2017年06月15日

ステロイド誘発の骨粗鬆症

ステロイド誘発の骨粗鬆症

2017 American College of Rheumatology Guideline for the Prevention
and Treatment of Glucocorticoid-Induced Osteoporosis



0615.PNG




 アメリカの学会のACRよりステロイド誘発骨粗鬆症(GIO)に対するガイドラインが発表されました。
日本で3年前に発表されたものと、若干異なるようですので両者を掲載いたします。



 ACRのガイドラインを纏めてみますと

 1) 全ての年齢層に適応する。

 2) 基本的には、カルシウム及びビタミンDの摂取を奨励、禁煙、節酒、運動といったライフスタイルの
    改善

 3) 予防治療としては、男性及び非妊娠女性はビスフォスフォネイトが第一選択

 4) 4〜17歳の年齢層には、プレドニン換算で0.1mg/kg以上で3カ月以上の服用が予定されている
    場合に、経口ビスフォスフォネイトを使用

 5) 30歳以上の成人の場合にプレドニン換算で30mg/日で5g/年の服用の予定では、同時にビス
    フォスフォネイトを服用する。

 6) 骨折のリスクが低いと再評価されれば、ビスフォスフォネイトを中止する事も可能

 7) ビスフォスフォネイトの無効の場合や妊娠時に関しては省略いたします。
    (原文参照)




私見)
 ステロイドの長期使用による副作用の対策は、内科医の使命でもあります。
 ガイドラインを良く熟知しての対応が求められています。
 下記のアクセスは、治療導入に関するツールです。
  (日本でのガイドラインでは推奨していない様です。)
 下記に日本でのガイドライン及び、以前の雑誌の内容を抜粋しPDF化しました。



https://www.sheffield.ac.uk/FRAX/tool.jsp



Glucocorticoid-Induced Osteoporosis.pdf

日本のガイドライン.pdf

ステロイド性骨粗鬆症 10年ぶりにGL改訂.pdf

骨粗鬆症の予防と治療.pdf











posted by 斎賀一 at 14:04| Comment(0) | 整形外科・痛風・高尿酸血症

2017年04月24日

高尿酸血症・痛風のガイドライン

                  高尿酸血症・痛風のガイドライン
       <ツイッター版>


             本疾患について的確に纏められています。
             ご参照ください。


            尿酸.pdf













posted by 斎賀一 at 19:35| Comment(0) | 整形外科・痛風・高尿酸血症

2017年04月11日

尿酸の治療薬(ザイロリック)は安全

尿酸の治療薬(ザイロリック)は安全

 A randomised controlled trial of the efficacy and safety of allopurinol
dose escalation to achieve target serum urate in people with gout



0411.PNG
 

     

 以前より、尿酸降下薬の中ではアロプリノール(ザイロリック)が主流でしたが、最近は新薬が登場して
やや影が薄くなっています。
主な原因は、腎機能の低下に従って投与量を調整しなくてはならないという点です。



        0411-2.PNG

      高尿酸血症・痛風治療ガイドライン2012より  ※Ccrとは腎機能を表し、100が正常



 しかし今回発表された論文では、段階的にザイロリックの投与量を増加していけば腎機能低下患者でも使用が可能で、しかも尿酸値を正常化出来るとしています。
まさしく、糖尿病治療薬のメトグルコが腎機能低下患者に禁忌でしたが、最近は解除された(?)のとよく
似ています。


 まとめてみますと

 1) 約100人がザイロリックを漸増して、固定量(腎機能に従う)のコントロール群と比較しています。

 2) 平均年齢は60.2歳で男性が87%
    44%が痛風結節を有していました。

 3) 12カ月観察、その間3か月毎にチェックして尿酸値の目標を6以下に設定

 4) 結論的には、尿酸値が6以下の目標に達成したのは
      漸増群で69%           コントロール群で32%。
      痛風発作は漸増群で54%   コントロール群で59%

 5) 副作用の肝障害は軽度で、両群とも同じ頻度。(肝障害は極めて稀としています。)
    しかも腎機能低下の頻度も同じでした。むしろ腎機能の改善すら認められた症例もありました。




私見)
 ヨーロッパのガイドラインでは、腎機能低下患者にはザイロリックの投与は控えるように、との内容
 ですが、 一方アメリカでは、腎機能低下の場合でもザイロリックは服用可能としているようです。
 腎機能に注意して投与すれば、何も新薬に限らなくても良さそうです。





annrheumdis-2016-21.pdf











posted by 斎賀一 at 20:29| Comment(0) | 整形外科・痛風・高尿酸血症