2022年07月15日

C型肝炎のウイルス治癒後でも肝がんの発生に注意

C型肝炎のウイルス治癒後でも肝がんの発生に注意

<短 報>

Hepatocellular carcinoma risk declines but remains high enough
for screening in the first 7 years after HCV cure with DAAs in
patients with cirrhosis or high FIB-4



40715.PNG

      

 C型肝炎のウイルス治療薬DAAの出現により肝がん(肝細胞癌)の発生は減少しましたが、
治癒後(SVR)も引き続き7年間の経過観察が必須との論文が出ています。


1) 前肝硬変以上(FIB-4スコア3.25以上)の場合は、SVR後の1年目では、1年間で
   肝がんの発生率は3.8%で、7年目では1.4%とのデータです。
   サブグループ解析で肝硬変になっている場合は、肝がんの発生は1.0〜4.5/100人/年
   の発生で肝硬変に移行していない場合でも0.3〜2.2/100人/年です。
   C型肝炎の肝硬変患者がウイルス除去をしない場合では、5年間で肝がんの発生は
   12.6%に対して、ウイルス除去(DAA治療)をすれば2.5%に減少します。
   しかし、FIB-4スコアが3.25以下でも肝がん発生は、年間で0.7%から1.3%あります。
   FIB-4スコアーが3.25以上の4,682人を対象に調べますと、スコアーが高い人は低い
   人の0.2/100人/年に対して1.2/100人/年と高い傾向で、DAA治療でウイルス除去
   することにより、FIB-4スコアが3.25から低下すれば、肝がんの発生率は
   2.2/100人/年から1.0/100人/年と低下します。
   SVR後の4年間では、治療前に肝硬変患者における肝がんの発生は約2%に対して
   治療前に前肝硬変状態なら1%以上との事です。

2) SVR後の7年間は、依然として肝がんの発生は肝硬変の有無に関わらず存在するという
   事が大事です。従ってSVR後の7年間の経過観察は必須です。


   FB-4の計算式は下記

   https://kanzo-kensa.com/examination/calc/








私見)
 アジャパーではありません。治療も診断も格段に進歩しています。
 肝硬変に近い状態でもウイルス治療をすることにより、肝がんの発生を年間で2%から
 1%に減少出来ます。
 最低でも7年間の経過観察が必要です。














posted by 斎賀一 at 21:36| 肝臓・肝炎

2021年03月09日

脂肪肝のエコー像・ケアネットより

脂肪肝のエコー像・ケアネットより

 *小川 眞広 先生   日本大学病院 消化器内科科長 超音波室室長


 最近の患者さんで、鑑別を要した脂肪肝所見がありましたので、ケアネットで勉強しました。
纏めてみます。



1) 脂肪肝の所見は
   ・深部方向の減衰増強  ・brightnessの上昇 
   ・脈管の不明瞭化; 脂肪により血管壁の圧排
   ・肝腎コントラストの上昇; 腎には脂肪が沈着しないため

2) 組織的に、脂肪滴には大小があり混在しているため、内部エコー像も多彩となる。
   必ずしも均一でない。

3) 肝の下に腎をスッポリと置いてのエコー像は減衰を増強してしまい、肝腎コントラストの評価には
   不適

4) 皮下脂肪が多い人はすでに減衰してしまうので、プローベを圧迫する必要がある。

5) 脂肪非沈着部が腫瘍様に見えることがある。
   全体が脂肪の沈着した脂肪肝で、低エコー部位が脂肪の沈着のない正常部位です。




         30309.PNG







6) まだら脂肪肝



          30309-2.PNG


   低エコー部位が正常です。
   一見左の図は正常部分が区域性の腫瘍のようですし、右の図では転移巣のように見られます。
   鑑別を要します。






          30309-3.PNG



鑑別のポイントは
・内部の脈管走行が正常か 
・スペックルパターンが正常かを見る。
 (肝臓は豆腐と同様に実質性パターンを示す。小さな斑点状の輝点それぞれが肝組織に対応している
  わけではない。超音波が作り出すパターンであり、これを超音波用語でスペックルパターンという。
  肝硬変では、スペックルパターンが粗雑になる; ネットより)





7) NASH(非アルコール性脂肪肝) 



          30309-4.PNG


   組織診断だけでは、非アルコールとアルコール肝障害は鑑別できない。
   飲酒歴の確認が重要




8) アルコール性肝硬変ではbrightnessが低下して、深部減衰も認められなくなる。






私見)
 ケアネットの前身がスカパーで放送していた頃は、ビデオデッキに録画してそれをソニーのプリンターで
 プリントアウトしていましたが、最近ではスマホからパソコンに保管しています。
 私は放送開始からの愛好者です。そんなわけで多少の私の過ちは見逃してください。

 たった一つのツールでの診断には慎重さが大事です。
 何事も決め言葉は避けたいものです。











posted by 斎賀一 at 19:43| Comment(1) | 肝臓・肝炎

2019年04月25日

肝細胞癌

肝細胞癌
 
Hepatocellular Carcinoma
  n engl j med 380;15 nejm.org April 11, 2019


0425.PNG

 

 雑誌NEJMに肝細胞癌の総説が掲載されていましたので、ブログにしてみました。


1) 以前はB型肝炎が主な原因でしたが、輸血の改善とB型肝炎ワクチンの普及により、主流はC型肝炎
   に移行しました。更に最近では経口薬のDAAの導入によりC型肝炎も治癒(SVR)の時代となり、
   肝細胞癌の原因は様変わりしています。
   ウイルス性肝炎に代わり非アルコール性肝疾患(NAFLD)、及びそれに関連した肥満、糖尿病が
   注目されています。

2) 遺伝子のDNAに変異が起こり、前癌状態の異型結節(dysplastic nodule)が発生する。
   そこから肝細胞癌に進展する。
   TERTpromoterの変異が60%関与していると言われている。
   しかしDNA変異は多岐にわたり、其々の頻度が低いために治療や診断、予後判定には未だ実用化
   されていない。

3) 一般的には炎症、線維化、肝硬変から肝細胞癌は進展するが、B型肝炎の様に肝硬変を経ずに肝
   細胞癌が発生する事がある。  これが増殖過程(proliferation class)である。
   もう一つが非増殖過程(nonproliferation class)でC型肝炎に代表されるように肝硬変を経て
   から肝細胞癌となる。
   (エコーで肝硬変が無くても肝細胞癌の発生する過程がproliferation class)
   Proliferationの方が進行度は悪性で、αプロテインと関連している。
   Nonproliferationはその細胞は遺伝子的、免疫応答が正常肝細胞に近似している。

4) エコー検査は6カ月毎が基本であるが、診断の感度は47~84%で特異度は90%である。
   正常肝細胞や、良性の異型結節の血液供給は門脈系だが、悪性の肝細胞癌では変移して動脈系と
   なる。  これを利用した造影CTとMR検査により、動脈相と静脈相を区別して鑑別する事が出来る。
   1cm以上の腫瘍では、その診断感度は66~82%で特異度は90%以上です。
   確定診断は生検です。





私見)
 本論文のグラフの方が分かりやすいので下記のPDFを参照ください。
 注意深いエコー検査が必要です。下記の文献より今一度勉強しましょう。



         0425-2.PNG

          書籍;腹部エコーの基礎;秀潤社より






1 肝細胞癌.pdf

2 腫瘍性肝疾患の超音波診断.pdf

3 肝腫瘤の超音波診断基準.pdf

4 腹部超音波検診判定 マニュアル.pdf














posted by 斎賀一 at 14:11| Comment(0) | 肝臓・肝炎