2019年01月15日

母乳育児にはビタミンDのサプリ

母乳育児にはビタミンDのサプリ



0115.PNG

 

 日経メディカルより、母乳育児の場合にビタミンDが不足し易いとの記事がでていました。
私なりにビタミンDについて予備知識として纏めてみました。


 1) ビタミンDには、動物由来のビタミンD3と植物由来のビタミンD2があり、
    更に、体内でコレステロール合成の際の代謝産物に紫外線が照射され、皮膚表面で
    形成されたビタミンD3があります。つまり、供給源としては体外から摂取する
    ビタミンD2とD3に体内で合成されるビタミンD3の3パターンがある事になります。
    何れも合成の際には紫外線が関与しています。ビタミンD2とD3では生理活性は
    ほぼ同じですが、D3の方が効力が強いとするデータもあります。

 2) いずれのビタミンDも蛋白と結合して腎臓に運ばれます。血中カルシウム濃度が低い場合は、
    副甲状腺ホルモンの刺激により活性型ビタミンDとなりますが、血中カルシウム濃度が
    正常か、高い場合には非活性型ビタミンDとなります。この非活性型は生理活性がありません。

 3) 活性型は小腸でのカルシウム吸収を促進、腎臓のカルシウム再吸収促進や、
    さらに骨破壊細胞の作用を刺激して、血中のカルシウム濃度を一定に保とうとします。
    カルシウム濃度が一定になると、活性型は非活性型に代謝されます。
    一見ビタミンDは骨を破壊する感じですが、カルシウムの吸収が勝るので、結果的には
    骨のリモデリング(構造変化)を起こして骨を丈夫にします。
    骨粗鬆症にビタミンDは有効ですし、乳幼児においてビタミンDが不足すると骨の脆弱性が増し、
    クル病になります。米国小児学会(AAP)では、母乳栄養児には400単位/日を推奨しています。
    尚、非活性型製剤は安価で高カルシウム血症のリスクが少なく、副甲状腺ホルモンを抑えるため、
    外国では腎機能障害患者に処方されることが多いとの事です。

 4) ビタミンD中毒は食欲低下、体重減少、多尿、不整脈などですが、臓器にカルシウム沈着を起こし
    臓器障害を招きます。腎結石のリスクは17%増加するともいわれています。
    一般的な量では心配ありません。



私見)
 最近、乳幼児のための非活性型ビタミンD製剤が発売されています。
 文献からビタミンD関連を纏めて下記のPDF化しましたので参照ください。
 (最近のNEJMの論文によりますと、ビタミンDには心血管疾患や癌に対する予防効果はない
とする結果を報告しています。)
 下記のアクセスで製品について調べてください。
  
 https://www.181109.com/item/00555/


 参考文献;

小児科 v49 n2 2008;北村和宏
   小児科 v45 n3 2004;矢野公一
   小児科 V56 No10 2015;山本和歌子



1 母乳育児.pdf

2 ビタミンD文献より.pdf

3 BabyD (ベビー ディー) _ 森下仁丹の通販 《公式》.pdf

4 活性型ビタミンD製剤など.pdf

5 ビタミンDの可能性その臨床的効果.pdf







posted by 斎賀一 at 21:54| Comment(1) | 小児科

2019年01月04日

心房細動におけるCHA2DS2-VAScスコアーの評価

心房細動におけるCHA2DS2-VAScスコアーの評価
 
Effect of Variation in Published Stroke Rates on the Net
Clinical Benefit of Anticoagulation for Atrial Fibrillation



0104.PNG




 心房細動の合併症で一番心配なのは脳梗塞ですが、その予防のために抗凝固薬(ワーファリン、DOAC)を服用します。服用する基準としては、危険因子の評価としてCHA2DS2-VAScスコアーが今
では一般的ですが、住民の母集団(population)によりその適応の価値が異なるとのデータがでました。
 欧米ではスコアーが2以上で抗凝固薬が適応となり、スコアー:0では服用の適応なしとしています。
問題はスコアー:1の場合ですが、これに関しては論争があります。

今回の論文ではスコアーが2の時で未治療の場合、年間でどの程度脳梗塞が発生するかを調べました。
ATRIA研究では0.8/100/年、SPORTIF研究及びSwedishコーホー研究では2.2/100/年、Danishコーホー研究では3.7/100/年でした。
上記により解析しますと、抗凝固薬の適応はpopulationにより0,1,2と異なる結果となりました。





         0104-2.PNG

          



私見)
 j-watch-cardiologyのコメントによりますと、「本研究の主たる薬剤はワーファリンであった。
しかし現在ではDOACの方が効果も副作用に関しても有用だ。また本研究は、リスクの低い〜高いpopulationの差が出た結果である。 結論的には、服用に際してスコアー1〜2が特に重要である。」

 本院でも従来通りにスコアー2で服用の適応とし、1では患者さんとのコンセンサスが必要なようです。


詳細は下記のブログを参照ください。


  「葦の髄から循環器の世界をのぞく」

  http://blog.livedoor.jp/cardiology_reed/archives/77428865.html





af chad.pdf

心房細動の抗凝固療法の適応を決めるとき.pdf










posted by 斎賀一 at 20:30| Comment(0) | 小児科

2018年12月12日

ミルクアレルギーにおけるミルクチャレンジテスト新版

ミルクアレルギーにおけるミルクチャレンジテスト新版
        <業務連絡用>


1212.PNG
         


 2018-11-17にミルクチャレンジテストをブログしましたが、以前の方法との整合性において混乱して
いましたので、職員と相談の結果改訂し新版として再度ブログにしました。
皆さん周知して指導に当たって下さい。  
 何時も職員の無償の奉仕には感謝しています。
また新知見が発表になったり、チャレンジテスト施行過程で訂正すべき点が生じましたら、第三版も
行います。


下記のPDFを参照





ミルクチャレンジ まとめ.pdf

ミルクチャレンジ説明の流れ.pdf

ミルクチャレンジ予約表.pdf














posted by 斎賀一 at 19:51| Comment(0) | 小児科