2020年09月23日

鼻腔用イソジンは新型コロナ感染予防に効果?

鼻腔用イソジンは新型コロナ感染予防に効果?
 
In Vitro Efficacy of a Povidone-Iodine Nasal Antiseptic
for Rapid Inactivation of SARS-CoV-2



          20923.PNG


 イソジンのうがいが新型コロナ感染予防に繋がるという大阪知事の見解に対して、やや勇み足と感じましたが、今回雑誌JAMAに、鼻腔にイソジンをかけたらどうかとの論文が載っていました。
既に多くの論文で明らかな様に、新型コロナウイルスの感染は鼻咽頭のACE2受容体に付着して、そこから下咽頭、上気道、下気道と伝播し重症化を引き起こすとの説が有力です。それならば、感染初期の段階で鼻咽頭に付着した新型コロナウイルスを、イソジンで排除したらどうかという趣旨の論文です。


1) 本研究の前に、新型コロナウイルスを細胞培養した76検体を用意しています。
   そのウイルス培養液とポピドンヨードの1.0、1.25、2.5%の溶液を1対1の割合で15秒間、30秒間
   接触しウイルス量を測定しています。
   陽性コントロールとして70%アルコールを用いて、陰性コントロールとして蒸留水を使用しています。




         20923-2.PNG


  【結果】
   ポピドンヨードの1.0%を15秒で、完全にウイルス量は消失しています。
   (ウイルス培養液とポピドンヨードを1対1にしていますので、上の表の実際の濃度は半分になって
    います。)

2) 別の実験で、この濃度でのポピドンヨードの細胞毒性はないとしています。
   また短期的な観察ですが、ヨードの体内への吸収はなかったとしています。

3) マスクの着用と同程度の効果と推測しています。ならば併用すれば倍々の効果と期待されます。
   医療従事者の様にマスクの着脱を頻回にする場合は、ポピドンヨードで1日4回の鼻腔洗浄を勧めて
   います。

4) 鼻腔にポピドンヨードを噴霧すると、鼻粘膜が刺激され鼻粘液が分泌されます。
   そのため1.25%を推奨しています。






私見)
 イソジンのうがいに関しては本院では元来推奨していません。
 濃度が一定しない点と、白血球に対する逆効果などです。
 しかし、新型コロナの濃厚接触者(スマホアプリでの通知も含め)に対しては、保健所もてんてこ舞い
 と推測します。なおさら本院では、濃厚接触者の方への対応はその受容力を超えているため、ご遠慮
 いただいております。

  新型コロナの濃厚接触を心配される場合は、イソジンの10倍希釈の鼻腔噴霧も有効と考えを変えて
  います。
  (イソジンガーグルは7%です。10倍希釈で0.7%。鼻水で薄まっても0.5%とプラスに考えますが?)
 また本論文の中でも指摘していますが、インフルエンザウイルスにも有効との研究があり、今後インフル
 エンザ流行の際の家庭内感染を予防するために鼻腔イソジン噴霧も一つの方法と思われます。
 すべての人に推奨するのは問題ですが、家庭内にインフルエンザ患者がいる場合や新型コロナ濃厚
 接触の方は、積極的に試みてはと考えています。
 イソジンの作り置きは安定しておりますが、使い回しは当然NGです。
 噴霧の器具は本院にお問い合わせください。





1 イソジン 鼻腔 JAMA.pdf

2 イソジンガーグル.pdf

3 ポピドンヨード 文献.pdf







posted by 斎賀一 at 19:38| Comment(0) | 感染症・衛生

2020年09月15日

日本における新型コロナの現状

日本における新型コロナの現状
   
厚労省の発生動向
       短 報 




         20915.PNG


  

            10歳で検査を区分するのも一方でしょうか。
            職員の皆さんと相談します。





     1 コロナ 発生動向.pdf








posted by 斎賀一 at 20:10| Comment(0) | 感染症・衛生

2020年09月09日

マンションの排水管からのコロナ感染・中国

マンションの排水管からのコロナ感染・中国

短報

Probable Evidence of Fecal Aerosol Transmission of SARS-CoV-2
In a High-Rise Building




中国では、一部の高層マンションの排水管と、浴室の配管がコントロールされていないため、
住民の新型コロナ感染が、マンションの垂直方向で起きてしまっています。
研究者は、その後に特殊ガスを用いて実験し、マンションでの排水管から浴室へ、ガスの流入を
証明しています。



私見)
日本では、配管工事が徹底していますのでこのような心配はないと思いますが、
今後の海外旅行には注意が必要でしょうか。
オナラは大丈夫でしょう。お尻にマスクをしていますから。




Probable Evidence of Fecal Aerosol Transmission of SARS-CoV-2 in a High-Rise Building _ Annals of Internal Medicine.pdf









posted by 斎賀一 at 20:45| Comment(0) | 感染症・衛生