2020年03月31日

小児における新型コロナウイルス感染症

小児における新型コロナウイルス感染症



20331.PNG
 
        

 雑誌のNEJMに、中国における小児例の報告論文が2編掲載されています。



1)SARS-CoV-2 Infection in Children

 纏めますと

 ・2020年3月10日時点での新型コロナ感染患者数は、中国のCDCによりますと72,314名で、その内
  10歳以下の小児例は1%以下と少ないようです。

 ・武漢で16歳以下のコロナ感染患者の治療を、中央政府から唯一認められた病院でデータ解析をして
  います。症状のある患児及び患者家族と濃厚接触のある、無症状の小児が対象です。
  2020年2月26日までに1,391人を検査して、171人(12.3%)が新型コロナと確定診断されて
  います。

 ・年齢は生後1日から15歳までです。
  27人が無症状でした。 (16%)
  咳(49%)、発熱(42%)、39℃以上の高熱(9%)、肺炎は111人(65%)で、その内無症状が12人、
  6人がリンパ球減少で、それ以外に検査では異常ない。
  3人が人工呼吸器を使用、生後10カ月の乳児が死亡(腸重積で入院中で多臓器不全の状態)

 ・初期のデータと同じで小児の場合は軽症が多いが、無症状で肺炎を起こしている場合があり注意が
  必要です。




         20331-2.PNG


  

私見1)
 小児は軽症で治癒率も良好ですが、感冒症状の発熱、咳、咽頭発赤は、なんと半分しか認められず、
 一見軽い感冒かと間違いそうです。しかも肺炎(ウイルス性)は60%強もあり、無症状肺炎は7%と
 油断は許されない様です。



2)Detection of Covid-19 in Children in Early January 2020 in Wuhan, China

纏めますと

・2020年1月に初期の確定診断した6例を提示しています。
 6例中4例が肺炎と診断されています。

・全員が入院後に軽快しています。(平均7.5日)

・流行の初期に、既に小児例が認められています。




         20331-3.PNG 
                                    文献suppleより


私見2)
 上の表から分かる事は、コロナ感染が流行り始めた時期にインフルエンザも流行していました。
 その際に武漢の病院の小児科外来では、新型コロナの患者はインフルエンザの5から10分の1程度の
 発生と推測されます。
 今後日本で新型コロナのオーバーシュートが起きたら、日本の本年度のインフルエンザ発生(20例/週)
 から考えて20/5〜10の規模と想定すると、小児でも2~4例/週 外来受診することになります。
 しかも、一見軽度の感冒症状を纏っているかもしれません。







SARS-CoV-2 Infection in Children.pdf

新型コロナ 小児 2.pdf  












posted by 斎賀一 at 19:01| Comment(0) | 感染症・衛生

2020年03月24日

新型コロナウイルスの検体の採取法の違い

新型コロナウイルスの検体の採取法の違い
 
韓国方式は理想モデルか?
 
Detection of SARS-CoV-2 in Different Types of Clinical Specimens



20324.PNG



 中国の学者より、雑誌JAMAに報告がありました。
新型コロナのウイルスをSARS-COV-2と言い、病気の事をCOVID-19と命名しています。
論者は、新型コロナは中国から全世界に広がっていると冒頭で記載しています。


纏めますと

1) 2020年の1月1日から2月17日の中国におけるCOVID-19と鑑定診断された入院患者205名の
   様々な部位から採取された検体を、PCR法で検索対照しています。
   平均年齢は44歳(5~67歳)です。
   症状は発熱、咳、全身倦怠感で、19%が重篤でした。

2) 検体は総数で1,070検体です。
   陽性率は
   気管支洗浄液(BAL)93%(14/1)    痰 72%(75/104)
   鼻腔スワブ 63%(5/8)   気管支鏡ブラッシ46%(6/13)
   咽頭スワブ 32%((126/398)   便29%(44/153)   血液 1%(3/307)
   尿 No (0/72)
    (一般的に日本で行われたクルーズ船での咽頭スワブは、感度は32%と低く鼻腔スワブでも
     63%程度です。)




         20324-2.PNG



 
3) しかし、ウイルス量に関しては鼻スワブが一番多い。(mean cycle threshold (Ct) of 24.3)
   この事例から感染の初期は鼻咽頭で、そこから重症化すると、ウイルスは下気道に移行する事を
   物語っています。

4) 便培養では、生きたウイルスが50%(2/4)陽性でした。
   この事からも糞口感染が強く示唆されました。

5) 結論として、感染は呼吸器系ばかりでなく呼吸器系以外でも起きている。
   しかも検査は偽陰性が多く、検体採取は複数を組みあわせなくてはいけない。






私見)
 新型コロナに対するPCR検査の感度は70%程度だが、特異度は90%以上と言われています。
 (つまり偽陰性はあるが偽陽性は少ない?)
 インフルエンザの時に経験しますが、流行の初期には精度が低く偽陽性も30%程あるといわれて
 います。
 インフルエンザ流行の最盛期ともなれば、この偽陽性がマスキングされてしまい、精度は90%以上の
 見かけとなります。

 韓国で多くの人がコロナの検査をすればこの特異度、つまり偽陽性を増加してしまいます。
 分母が多くなれば致死率も当然低下します。
 日本の様にPCRを制限し過ぎるのには個人的に納得がいかないのですが、韓国方式には学ぶべき
 点が多々あるとはいえ、俄かには賛成できません。

 忽那賢志氏のブログでも同様の内容が載っており、感度と特異度に関して詳細に記載しています。






新型コロナ スワブ jama.pdf

新型コロナ 感度 ブログ.pdf








posted by 斎賀一 at 20:18| Comment(0) | 感染症・衛生

2020年03月21日

 新型コロナウイルスと高血圧治療薬の関係:ACE-2

 
新型コロナウイルスと高血圧治療薬の関係:ACE-2

1;Are patients with hypertension and diabetes mellitus
at increased risk for COVID-19 infection
 
2;Patients taking ACE-i and ARBs who contract COVID-19
should continue treatment, unless otherwise advised
by their physician


0321-4.PNG



 雑誌LANCETから、新型コロナ患者には降圧薬のACE阻害薬と、ARBの服用を注意するようにとの
論文が掲載されました。混乱が広がっており、専門家への問い合わせが各国で起きているそうです。
権威あるアメリカの学会AHAは、早速コメントで高血圧患者は引き続きACE阻害薬とARBの服用を
中断せず、継続服用するように勧めています。


先ず雑誌LANCETから纏めますと、


 1) 新型コロナの重症例を調べた研究では、基礎疾患として、高血圧(23.7%)、
    糖尿病(16.2%)、冠動脈疾患(5.8%)、脳血管疾患(2.3%)でした。
    その後の研究でも、同様の傾向です。注目すべきは、高血圧の治療薬としてはACE阻害薬が
    多く処方されていました。

 2) コロナウイルスは、以前のSARA-COVと新型のSARS-COV-2ともに、細胞侵入はACE-2を
    通して標的細胞に付着する事が証明されています。
    糖尿病患者が高血圧で、ACE阻害薬やARBを服用すると、ACE-2が過剰に細胞表面に
    表出してきます(upregulation)。
    つまり、それだけ新型コロナウイルスに感染しやすい状態となっています。

 3) 個人の感受性と、ACE-2の多様性が関係しています。
    しかし、現段階でははっきりしたエビデンスが乏しいのですが、可能ならば
    新型コロナの流行期には代替薬のCCBが勧められる。


次にアメリカの学会AHAからのコメントを纏めますと、


 1) 既に高血圧、心血管疾患で、ACE阻害薬とARBを服用している全ての患者は、
    継続服用を推奨する。

 2) 現時点では新型コロナ患者が、ACE阻害薬とARBを服用する事による利点と、副作用に関する
    明白なエビデンスは認められていない。



私見)
 研究結果により変更する事もありますが、現時点では私も含めてARBは継続服用といたします。
 尚、レニン・アンギオテンシン系とACE-2に関してブログで解説します。


1 新型コロナ 血圧糖尿病.pdf

2 Patients taking ACE-i and ARBs who contract COVID-19 should con.pdf







posted by 斎賀一 at 19:13| Comment(0) | 感染症・衛生