2023年08月30日

60歳以上のRSウイルスのワクチン

60歳以上のRSウイルスのワクチン


  
 日本でも60歳以上の人にRSVワクチンが承認されるようです。詳しい内容が分かりましたら
ブログしますが、海外では小児を含めた承認が進んでいるようです。


アメリカでは高齢者用に二つのワクチンが用意されているようです。

 ・グラクソスミスクライン社製のArexvy
  日本で承認されたのは、本ワクチンの様です。
  60歳以上の約25,000人が治験に参加しています。
  70%が全ての感染に対して予防効果がありました。
  80%に下気道感染の予防効果、95%に重症化の予防効果がありました。
  重篤な副反応はありませんでしたが、1例のギランバレー症候群と2例の脳脊髄炎の報告が
  ありました。

 ・ファイザー社のAbrysvo
  60%の感染予防効果、90%が重症化の下気道感染に予防効果がありました。
  副作用として1例のギランバレー症候群と、1例のミラー・フィッシャー症候群の報告が
  ありました。
  両ワクチン共に、リスクの高い高齢者には治験を行っていません。
  またその効果は接種後6か月で衰退するため、RS流行の初めに接種しなくてはなりません。






私見)
 厚労省より正式な指導がありましたら、下記文献を精読する予定です。







Bivalent RSV in Older.pdf

Efficacy and Safety of an Ad26.RSV..pdf

Pregnancy to Prevent RSV.pdf

Respiratory Syncytial Virus in Older Adults.pdf







posted by 斎賀一 at 19:00| 喘息・呼吸器・アレルギー

乳幼児のRSウイルス・ワクチンをアメリカでは承認

乳幼児のRSウイルス・ワクチンをアメリカでは承認



 アメリカのFDAは、乳幼児のRSVワクチンのBeyfortus(nirsevimab-alip)を承認して
います。

出生29週〜35週の1歳未満の乳幼児1,453人を対象にした研究です。
Beyfortusの50mgを1回筋注しています。
1回目のトライアルでは、70%の感染予防効果がありました。
2回目のトライアルは、75%の予防効果。
3回目のトライアルでは2歳以下を対象とし、2回のRS流行に亘って調べ、Beyfortusと
従来の抗体製剤であるシナジスの複合調査です。ほぼ同じ結果でした。

・最初のRS流行時には、8か月以下の乳幼児全てに適応があります。
 これにはシナジスを受けた乳幼児も含まれます。
・生後8〜19か月の乳幼児でリスクが高い場合は、シナジスを受けていても対象です。
・同じシーズンではBeyfortus接種を優先し、シナジスは避けるべきです。
 Beyfortusが利用可能でない地域では、可能になるまではシナジスを優先すべきです。
・RSシーズンでは、生後1週間で接種すべきです。
・生後8か月以下の乳幼児は、RSシーズンの始まる前に接種すべきです。
・リスクのある生後8〜19か月の乳幼児は、RSシーズンの始まる前に接種すべきです。
・他のワクチンとの同時接種は可能です。







私見)
 日本でも承認され厚労省から正式な指導がありましたら、再度ブログします。







2 RS.pdf

2 FDA Approves.pdf











posted by 斎賀一 at 18:37| 喘息・呼吸器・アレルギー

2023年08月12日

経口薬のペニシリンアレルギー検査

経口薬のペニシリンアレルギー検査

Effi cacy of a Clinical Decision Rule to Enable DirectOral Challenge
in Patients With Low-Risk PenicillinAllergy



50812.PNG

       
  
 ブログでも紹介してきましたが、経口の場合ペニシリンアレルギーは意外に稀との事で、
皮内テストをせずに、直接経口薬を服用するチャレンジテストも有効との論文が、雑誌JAMAに
掲載されています。
ペニシリンアレルギーがコアー化されたFASTスコアー(下記のアクセス参照)が3以下を対象
にペニシリン経口薬を直接チャレンジしています。


1) FASTスコアーが3以下の382人を登録しています。
   377人が対象となり、187人が直接チャレンジテストを行い、190人がコントロール群
   (皮膚反応を行ってから直接チャレンジテストを続ける)となっています。
   平均年齢は51歳。
   主要転帰は、臨床家が1時間以内にアレルギー反応と診断した場合です。

2) 結果
   アレルギー反応が出現したのは、直接チャレンジテスト群が1人(0.5%)で、
   コントロール群も1人(0.5%)でした。
   5日間の経過では、直接チャレンジテスト群が9人にアレルギー反応が出現し、
   コントロール群が10人でした。
   何れも重篤なアレルギー反応はありませんでした。

3) 結論
   ペニシリンアレルギーとのラベリングがあっても、直接チャレンジテストは安全である。






私見)
  以前に、アナフィラキシー反応、血管浮腫、重篤な粘膜症状(stevens-johnson症候群、
  好酸球症、DRESSなどの症状があった人は、専門医の投与が必要です。
  本院では従来通り、FASTスコアーが3以下の場合はペニシリン経口薬を少量摂取後に15分間
  経過観察をし、その後に通常量を処方し、自宅で1時間経過観察をお願いするマニュアルと
  します。




  FASTスコアー


  https://qxmd.com/calculate/calculator_752/pen-fast-penicillin-allergy-risk-tool



   The PEN-FAST penicillin allergy clinical decision rule enables point-of-care risk assessment of patient-reported penicillin allergies. It requires three clinical criteria:
Time (five years or less) from penicillin allergy episode (2 points)
Phenotype (anaphylaxis/angioedema OR SCAR) (2 points)
Treatment required for penicillin allergy episode (1 point)





つまり、血管浮腫やアナフィラキシー反応を起こしたことがあり、治療を要した場合は3点以上
となり、本院での検査は出来ないとします。
発疹、蕁麻疹などの軽度な皮膚症状だけで5年以上前のエピソードの場合は、本院ではアレルギー
試験の対象です。





本論文.pdf

JAMAより.pdf

ペニシリンアレルギー・その1_.pdf

ペニシリンアレルギーに対する経口負荷.pdf

ペニシリンアレルギーに対する直接チャレンジ.pdf

ペニシリンアレルギーの経口負荷.pdf

ペニシリンアレルギー対策・その2.pdf

ペニシリンアレルギー段階的チャレンジ.pdf

ペニシリンのアナフィラキシー反応.pdf

ペニシリン系抗生剤にアレルギーのある人.pdf

経口薬のペニシリンアレルギー検査.docx

抗生剤のアレルギーに対する問診票.pdf

病歴からペニシリンアレルギーと判明した.pdf

本院問診.pdf





















posted by 斎賀一 at 15:52| 喘息・呼吸器・アレルギー