2021年01月12日

炎症性腸疾患の病態生理・その1 院内予習編 CD4細胞(T細胞)について

炎症性腸疾患の病態生理・その1
院内予習編 CD4細胞(T細胞)について


20112.PNG

      

 雑誌NEJMに、炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎)の総説が載っていましたので、次回に纏めてみますが、その前にリンパ球、特にT細胞について勉強しましたので、ブログして皆さんと予習してみます。


1) CDマーカー: 白血球、特にリンパ球の表面分子を抗体法で分類したものです。野球の選手の
   背番号の様なもので、専門家でない私はそれだけではどのポジションで、何番バッターか分かりま
   せん。CD4がヘルパーT細胞(Th細胞)で、CD8がキラーT細胞(Tc細胞;細胞傷害性T細胞)です。
   CD4細胞の表面には抗原特異的レセプターがあり特異的に反応しますが、CD8つまりキラー細胞
   には一般的なレセプターがあり、広く一般的に感染細胞を攻撃します。

2) CD4つまりヘルパーT細胞(Th細胞)は、その主として産生するサイトカインの相違によっていくつか
   の亜群に分類されます。




         20112-2.PNG ←クリックで拡大


   上の図は、ネットから引用しました。

   ・Th1細胞は、INF-γを産生しマクロファージや好中球を活性化させ、その貪食作用を増強します。
    更にB細胞が形質細胞に変化してからのIgMからIgGへのスイッチにもINF-γを分泌して関与
    します。

   ・Th2細胞は、B細胞が抗体を産生する形質細胞に変化する際に必要なサイトカインを分泌します。
    更にTh2細胞からのサイトカインだけではIgEだけを産生してアレルギーを引き起こしますが、
    Th1細胞の分泌するサイトカインと協力して、感染症に大事なIgGを産生します。
    つまり、感染症にもアレルギーにもTh1とTh2のバランスが大事です。

   ・Th17細胞は、サイトカインのIL-17を分泌することから命名されています。
    このIL-17は局所の上皮や線維芽細胞に働き、そこからケモカインを分泌させ白血球やマクロ
    ファージを呼び寄せて炎症を起こさせます。

   ・Treg細胞は免疫反応を沈静化させます。

   ・Tfh細胞について
    T細胞は免疫組織の中でT細胞領域に局在しており、B細胞が局在する濾胞とは別の場所に存在
    します。    
    しかし抗原が侵⼊すると、活性化したT細胞の⼀部がTFH細胞となり、B細胞がいる濾胞へ移動
    します。
    そしてB細胞の働きを補助します。





         20112-3.PNG
      
               理化学研究所文献より



3) ナイーブ又は前駆細胞のTh0細胞は、Th1にもTh2にも変化可能な細胞です。
   どのような条件でどちらに変化するかは、局所反応とかサイトカインなどのいろいろな因子が考え
   られています。




         20112-4.PNG
          20112-5.PNG  





  
 

私見)
 下記のPDFも参照してください。




免疫 ブログ編.pdf

免疫基礎編.pdf












posted by 斎賀一 at 20:03| Comment(0) | 消化器・PPI

2020年12月23日

キウイフルーツは便秘に有効

キウイフルーツは便秘に有効
 
Kiwi fruit effective, well tolerated in treating chronic constipation


21223.PNG


       
 慢性便秘の患者さんにとって治療の満足度は約50%で、しかもプラシーボと比較してもその効果は
10〜15%程度との統計があるそうです。
 便秘薬の代替として自然食品がありますが、その代表がプルーンとオオバコです。
それらとキウイフルーツを比較した論文がネット情報で以前にあり、気になっていましたので紹介します。


1) キウイフルーツを2個とプルーン、オオバコを比較しています。
   対象は慢性便秘患者79人と規模の小さい研究です。
   便通の改善ではプルーンが67%、オオバコが64%、キウイフルーツは45%でした。
   便の硬さの改善はキウイフルーツとプルーンが勝り、お腹の張りの改善は3者とも同じように改善
   しています。
   副作用はオオバコが一番多く、キウイフルーツが一番少ない結果です。
   副作用としての腹痛とガスによる腹部膨満感は、プルーンで両方とも18%、オオバコが33%と19%
   に対してキウイフルーツは0%です。

2) 便秘改善の観点からはプルーンが一番ですが、総合的に言って満足度はキウイフルーツが68%、
   プルーンとオオバコは48%です。
   筆者は自然食品としての第一選択はキウイフルーツとしています。
   下記のグラフは治療による不満度を表しています。




         21223-2.PNG





 

私見)
 私も試してみますが、結腸憩室炎の患者さんにもいいかも ...と思っていますが?







1 Kiwi fruit effective, well tolerated in treating chronic constipation.pdf

2 キウイフルーツ.pdf












posted by 斎賀一 at 19:44| Comment(0) | 消化器・PPI

2020年12月05日

結腸憩室炎の腹腔鏡的S字結腸切除術の有用性 LASER研究

結腸憩室炎の腹腔鏡的S字結腸切除術の有用性 LASER研究
 
Comparing Laparoscopic Elective Sigmoid Resection With Conservative
Treatment in Improving Quality of Life of Patients With Diverticulitis
The Laparoscopic Elective Sigmoid Resection Following Diverticulitis
(LASER) Randomized Clinical Trial



21205.PNG


          

 結腸憩室炎は再発を繰り返す疾患ですが、何とか保存的な内科治療でしのげると個人的には思って
います。今回雑誌JAMAに、腹腔鏡手術によるS字結腸切除術が、患者さんのQOLにとって有効との論文
が掲載されました。


1) 2014年9月29日から2018年10月10日までで、128人の患者が登録されました。
   18歳から75歳で、2年以内に大腸内視鏡により診断されている憩室炎患者です。
   結局66人がQOLの主要転帰の研究対象になり、85人が二次の臨床転帰の対象となりました。
   腹腔鏡手術群と従来の保存的治療群にランダマイズされています。

2) 主要転帰はランダマイズされた時から6か月後の患者のQOLを、アンケートもしくは電話での聞き取り
   で行っています。
   QOLは胃腸QOL指標のGIQLIスコアーを用いています。
   GIQLIスコアーは36項目の質問からなり、1項目0から4点が配点され全体で144点になります。
   点数の多いほうがQOLの満足度が高いことになります。
   二次転帰はGIQLIスコアーの12、24、48、96か月後のスコアー及び、憩室炎再発、緊急手術、
   保存的治療から待機手術への変更、腹腔鏡手術の合併症、何らかの死亡、人工肛門造設術など
   です。

3) 結果として、胃腸QOL指標(GIQLI)スコアーのランダマイズから6か月経過後のスコアーの変化は
   腹腔鏡手術群11.76、保存的治療群−0.2となり、腹腔鏡手術群の⽅が平均11.96高い結果です。
   合併症発⽣率は腹腔鏡手術群10%、保存的治療法群0%、6カ⽉以内の憩室炎の新規エピソード
   発⽣率はそれぞれ5%、31%でした。保存的治療群から緊急手術は2例ありました。

4) 待機的腹腔鏡手術のS字結腸切除術は、患者のQOLの向上、再発の減少、合併症低下、持続性
   腹痛からの解放の利点があるが、10%の重大な合併症も存在する。
   またコストの長期的な検討はなされていません。





私見)
  本院での患者さんへの説明は下記の点でしょうか。
  ・保存的治療をしていても、再発率は30%程あります。
  ・腹腔鏡手術をすればQOLの向上が得られますが、重大な合併症は10%です。
  ・保存的治療をしていても、緊急手術は2/44(5%ほど)あります。

  憩室炎を再勉強して、近々ブログしてみます。






jama本論文.pdf

アンケート例1.pdf

アンケート例2.pdf










posted by 斎賀一 at 17:03| Comment(0) | 消化器・PPI