2019年12月14日

抗インフルエンザ薬の使い分け

抗インフルエンザ薬の使い分け
        <業務連絡用>



1214.PNG
  


        
 今シーズンは、インフルエンザ治療薬が多種類上市されておりメリットも多い反面、使い方に思案して
しまいます。


基本的にはタミフル
 安定した血中濃度が期待され、又10代の使用制限が2018年に削除されたため、現在では新生児から
 高齢者まで使用出来ます。

イナビル吸入剤は
 長時間にわたり気管や肺に停留して抗ウイルス効果を発揮するため、一回投与で完結します。
 一昨年からは予防投与も認可されています。
 又、本年度からコンプレッサーを用いた乳幼児向けの製剤も上市されました。

ゾフルーザは
 高率にウイルスのアミノ酸変異を生じる事により懸念されていますが、その影響に対しては未だ明らか
 ではありません。しかし抗ウイルス作用に優れ、早期より周囲への感染性を低下させる事も期待されて
 います。
 他のノイラミニダーゼ阻害薬との併用に関しては期待されますが、十分なエビデンスは未だありません。 

  (と言う事は、もしかして?)




         1214-2.PNG



   

◆参考文献
 抗インフルエンザ薬の使い分け  ; 浦上宗治  Medical Practice v.36 n.12. 2019






私見)
 最近、車の番組である著名人が言っていました。
 「初代のマツダロードスターに比べたら、今度のはしっくりいかないんですよ。初代を越していないと
 思いますね。」
 しかし、ちょっと思ったんです。この新型ロードスターにどれだけの開発努力を関係者はしたんだろう
 かと。
 世界の田崎が言っています。「このワインは高級だが、あちらはだめだと言う人は、人に対してもそう
 いった見方をするんじゃないかと思うんですよ。」

 事は人の健康に影響する薬です。厳格な専門家の評価が必要です。しかし専門家と言えども軽々に
 評価を下すべきではないと思います。
 抗インフルエンザ薬にはそれなりの特徴があります。日経メディカル総説の河合直樹氏のレポートは
 参考になります。下記のPDFで掲載します。職員の皆さん、シーズン到来で勉強しましょう。
 (本ブログの写真のロードスターに免許返納の前に購入して、九十九里海岸を一人でゆったりと走りたい
 です。本当はその気になれば、もっとぶっ飛ばせるんだぞと思いながら...。)







小児 インフ 治療薬.pdf

イナビル.pdf









posted by 斎賀一 at 16:11| Comment(0) | インフルエンザ

2019年10月29日

インフルエンザ治療薬・ゾフルーザの逆襲

インフルエンザ治療薬・ゾフルーザの逆襲
 
Genentech Announces FDA Approval of Xofluza
 (Baloxavir Marboxil) for People at High Risk of
Developing Influenza-Related Complications



1029.PNG

 

 ゾフルーザは塩野義製薬が創製し、開発してきました。
本薬の開発および販売は、現在、Rocheグループ(米国Genentech社を含む)との提携下で進めて
おり、日本と台湾における本薬の販売は塩野義製薬が、それ以外の国における本薬の販売はRoche
グループが行います。この米国Genentech社のPhase III CAPSTONE-2 studyの発表を受けて、
米国FDAが内容を承認したとの報道がありました。



使用に関する承認内容は
 ・合併のない急性インフルエンザ
 ・12歳以上
 ・症状が出現して48時間以内
 ・基礎疾患であるため、インフルエンザがハイリスクになる人
  CDCのハイリスクは喘息、慢性肺疾患、糖尿病、心疾患、肥満、65歳以上です。
 
ゾフルーザの副作用の内容報告は
 ・下痢が3% 細気管支炎3% 嘔気2% 副鼻腔炎2% 頭痛1%

効果は
 ・ハイリスク患者でプラセボーとの有症状期間の比較では、ゾフルーザが73時間に対して
  プラセボーは102時間
 ・有症状期間をタミフルと比較しますと、ゾフルーザが73時間で、タミフルが81時間と差はありません。
 ・B型インフルエンザでは、ゾフルーザが75時間に対して、プラセーボは101時間と有効でした。

不明確な点として
 ・12歳以下と体重が40kg以下の場合、安全性と効果は現在確立されていません。
 ・妊娠と胎児への影響は不明
 ・授乳の安全性は不明
 ・併用薬、サプリ、漢方薬との相互作用は不明

服用に関して
 ・食事の影響は無いので食前、食後に関係なく服用は可
 ・乳製品、カルシウム剤、下剤、制酸剤(潰瘍治療薬)、鉄剤、亜鉛、セレン及びカルシウムや
  マグネシウムを含むサプリとの併用は避ける。





 
私見)
 ゾフルーザの立ち位置が見えてきた感じです。
  ・12歳以上の人で、服用が1回で済むことを望む人
  ・基礎疾患のあるハイリスクの人
  ・65歳以上の人
  ・出来たら体重は40kg以上ある人


 小児に関してはタミフルが基本ですが、イナビルの懸濁吸入も上市されており、今後は職員と使用方法
 を検討します。
  (院内ではgood ideaとの評判です。)






インフ m.pdf









posted by 斎賀一 at 19:43| Comment(2) | インフルエンザ

2019年10月25日

インフルエンザ情報・日経メディカルより

インフルエンザ情報・日経メディカルより



1225-2.PNG

 


 最新情報が日経メディカルから数編発表になっていますので、まとめて報告します。


1) 沖縄からのインフルエンザ流行の知らせで、今シーズンは早い流行と考え準備を早急にしなくては
   と慌てましたが、下記のグラフより一旦は終息しているようです。 (厚労省の報告より)



         1225.PNG
         

   
   インフルエンザは赤道直下では一年中流行しており、6月から9月にかけてのモンスーンと共に東南
   アジアに拡大し、その地域からの旅行者がウイルスを沖縄に持ち込むこととなり、沖縄では例年夏季
   と冬の2回流行すると推定されています。

2) 2009年に起きたパンデミックH1N1は、最近では流行の間隔が短縮し流行の規模も縮小の傾向
   です。
   やがて消失するかもしれません。しかし遺伝子的には毎年変化しており、一気に病原性の変化を
   きたす可能性もあり危惧されています。

3) 昨シーズンに処方されたゾフルーザは、今シーズンは逆風のようです。
   ・耐性株の出現により、人―人感染が認められている。
    (ゾフルーザを服用している患者から、耐性ウイルスが萌出する。)
   ・ゾフルーザに対する低感受性株の出現が多く認められている。
    (小児では、ゾフルーザ服用により罹患期間が長引く可能性あり。)
   この事から、日本の各学会は小児(12歳以下)でのゾフルーザは慎重に、とのコメントです。

4) 吸入薬のイナビルが、コンプレッサーを用いる新製品を今季より上市しました。(下記PDF参照)








1 インフ情報.pdf

2 沖縄 インフ.pdf

3 インフルエンザ h1n1.pdf

4 ゾフルーザ 小児.pdf

5 ゾフルーザ 慎重 小児.pdf

5 小児 ゾフルーザ.pdf

6 ゾフルーザ 人人感染.pdf

7 イナビル吸入薬.pdf

8 イナビル.pdf

9 ゾフルーザ 授乳.pdf











  
posted by 斎賀一 at 20:30| Comment(0) | インフルエンザ