2020年08月31日

潰瘍性大腸炎の治療戦略

潰瘍性大腸炎の治療戦略
 
Ulcerative Colitis in Adults
  


20831-2.PNG




 雑誌JAMAに、現時点での潰瘍性大腸炎の治療戦略の総説が載っていました。
重症度判定は患者さんの訴え、内視鏡所見、血液検査(最近では新たな方法も提示されていますが、
保険適用が未だにありません。)、臨床経過などで総合的に行われます。
多くのガイドラインは治療戦略の争点をリストに載せていますが、どのように判断すべきかは明瞭には
提示していないそうです。


1) 寛解を誘導する基本は経口ステロイドです。しかしこれはできるだけ短期を目指すべきです。
   ガイドラインでは、寛解の維持のために経口ステロイドを使用することには反対しています。

2) ステロイドの効果がない場合は急遽、インフリキシマブ、シクロスポリン、外科手術を考慮すべき
   としています。

3) 中等〜重症例では抗TNF療法が選択されます。
   この場合も従来の治療は併用します。

   「今日の臨床サポート」より抜粋しますと
   重症例やステロイド抵抗例では、以下の治療法の適応となる。

   ◦ ステロイド⼤量静注療法:
   ◦ ⾎球成分除去療法:
   ◦ シクロスポリン静注(保険適⽤外):
   ◦ タクロリムス経⼝:
   ◦ 抗TNFα抗体製剤であるIFX静注またはADA⽪下注

   これらの選択肢のうち、1つで効果が不⼗分な場合、安易に次々と別の治療を試すことは慎重で
   あるべきで、常に外科治療を念頭に置き、⼿術の機会を逸することのないようにする。

   ・上記のいずれかが優れているというエビデンスデータはまだ少なく、IFXとシクロスポリンは同等
    ともされている。通常は中等症で⾎球成分除去療法、中等症〜中等症よりの重症でIFX/ADA、
    中等症〜重症でタクロリムス、重症でシクロスポリンを⽤いるが、保険適⽤の問題や、⾎中トラフ
    濃度の測定など、施設側の問題に左右されるのが実情と考えられる。
   ・重症の場合、早急な治療導⼊が必要であるが、IFX/ADAは結核の除外の判断を待つ必要が
    あるため、あらかじめ結核感染の検査を⾏っておくとよい。





私見)
 潰瘍性大腸炎はなかなか手強い疾患のため、治癒とか再発という言葉を用いません。
 寛解と再燃と表現します。
 新しい治療薬については、以前の私のブログをご参照ください。
 「今日の臨床サポート」より図譜を拝借しましたので、併せてご参照ください。


 安倍さんが辞任します。残念ながら今回のコロナ対策にはやや疑問点を持ちます。
 報道機関では功罪相半ばするとの評価です。
 しかし評価をリストに挙げれば当然半々になってしまいます。これはステレオタイプの判断ではない
 でしょうか。 潰瘍性大腸炎はいろいろな原因で再燃と増悪を繰り返します。
 サイトメガロウイルスが注目されています。しかし、圧倒的に精神的ストレスも重要な増悪因子です。
 一介の国民として、安倍首相にはご苦労さんと労いたいと思います。
 その日が来たら私も妻にご苦労さんと言われるように、これを機にabeさんを見習って、妻を叱るよう
 なことをやめたいものです。






21 本論文 潰瘍性大腸炎.pdf

22 潰瘍性大腸炎 今日から.pdf

ブログ 1.pdf

ブログ2.pdf

ブログ3.pdf

ブログ4.pdf

ブログ5.pdf











posted by 斎賀一 at 21:13| Comment(0) | 消化器・PPI

2020年08月26日

ピロリ菌の検査方法

ピロリ菌の検査方法
 
Serology Is More Sensitive Than Urea Breath Test or Stool Antigen
For the Initial Diagnosis of Helicobacter pylori Gastritis
When Compared With Histopathology



20826-2.PNG

               (ネットでピロリ菌を調べていたらこんな写真がありました。
                 なんで? と僕は聞きたいです。)



 現在、ピロリ菌の検査は ・尿素呼気試験 ・便中H. pylori抗原検査・血中H.pylori IgG抗体検査
の3方法があります。
比較検討した論文がアメリカの雑誌Am J Clin Patholに掲載されていますが、全文を紹介したネットmedscapeで見られますのでブログで紹介します。



1) 12年間の2,560症例を調べています。
   感度は血中H.pylori IgG抗体検査が一番高く、0.94です。 (見逃しは6%です。)
   尿素呼気試験は0.64   便中H. pylori抗原検査は0.61でした。
   特異度は血中H.pylori IgG抗体検査が一番低い傾向でした。 (過剰診断が多い)



         20826-3.PNG 


 
  
2) 検査の手順が下記に示されています。
   本論文の趣旨は、第一選択は血中H.pylori IgG抗体検査とのことです。



         20826-4.PNG




   

私見)
  概ね本院と同じです。
  治療後の検査では、一般的に便中H. pylori抗原検査を行いますが、感度が低い点に注意が
  必要です。
  また、治療によりPPIを処方されている場合も便中H. pylori抗原検査の精度が低下します。







ピロリ菌.pdf







  

posted by 斎賀一 at 19:50| Comment(0) | 消化器・PPI

2020年08月11日

プロバイオティクスの有効性について

プロバイオティクスの有効性について
 
AGA Clinical Practice Guidelines on the Role of Probiotics
in the Management of Gastrointestinal Disorders



20811.PNG



 最近、アメリカの学会雑誌のAGAより、消化肝疾患に対するプロバイオティクスのガイドラインが発表に
なっています。概ねプロバイオティクスの神聖化に、歯止めをかける意図があるガイドラインです。
 海外では重要な、感染性消化器疾患であるclostridioides difficileにおける有効性は限定的で、日本では発売されていないプロバイオティクスを使用しています。
他の疾患、潰瘍性大腸炎、クローン病、過敏性腸症候群でも、患者の選別を十分に行うことが大事だと
しています。
感染性胃腸病、抗生剤との併用、低出生体重児の壊死性腸炎の予防には、ある程度期待されます。
結論としては、十分なエビデンスがすべてに欠けているとしています。






          20811-2.PNG







私見)
 岩田健太郎氏の書籍の内容とほぼ同じです。
 本論文ではプロバイオティクスに対して否定的なのに対して、岩田健太郎氏の書籍は抑制的です。
 プロバイオティクスを推奨している書籍をピックアップして、抜粋を下記のPDFに纏めました。
 図表もPDF化しましたので、ご参照ください。
 なお、低出生体重児に対しての有効性を論じた論文が発表になっていますので、下記に掲載します。
 岩田氏の書籍は大変勉強になりますので、是非購入してください。
 それから、雑誌小児科の壊死性腸炎に関する論文は貴重な内容ですので、無断で拝借してしまい
 ました。





◆参考文献


・雑誌小児科 ; 小児科Vol. 54 NO.9 2013

・日本消化器病学会誌 ; 2014.111.

・雑誌小児科 ; VOL. 56 No. 1 2015

・日本消化器病学会誌 ; 2015: 112

・雑誌小児科 ; Vol. 55 No. 2 2014

・雑誌小児科 ; Vol. 57 No.2 2016

・慢性便秘症ガイドライン ; 南江堂

・薬のデギユスタシオン ; 金芳堂 岩田健太郎







1 本論文.pdf

2 プロパイオティクス文献抜粋より.pdf

3 雑誌の図表より.pdf

4 薬のデギュスタシオン 抜粋.pdf

5 壊死性腸炎 抜粋.pdf

6 Probiotic combination reduces mortality in preterm infants.pdf

7 胃腸炎の小児に対する 2 種配合プロバイオティクスの多施設共同試験 |.pdf

8 抗菌薬関連下痢症へのプロバイオティクスの予防効果に疑問符.pdf

















posted by 斎賀一 at 19:05| Comment(0) | 消化器・PPI