2018年03月31日

尿酸値と痛風との関係

尿酸値と痛風との関係

Relationship between serum urate concentration and clinically
evident incident gout: an individual participant data analysis



0331.PNG




 痛風とは、尿酸が関節に沈着し、それを異物と認識した白血球が遊走してきて貪食をする炎症過程が
痛風発作です。従って尿酸値が高いだけでは、又沈着だけでは痛風発作は起きません。
しかし以前より言われていますが、6−7−8の理論といって尿酸値が6が正常、7が要注意、8で
痛風発作とされていました。患者さんにも8以上では5人に1人は痛風発作が起きるから注意しましょう
と指導していましたが、今回その辺の事情を示す論文が出ました。
(男性と女性で正常値が異なると言った誤った情報がありますが、これは女性が閉経前では尿酸値が
低いから平均値が当然低値となるのであって、正常とはかけ離れた問題です。つまり、正常値は男女
とも同じです。)


前置きはさておき本論文を纏めてみますと、

 1) 女性では尿酸値が高くても、男性に比して痛風になりにくいのは高尿酸血症になって3年間だけで、
    やがて10〜15年経つと男性と同等の痛風罹患率となる。
    つまり、女性では高尿酸に晒されるのが閉経後だから、高尿酸血症が長くなればなるほど痛風の
    罹患率は男女とも結局同じ様に増加する。

 2) 212,363人の痛風の既往のない人を対象に研究しています。
    平均経過観察期間は11.2年です。

 3) 痛風発作の累積を3年、5年、10年、15年と調べました。

 4) 最初のベースラインの尿酸値が6mg/dlと比較すると、15年間の長期に高尿酸血症に晒されると
    6.0~6.9では3倍、7.0~7.9では6倍、8.0~8.9では15倍、9.0~9.9では30倍、10.0以上では
    60倍の痛風発作率です。
    結論的には15年間の累積では6.0以下では1.1%であるが、10.0以上では49%の痛風発作の
    発生頻度であった。
    つまり性差、年齢、高尿酸血症の期間が痛風発作の要因となる。

 5) 中等度の高尿酸血症では痛風発作の頻度は低いし、高度な高尿酸血症でも必ずしも痛風発作に
    なるとは限らない。長期間でも発作が無い場合もある。
    なぜ痛風発作にならないかは尿酸の結晶形成を促進する因子、遺伝的背景、環境因子、
    炎症の反応の相違が関係しているかもしれないとしています。




私見)
 痛風発作の既往が無い人には、高尿酸血症があるからと言って直ちに薬物療法をしなくても良いかも
しれません。
 但し、心血管疾患との関係も問題視されていますので他の危険因子とも勘案して注意深く観察する
必要はあります。
  以前の私のブログも参照ください(尿酸で検索)



Relationship between serum urate concentration and clinically e.pdf









posted by 斎賀一 at 15:01| Comment(2) | 整形外科・痛風・高尿酸血症

2017年11月02日

痛風は糖尿病と同程度の脳卒中の危険因子

痛風は糖尿病と同程度の脳卒中の危険因子
 
Is gout a risk equivalent to diabetes for
stroke and myocardial infarction?


1102.PNG



 以前より、痛風は糖尿病と同じように炎症を促進する因子だから、高血圧、脂質異常症と相まって
心血管疾患に対しても注意が必要とされていました。

今回の論文では糖尿病との比較で論じています。
痛風は糖尿病と同程度の脳卒中の危険因子だが、心筋梗塞に関してはそれ程でない。しかし痛風と
糖尿病が合併していると、心筋梗塞の危険は増加するとの事です。

心筋梗塞に関しては80歳以上の男性で調べますと、
糖尿病も痛風もない人は、14.6人/1,000人/年の発生
痛風のみの人は25.4人
糖尿病のみの人は27.7人
痛風も糖尿病もある人は37.4人の発生でした。
この傾向は女性でも同様でした。





私見)
 高尿酸血症の人は糖尿病患者と同様に、血圧や脂質異常症を含めて心血管疾患の危険因子の
 スクリーニングが必要としています。
 特に糖尿病患者さんで、尿酸値が高い場合は注意が必要なようです。



Is gout a risk equivalent to diabete.pdf













posted by 斎賀一 at 16:47| Comment(0) | 整形外科・痛風・高尿酸血症

2017年06月15日

ステロイド誘発の骨粗鬆症

ステロイド誘発の骨粗鬆症

2017 American College of Rheumatology Guideline for the Prevention
and Treatment of Glucocorticoid-Induced Osteoporosis



0615.PNG




 アメリカの学会のACRよりステロイド誘発骨粗鬆症(GIO)に対するガイドラインが発表されました。
日本で3年前に発表されたものと、若干異なるようですので両者を掲載いたします。



 ACRのガイドラインを纏めてみますと

 1) 全ての年齢層に適応する。

 2) 基本的には、カルシウム及びビタミンDの摂取を奨励、禁煙、節酒、運動といったライフスタイルの
    改善

 3) 予防治療としては、男性及び非妊娠女性はビスフォスフォネイトが第一選択

 4) 4〜17歳の年齢層には、プレドニン換算で0.1mg/kg以上で3カ月以上の服用が予定されている
    場合に、経口ビスフォスフォネイトを使用

 5) 30歳以上の成人の場合にプレドニン換算で30mg/日で5g/年の服用の予定では、同時にビス
    フォスフォネイトを服用する。

 6) 骨折のリスクが低いと再評価されれば、ビスフォスフォネイトを中止する事も可能

 7) ビスフォスフォネイトの無効の場合や妊娠時に関しては省略いたします。
    (原文参照)




私見)
 ステロイドの長期使用による副作用の対策は、内科医の使命でもあります。
 ガイドラインを良く熟知しての対応が求められています。
 下記のアクセスは、治療導入に関するツールです。
  (日本でのガイドラインでは推奨していない様です。)
 下記に日本でのガイドライン及び、以前の雑誌の内容を抜粋しPDF化しました。



https://www.sheffield.ac.uk/FRAX/tool.jsp



Glucocorticoid-Induced Osteoporosis.pdf

日本のガイドライン.pdf

ステロイド性骨粗鬆症 10年ぶりにGL改訂.pdf

骨粗鬆症の予防と治療.pdf











posted by 斎賀一 at 14:04| Comment(0) | 整形外科・痛風・高尿酸血症