2019年02月23日

ブルフェンの有用性?

ブルフェンの有用性?
 
Effect of Combination of Paracetamol (Acetaminophen) and
Ibuprofen vs Either Alone on Patient-Controlled Morphine
Consumption in the First 24 Hours After Total Hip Arthroplasty



0223.PNG


       

 鎮痛解熱剤(NSAIDs)として、アセトアミノフェン(カロナール)とイブプロフェン(ブルフェン)は本院でも多用しています。原則としてインフルエンザに対する解熱剤ではカロナールが推薦されていますし、喘息
でもカロナールが無難とする見解が多い反面、ブルフェンでも可とする見解も散見されます。


 今回の論文では、股関節術後での鎮痛効果を下記のグループで比較しています。

1) 約550名の股関節術後に、下記のグループにおいて麻薬のモルヒネをどの程度追加併用したかで、
   その鎮痛効果を調べています。
   ・A群 ; カロナール1000mg+ブルフェン400mg
   ・B群 ; カロナール1000mg単独
   ・C群 ; ブルフェン400mg単独
   ・D群 ; カロナール500mg+ブルフェン200mg
  上記の4群を、手術1時間前とその後6時間毎で24時間行われました。

2) モルヒネの追加使用量は平均で
   ・A群は20mg、B群は36mg、C群は26mg、D群は28mgでした。
   ・副作用の頻度はB群で11%、C群で15%でした。

3) 結論としてC群のブルフェン単独でも効果は十分で、その副作用もD群のカロナール単独と統計学的
   には差はありません。





私見)
 本院では、成人1回量をカロナールは200mg/tabを2錠、ブルフェンは100mg/tabを2錠が
 基本です。
 つまり半量のD群に相当します。
 拡大解釈しますと、本院では従来通りに鎮痛薬としては、ブルフェン1回量200mgが一般的として
 宜しいようですが・・・(?)





アセトアミノフェンとブルフェン.pdf










2019年02月14日

抗生剤のアレルギーに対する問診票

抗生剤のアレルギーに対する問診票
     <業務連絡用>




 以前の私のブログで、雑誌JAMA記載のペニシリンアレルギーに対する問診票を紹介しましたが、
それを本院の看護師が本院用に作成し直してくれました。
なかなかの出来栄えで満足しています。
医療従事者は人に感謝されることが何よりです。

今後、職員の皆さんと本院の身の丈に合った皮膚テストとチャレンジテストを作成したいと思いますので、協力お願いします。
 尚、上記の問診表は、患者さんが抗生剤アレルギー歴があると申告された場合に行う予定です。
新たにペニシリン系を処方する場合に関しては、今後ストラテジーを作成しましょう。





本院用 抗生剤アレルギー歴.pdf

1 suppl2.pdf

2 JAMAより.pdf










2019年02月07日

ペニシリンアレルギー

ペニシリンアレルギー
 
Evaluation and Management of Penicillin Allergy
  JAMA. 2019;321(2):188-199



0207.PNG



 古くて新しい話題のペニシリンアレルギーについての総説が雑誌JAMAに掲載されていましたので、
纏めてみます。総説なので多岐に亘っています。順不同な感じですが、そのまま記載していきます。


1) IgEを介したペニシリンアレルギーはアナフィラキシー反応を起こしますが稀で、ペニシリンアレルギー
   と思われている人の95%以上がペニシリンを服用できます。つまりペニシリンアレルギー患者の殆ど
   が正確に診断されていないのが実情です。
   2005~2018年間の文献をもとに総説を書いています。それに専門家を交えて、追加検討して
   います。

2) 一般的にペニシリンアレルギーと診断してしまうと、その後の抗生剤の選択に広域スペクトルや
   併用を余儀なくされて、抗生剤の耐性化を助長してしまう。
   ペニシリンを第一選択とする感染症は今でも多いので、その意味でもしっかりした診断が大事
   である。
   特に口腔疾患と、心内膜炎や手術前の予防投与に関しても、ペニシリンは重要な位置にある。

3) ペニシリンアレルギーの診断には、既往歴の問診が最も大事である。
   しかし非専門家による診断のため、ペニシリンアレルギー患者の頻度が多くなる傾向である。
   発疹の原因としては感染性、環境因子、自己免疫性疾患などが含まれるので鑑別する必要が
   ありますが、非専門家にとって発疹を以下の3分類に分ける事が有用です。(下記のPDFを参照)

   ・IgE関連反応(蕁麻疹など)
   ・良性Tリンパ球関連反応
   ・重症反応(TEN、Stevens-Jonson症候群、好酸球増多症など)
    更に、軽症、中等症、重症に分けて対応します。

   一般的には
   ・軽 症 ; 癒合しない発疹、小さな発疹。 蕁麻疹と区別できない事が多い。
   ・中等症 ; 重症でなければ一般的に中等症に分類する。しかも血液病、呼吸器疾患、妊娠などの
           基礎疾患があれば全て中等症になる。
   ・重 症 ; アナフィラキシー反応、繰り返される反応、皮膚テスト陽性、複数のβ-ラクタム系に
           対するアレルギー反応

4) 真のアレルギー反応は約2%である。薬剤チャレンジテストでは10%がノセボー効果である。

5) 軽症の既往歴とは
   アレルギーとは無縁の症状(胃腸症状など)、本人ではなく家族歴のみの場合、発疹を伴わない
   掻痒感、10年間は症状の無い場合が含まれます。
   この場合に皮膚テストが陰性ならば、監視下のもとでチャレンジテストを行う事ができる。
   一般的にはアモキシリンを250mg投与して、1時間観察する。
   チャレンジテストが陰性ならば全てのβ-ラクタム系を処方できる。

6) 中等症の既往歴とは
   蕁麻疹、掻痒を伴う発疹、IgE関連反応の腫脹の既往があるがアナフィラキシー症状は無い場合
   しかし呼吸器疾患、心機能低下、妊婦などは軽症でも中等症に分類する。
   皮膚テストを実施するのが最適だが、陽性の場合はペニシリンアレルギーと判断して、チャレンジ
   テストは行うべきでない。
   皮膚反応が陰性なら95%、チャレンジテストも陰性なら100%、ペニシリンアレルギーは否定
   出来る。

7) 重症の既往歴とは
   アナフィラキシーの既往、皮膚反応陽性、複数のβ-ラクタム系にアレルギー反応を起こす、繰り返す
   アレルギー反応の場合が含まれる。
   この場合は専門家に委ねるべきである。

8) β-ラクタム系間の交叉反応
   約2%に起ると言われている。
   セファゾリンなどは側鎖が異なり、ペニシリンとは交叉反応を起こしにくい。

9) 小児の場合は殆どが感染症関連か、感染症と薬物との複合反応の事が多い。
   よって95%以上はペニシリンを服用できる。しかし小児の場合も充分にペニシリンアレルギーの
   評価をすべきである。

10) 妊婦の場合も皮膚テストは安全であり、積極的に実施すべきである。





私見)
 アメリカの研究者の、慎重な中にも積極的な姿勢には感銘すら感じます。
 本論文の中で最も光を放っているのはsuppleにあるので、JAMAには大変ご迷惑をお掛けしますが、
 下記に掲載いたします。また後日、本院の職員に頼んで日本版を作成しますので、職員の皆さん、ストラ
 テジーを検討しましょう。






JAMAより.pdf

suppl2.pdf

アレルギーペニシリン.pdf