2019年06月06日

Q熱

Q熱
 
Q Fever in Southern California, a Case Series
of 20 Patients from a VA Medical Center



0606.PNG
        


 Q熱という病名はQuery fever「不明熱」に由来します。病原菌はコクシエラ・バーネッティイによる動物由来感染症です。急性と慢性があります。
急性Q熱は50%が不顕性感染、40%がインフルエンザ様の一過性の発熱、残りの数%は肺炎型、肝炎型、不明熱型の重症例です。
慢性Q熱は6カ月以上持続する場合で、主として心内膜炎の病型をとり予後が不良です。
 今回アメリカの南カルフォルニアから20例の報告がありました。
以前のCDCからの報告とは異なり、急性から慢性に移行する率は20%で、診断の遅延が予後の不良に繋がると警告しています。
下記の雑誌小児科のPDFにも掲載していて日本では稀な疾患とされていますが、実態はアメリカと同様に氷山の一角かもしれません。


心に留めつつ纏めてみますと

1) 以前の報告では急性Q熱から慢性Q熱の移行は5%以下とされていましたが、本論文では21.4%と
   高率でしかも診断の遅延が予後の不良に繋がり、17年間の経過で死亡率は10%でした。

2) 病原菌のコクシエラ・バーネッティイが、風とほこりに乗って遠くまで到達する可能性がある。
   従って発生は春から初夏が多い。
   30%は動物との接触を証明されていない。




私見)
 下記の文献より抜粋しましたが、日本では診断が保険適応になっていません。
 専門の施設に依頼する事になりますが、数万円かかるとの事です。
 インフルエンザのシーズンでなくインフルエンザ様症状の時にはQ熱も鑑別疾患として捉えるか、経験的
 に抗生剤を投与するかが問題です。

  ・インフルエンザ様症状
  ・肺炎
  ・肝障害
  ・不明熱
  ・心内膜炎、感染性の動脈瘤

 以上の時には鑑別疾患として、Q熱も考慮する必要がありそうです。




◆参考文献

 1) ペットからの感染症 ; 小児科  Vol.54 No.1 2013
 2) 不明熱の臨床 ; Medical Practice vol.33 110.7 2016
 3) 今日の臨床サポート
 4) CDC






1 熱q.pdf

2 本論文の表.pdf

3 Q熱文献より.pdf

4Q4 fever.pdf














posted by 斎賀一 at 15:27| Comment(0) | 感染症・衛生

2019年03月12日

伝染性紅斑は再発(再燃)する

伝染性紅斑は再発(再燃)する
          <患者さん情報> 



       最近、伝染性紅斑が再発(recrudescence)した症例がありました。
      保護者の方に訝られましたが、UPTODATE に記載がありますので信じてください。



          0312.PNG





     伝染性紅班.pdf










 
posted by 斎賀一 at 20:02| Comment(0) | 感染症・衛生

2019年02月21日

麻疹感染に対するお願い

麻疹感染に対するお願い
  <業務連絡および患者さんへのお願い>

        

     市原保健所より管内でも麻疹が発生したとの報告がありました。
    麻疹疑いのある患者さんの検体提出について、再確認をお願いします。

    患者さんには発熱と発疹がある方は事前に電話連絡を頂き、来院後は速やかに感染症室に
    誘導してください。





    麻疹 風疹診断.pdf

    保健所より.pdf









posted by 斎賀一 at 13:33| Comment(1) | 感染症・衛生