては影響はないと推測されます。)



私見)
 妊娠中になぜアセトアミノフェンを服用しなければいけなかったかは不明です。よってこの結果にはバイアスが係っているかもしれません。
ともかく、妊娠中のアセトアミノフェンの服用には注意が必要なようです。
(本院ではアセトアミノフェンに、カロナールを採用しています。)
 やはり従来通り、妊娠中の鎮痛解熱剤にはソランタールが安全かと思います。



Association of Acetaminophen Use During Pregnancy With Behavioral Problems i.pdf






posted by 斎賀一 at 13:49| Comment(0) | 婦人科