2018年09月18日

糖尿病治療薬のSGLT-2阻害薬と膣カンジダ症

糖尿病治療薬のSGLT-2阻害薬と膣カンジダ症
 
Incidence and risk of vaginal candidiasis associated with SGLT2
inhibitors in real‐world practice for women with type 2 diabetes



0918.PNG

      

 SGLT-2阻害薬は効果があり、糖尿病治療薬の第一選択薬になる勢いです。
本院でもその実感を持ち始めています。
当初懸念されていた副作用も少なく、高齢者や体重の少ない人に対しても少量処方で注意深く診療して
いけばと思っています。尿路感染症の副作用も市販後の調査では少ないとの事で安心していましたが、
今回日本からの報告で、実地臨床の現場では膣カンジダ症が多いとの報告です。



纏めてみますと

1) U型糖尿病患者の女性114名(平均年齢、53.3歳)を対象にしています。
   膣症状のない人で、SGLT-2阻害薬を服用して6カ月と12か月に膣検査(スワブ)をしています。
   ベースラインでは、膣スワブで膣カンジダが17名陽性でした。

2) 6か月の時点で40名がドロップアウトしています。
   残りの74名を調べています。この内、当初よりカンジダが陽性なのは9名です。(ベースライン)
   つまり65名が当初陰性でしたが、24名(36.9%)が6カ月で陽性となり、15.8%に症状が出現
   しています。
   ベースラインでは若い人の方がカンジダは多いのですが、これはエストロゲン誘因の糖が膣粘膜に
   多いからで、SGLT-2阻害薬を服用すると、今度は逆に閉経後の女性の方が、糖尿病による微小
   血管障害の病変によりカンジダが顕著になってしまうと説明しています。

3) 1年後まで調査できた49名を解析しますと、3.1%が陽性で、8.1%にカンジダの症状が出て
   いました。 (6〜12か月でドロップアウトしたのは25名で、カンジダ症が原因も含まれます。)






私見)
 実地臨床では膣カンジダは多いようで、事前にコンセンサスが大事なようです。





sglt2 尿路感染症1.pdf













posted by 斎賀一 at 20:59| Comment(0) | 糖尿病

2018年08月27日

U型糖尿病の危険因子の解析

U型糖尿病の危険因子の解析

Risk Factors, Mortality, and Cardiovascular
Outcomes in Patients with Type 2 Diabetes
n engl j med 379;7 nejm.org August 16, 2018


0827.PNG



 U型糖尿病の患者さんは、心血管疾患のリスクが2~4倍あると言われています。
雑誌NEJMより、個々のリスクを解析してU型糖尿病の場合にどの程度のリスク関与があるかを調べた
論文が、スウェーデンより発表されました。


纏めますと

1) 2型糖尿病患者 271,174 例を対象に、コントロール群 1,355,870 例と比較検討しています。
   追跡期間中央値は 5.7 年、その間に 175,345 例の死亡が発生しています。

2) 5つの危険因子としてのrange(異常)は下記のように定義しています。
   ・ヘモグロビンA1c (7.0%以上)
   ・血圧 (収縮期は140以上、拡張期は80以上)
   ・尿蛋白 (アルブミン尿を含む)
   ・喫煙 (登録時に喫煙の有無)
   ・LDL-C (悪玉コレステロール)

3) U型糖尿病でも危険因子が全てない場合は、糖尿病でない人と比べて予後は変わりがない。
   但し、心不全による入院率はU型糖尿病の方が多い。



          0827-2.PNG   
           tctmd.comより


   (上の図は、U型糖尿病で5つの危険因子が無い場合の非糖尿病との比較です。心不全での入院
   以外は同じ)
  危険因子が多くなるに従って死亡率、心血管疾患は増加するが、その程度は若い人に顕著で、80歳
  以上の高齢者では、あまりその傾向は見られなくなる。

4) 2型糖尿病患者では、ヘモグロビンA1cの異常値が脳卒中と急性心筋梗塞の最も強力な予測因子
   であり、喫煙が死亡の最も強力な予測因子でした。
   以前のSPRINT研究では、血圧は低い方が良いとの結果でした。
   一方でACCORD研究では、U型糖尿病の場合は厳格血圧コントロールの利点が証明されません
   でした。
   しかし、本研究では血圧のコントロールの意義が証明されています。

5) 個々の危険因子との関係はPDFのグラフで解説します。
   (尚、統計学的処置を施して解析していますので、本論文とsuppleの両方をPDF化しました。)
   結論的には、ヘモグロビンA1cのコントロールと禁煙指導が、特に若い人では大事な様です。




私見)
 U型糖尿病患者さんの治療戦術にも、層別化が必要です。
 しかし禁煙、運動の指導の重要性を説明する事が以前同様に大事です。
 治療の目安は年齢との組み合わせでA1cを指標とします。





本論文より U型糖尿病に危険因子.pdf











posted by 斎賀一 at 19:51| Comment(1) | 糖尿病

2018年08月21日

週二回の糖質制限食の指導

週二回の糖質制限食の指導
              <業務連絡用>




 以前のブログで週二回の厳格な糖質制限について掲載しましたが、本院職員がマニュアルを作成して
くれました。
管理栄養士の鈴木さんと連絡を取りながら頑張りましょう。


基本的な点は

1) 厳格な糖質制限とは、主食の糖質をゼロとする。

2) インスリン量は、コントロールされている人は低血糖の心配から半量まで減量するが、コントロール
   不良の人には一日総量10単位減でその日は実施とする。
   (少量の患者さんではケースバイケースで実施)

3) 経口薬の尿素系(アマリール、グリミクロン)はスキップして、その日は服用しない。
   DPP阻害薬、SGLT-2、メトグルコはケースバイケース

4) 糖質制限食を実施している人でも、コントロール不良の場合はこの方法で週二回はチャレンジして 
   もらう。

5) 今後皆で検討会をしてレベルアップしましょう。


 下記にPDFを掲載します。




当院における糖尿病食事療法について.pdf

管理栄養士の鈴木さん 糖尿病 糖質制限 食事指導.pdf











posted by 斎賀一 at 20:11| Comment(1) | 糖尿病