2019年08月31日

少量アスピリンは手術の前に中止すべきか

少量アスピリンは手術の前に中止すべきか
 
Should we stop aspirin before noncardiac surgery?


 
0831.PNG



 抗血小板薬の少量アスピリンは血栓性疾患(冠動脈疾患、脳梗塞)の二次予防に有効な薬剤ですが、手術の際には休薬による血栓性疾患の再発と、継続服用による出血のリスクとを勘案しなくてはなりま
せん。

 今回雑誌のCLEVELAND CLINIC JOURNAL OF MEDICINEに総説が載っていましたが、的確な
図表が掲載されていますので、ブログして本院も参考にいたします。
色々な研究論文(study)が簡単に紹介されていますが、それらを纏めてみますと


1) 冠動脈疾患のない人が手術をする際は、出血のリスクが利点より上回るので、少量アスピリンは中断
   する。

2) 利点がリスクを上回るならば、重大な心血管疾患の再発が心配されるため、少量アスピリンは継続を
   検討する。

3) PCI(経皮的冠動脈形成術)を行っている患者はステントの種類に関係なく、少量アスピリンは中断
   せず継続服用する。

4) 以前ステントによるPCIを行っている患者で、現在は少量アスピリンを服用していなくても、禁忌で
   なければ専門家と相談して、少量アスピリンの再開を考える。


下記にストラテジーの図をPDF化して掲載します。
補足説明しますと

 ・手術は下記の3種類に分けられる。
  a : 緊急性】 生命や四肢切断の危険があるため、6〜24時間以内に実施する場合
  b : 悪性手術などの時間的にある程度余裕がある場合】 1〜6週間以内に実施の予定
  c : 待機的】 1年以内の手術が予定できる。

 ・手術の時間的な危険範囲は、バルーンでは14日以内、ベアメタルステントでは30日以内、薬剤溶出性
  ステントでは6カ月以内です。
  PCI治療をしている場合は、一般的に12カ月程度手術を遅らせる。
  しかし、手術をする利点がステント内の再血栓のリスクを上回るなら、3〜6カ月で検討する。





私見)
 アスピリンは論争のある薬剤です。
 だからこそ、きめ細かい対応が必要なようです。





本論文より.pdf

Should we stop aspirin.pdf












posted by 斎賀一 at 14:58| Comment(0) | 小児科

2019年08月20日

小児及ぶ青年の片頭痛に対する予防薬のガイドライン

小児及ぶ青年の片頭痛に対する予防薬のガイドライン

Practice guideline update summary:
Pharmacologic treatment for pediatric migraine prevention



0820.PNG
 



 小児における片頭痛は診断するのが大変ですが、その予防となると更に難題です。予防薬に対する
ガイドラインが出ましたが、残念ながら結論的には実地医家にとってはあまり参考になりませんでした。
以前のブログも参照ください。

取りあえず要約しますと、

 1) 一般的な頭痛を誘発する生活要因が、片頭痛ともオーバーラップする。
    例えば、カフェイン、飲酒、運動不足、睡眠不足、喫煙。
    更に鬱状態は、片頭痛と関連が指摘されている。
    特に、体重の減少が片頭痛の改善に繋がるとの論文もある。
    結局、片頭痛も普通の頭痛も注意点は同じです。

 2) β遮断薬のプロプラノロール(インデラール)は、片頭痛の頻度を50%
    減少出来る。(本院ではあまり乗り気にはなれません。)

 3) 向精神薬のトリプタノールと、精神行動療法を組み合わせれば、頻度を50%以上も
    減らすことが出来る。(青年の場合は検討か)

 4) 小児や青年では、そもそもプラシーボ効果があるために、薬剤における効果判定が難しい。
    (なんでも効果あり?)

 5) カルシウム拮抗薬は十分なエビデンスがない。

 6) 抗てんかん薬も十分なエビデンスがない。

 7) 精神的にネガティブな傾向は、片頭痛と直接は関連性がないとする研究が多いが、
    関連性を指摘する論文も散見される。(鶏と卵)



私見)
 若年者の片頭痛は、診断も予防投与も難題です。
 上記の1)を丁寧に説明していく事が大事の様です。
 ガイドラインに対してイチャモンを付ける感じで申し訳ありませんが、
 予防薬はないと言う事を教えてくれるガイドラインです。

 本論文の表と「今日の臨床サポート」からPDFしました。参照ください。



小児の片頭痛 診断と予防.pdf

pediatric migraine.pdf







posted by 斎賀一 at 21:07| Comment(1) | 小児科

2019年06月04日

乳児の睡眠関連死とチャイルドシート

乳児の睡眠関連死とチャイルドシート
             <短 報>
Infant Deaths in Sitting Devices




 チャイルドシートやベビーカーにおける睡眠時の乳児死亡は、それらの装置を運転に使用していない
時に起きています。


1) 2004~2014年に懸けて、12,000例の睡眠関連死がありました。
   その中の348例は、乳児の座るための装置で起きています。
   一番多いケースはチャイルドシートでしたが、そればかりでなくバウンサーやベビーカーでも起きて
   いました。

2) 1/2から3/4は、車内ではなく自宅で起きています。
   特に自宅では、親でなくベビーシッターや他の育児提供者の監視下で起きていました。

3) 保護者も、又育児提供者やベビーシッターも監視し易いからと、座るための装置を利用しがちですが
   その装置は決してベビーベッドではないという事を、十分に教育する必要があると述べています。





私見)
 アメリカでは日本よりベビーシッターの普及が多いと推測されますが、それらの方々の多くが献身的に
 育児をサポートされています。ただ便利な座るための装置には、必ず盲点がある事も認識する必要が
 あります。






小児科.pdf









posted by 斎賀一 at 20:23| Comment(1) | 小児科