2020年02月20日

牛乳と健康

牛乳と健康
 
Milk and Health
   n engl j med 382;7 nejm.org February 13, 2020



20220.PNG
 
   


 最初は面白くもない内容で、読み続けると人生を一変するような読後感を味わう小説がありますが、
今回のNEJMの総説は、最初から結論が分かってしまうような、ちょっと味気ない読後感でした。
天下の雑誌NEJMに対して不遜な意見を述べるようで申し訳ないのですが、掻い摘んで結論(conclusions)より解説します。



「ガイドラインでは牛乳をコップ2杯以上(3servings 以上)飲むようにとの事ですが、人それぞれで良い
のです。例えは成人では0~コップ1杯です。
しかも普通の牛乳で良いのです。発展途上国では牛乳の役割は大きいのですが、あなたの国ではもう
お役目御免かもしれません。


個別で解説しますと

・子供の頃に牛乳をいっぱい飲むと、牛乳に含まれているアミノ酸、特にロイシンなどは成長ホルモンを
 活性化するので、確かに背は伸びますが骨折の危険、特に大腿骨骨折が増えます。
 カルシウムを銀行の預金の様に蓄える事は出来ないんです。
 サプリメントでカルシウムを多く摂っても骨量には影響はないし、もちろん牛乳を多く摂取しても骨折の
 予防効果も認められていません。
 却って骨折のリスクが増加(危険率1.64)との報告もあります。
 つまり4~8歳の子供も閉経前の女性も、カルシウムのサプリメントや牛乳を飲むなら少量で十分で、
 その効果も摂取を中断すると一過性の効果となってしまいます。

・牛乳を摂取すると心血管疾患の予防になるとかダイエットに繋がるとか言われていますが、これすらも
 ハッキリしないのです。ヨーグルトはダイエットに良いと言うデータはあります。
 高血圧にDASH食が良いと言われていますが、その中でも牛乳の役割はしれています。
 低脂肪の牛乳が脂質異常には良いと言うエビデンスも希薄です。

・だからと言って牛乳を心配し過ぎる事もありません。
 喘息になり易いとか、湿疹や食物アレルギーのマーチに繋がるのではと言った懸念や、自己免疫疾患を
 誘発するから1型糖尿病になり易いとか言われていますが、これすら根拠は希薄です。
  (成人での牛乳摂取は、喘息の増悪に関係あるかもしれないと釘を刺しています。)
 乳牛に成長ホルモンを与えて飼育しているから心配とか、オーガニックでの飼育が体に良いとか言った
 事もエビデンスが無いのです。
 しかも、妊娠している乳牛が搾乳に一番効率が良いのですが、この時はミルクの中にホルモン物質が
 多く含有されています。オーガニックが何だろうと、全ての酪農家はこの方法で搾乳しています。

・成長因子との関係で、牛乳は乳癌と前立腺癌をpromote(促進)する可能性が論じられていますが、
 発癌は人生の早期から始まっているので、これすらも心配し過ぎではないでしょうか。
 但し結腸癌には良いようです。                                      以上      






私見)
 全く私事ですが、牛乳と言えば「脱脂粉乳」を思い出してしまいます。
 元来、牛乳は好みではありません。
 毎日果物入りの甘いヨーグルトを食べていますが、これすら 都市伝説 かもしれません。






         20220-2.PNG











  

2020年02月15日

妊娠と薬物

妊娠と薬物
      <業務連絡用>



 先日は、妊婦の喘息薬剤に関して協力を頂いて有難うございました。
今後も本院の職員と薬局の皆さんで共通の認識が必要だと思いますので、私のメモ書きをブログして
みました。追加する必要があれば、また連絡ください。





◆主な参考書籍は

  ・drugs in pregnancy and lactation  ; Briggs 

  ・妊娠と授乳 ; 南山堂  (FDAおよびBriggsの書籍を参考に記載されており最近ではこれで
                    十分な感じで患者さんの説明に用いています。)







1 妊娠時の喘息のmedicationについて.pdf

2 Safety of antihistamines during pregnancy and lactation.pdf

3 妊婦の生ワク.pdf

4 妊婦漢方.pdf

5 甲状腺、妊娠.pdf

6 ジスロマック妊婦.pdf

7 妊婦とタミフル.pdf

8 妊娠と糖尿病 - コピー.pdf

9 日本糖尿病・妊娠学会.pdf

10 妊娠と糖代謝.pdf


























2019年10月26日

ペニシリンアレルギーの経口負荷試験

ペニシリンアレルギーの経口負荷試験

業務連絡用



 以前よりペニシリンアレルギーの経口負荷試験を本院でも実施に向けて検討しておりましたが、
なかなか具体的に実現しませんでした。
今回、職員の努力で素案が完成しました。

具体的には、
 
 ・ 以前にペニシリンアレルギーがあったと思っている人に対して、JAMAの問診表を参考にし、
   やはり職員が作成した本院の問診表で事前に調べる

 ・ 抗生剤の服用において、多くの疾患が第一選択がペニシリンである事を理解してもらう。

 ・ ペニシリンアレルギーについて理解してもらい、負荷試験の内容も説明する。

患者さんには本院のブログを事前に閲覧してもらう。
(ペニシリンアレルギーにて検索)
尚、本院の問診表、本院用に改訂したJAMAの問診表、ペニシリンアレルギーを下記に掲載します。




1 ペニシリンアレルギーに対する経口負荷試験.pdf

2 本院における問診表 (1).pdf

3  jama改訂.pdf

4 JAMAより.pdf