2018年09月08日

ゾフルーザに関する編集者のコメント

ゾフルーザに関する編集者のコメント

A Step Forward in the Treatment of Influenza
n engl j med 379;10 nejm.org September 6, 2018

 
0908-2.PNG



 雑誌NEJMの編集者のコメントが同時に掲載されており、この方が実地医家にとって参考になります
ので掲載します。


纏めますと、


 1) 本試験は基礎疾患のない12~64歳の外来患者に対して、インフルエンザと診断されて
    48時間以内に服用しています。

 2) 症状の緩和に関しては、タミフルと同程度でした。
    この事は、基礎疾患のない人では、早期に服用すれば効果は同じことを表します。

 3) ゾフルーザは半減期が長いので、一日一回の服用でよく、服用が容易です。
    (アドヘランスが良い)
    しかし、症状出現の24時間以内に服用した方が、明らかに遅れて服用するよりも、
    症状の緩和に繋がっていた。

 4) ゾフルーザは細胞内でのm-RNAの変異を誘発して、インフルエンザの増殖を防ぎます。
    この変異のエスケイプ(変異から逃れる)が起ると、ゾフルーザは効果が無くなります。
    つまり、耐性化です。それが10%程認められています。
    症状が出現してから後になればなるほど、エスケイプは多くなるようです。
    治療5日後のウイルスを調べると、エスケイプが91%に認められていました。
    この事が、症状の遅延例に認められるのではと推測しています。
    但し、このエスケイプしたウイルスは伝播する能力はなく、感染には関与しないとの
    実験データがあるようです。

 5) 明らかに本薬剤は有効ですが、今後頻回に使用されるにしたがって、この耐性化の問題が
    浮上するかもしれない。



私見)
 タミフルは、インフルエンザの後期に服用しても入院率を下げ、重症化を防ぐとのデータもあります。
又、基礎疾患のある人にも特に効果があります。
 今のところ、本院では24時間以内ではゾフルーザを処方して、症状が3日過ぎていたら、タミフル
でしょうか。基礎疾患のある人に対しては、今後のデータを注目したいと思います。
 尚、ゾフルーザの作用機序に関しては、ネットで調べて下記にPDF化しました。



ゾフルーザ(バロキサビル)の作用機序・類薬との使い分け【インフルエンザ治療薬】.pdf








posted by 斎賀一 at 17:16| Comment(2) | インフルエンザ

インフルエンザ新薬のゾフルーザ

インフルエンザ新薬のゾフルーザ

Baloxavir Marboxil for Uncomplicated Influenza
in Adults and Adolescents
n engl j med 379;10 nejm.org September 6, 2018



0908.PNG

        

 本年当初より新薬のゾフルーザが上市され、注目されています。
今回、雑誌NEJMより12~64歳の合併症のないインフルエンザ以外は、健康な外来患者を対象に
新薬のゾフルーザを用いた比較試験の報告が載っていました。


 纏めてみますと、


 1) ゾフルーザ群は体重に基づく用量(40 mg または 80 mg)の単回投与としました。
    タミフル群の用量は、75 mg を 1 日 2 回、5 日間です。
    それと、コントロール群を比較しています。
    主要転帰は、インフルエンザ症状緩和までの時間としています。

 2) 第 3 相試験の 1,064 例では、罹病期間の中央値は、ゾフルーザ群で53.7 時間
    であったのに対し、プラセボ群では 80.2 時間であった。
    罹病期間は、ゾフルーザ群とタミフル群とで同程度であった。
    しかし、ウイルス量を調べると、ゾフルーザはプラセボ群やタミフルと比較して、
    レジメン開始後 1 日の時点におけるウイルス量のより大きな減少をしていた。

 3) 副作用はゾフルーザ群では20.7%に対して、タミフル群では24.8%と明らかに低下していた。
    ゾフルーザに対する感受性低下をもたらす変異の出現(薬剤耐性)は、第 2 相試験と
    第 3 相試験のそれぞれで、ゾフルーザ投与例の 2.2%と 9.7%で認められた。

 4) 日本とアメリカで研究がされましたが、同様の結果でした。
    ゾフルーザはタミフルやコントロールよりも優れており、副作用も低下していました。
    しかも一日一回の服用でウイルス量が減少しているとの事で、ウイルスの伝播による流行を
    より防げることが期待できます。
    ウイルス量の減少は、ゾフルーザの方がタミフルより早期ですが、症状の緩和は同程度でした。
    その因果関係は不明とのことです。

 5) 尚、投与時期に関してはタミフルと同様に、発症24時間以内が最も効果的でした。



私見)
 下記のPDFに結果のグラフを掲載します。
 ゾフルーザに関してのNEJMの編集者からのコメントが有用でした。

 (昨日よりのwowowの申し込みにイラついていて職員の皆さん、
  多大なご迷惑をおかけしました。ただいま漸く見られるようになりました。
  なおみの言葉を借りて一言「キョウ ワタシガンバッタヨ」)




プレゼンテーション1.pdf

ゾフルーザ.pdf







posted by 斎賀一 at 16:41| Comment(2) | インフルエンザ

2018年08月28日

今シーズンのインフルエンザ・ワクチンのガイドライン

今シーズンのインフルエンザ・ワクチンのガイドライン
                 アメリカのCDCより
  
Prevention and Control of Seasonal Influenza with Vaccines:
Recommendations of the Advisory Committee
on Immunization Practices−United States,
                    2018–19 Influenza Season



0828.PNG


   

 夏休みが終わろうとしています。
職員の皆さん、頑張ろうとは言いませんが気を引き締めてインフルエンザに対抗しましょう。

何はともあれ、纏めてみました。


1) 今シーズンのワクチンは下記の4種類が含まれます。
    ・H1N1 (パンデミック09)    ・H3N2 (シンガポール) 
    ・B (ヴィクトリア)          ・B (やまがた)

2) 接種の時期
   2回接種の場合は、できれば4週間あける。
   1回目は入荷次第接種を勧めて、2回目は11月初めには終わらせておく。
   小児も高齢者も再接種は勧奨していない。
   インフルエンザ流行期間中にワクチンの効果がなくなるのでは、という懸念がある。
   しかし、効果の消失に関してはバイアスが係っている。つまりワクチンのミスマッチ、ワクチン接種後
   の抗体検査の不正確さなど。ワクチン効果の減少の報告もある。
   H3N2とBでは1か月に7%の効果減、H1N1は1か月に6~11%減
   特に乳幼児と高齢者には、減少の幅が多く認められている。
   しかし、6カ月経過しても効果はゼロにはならない。
   ヨーロッパの報告では、H3N2に対しては111日で効果がゼロになったとの報告もあるが、H1N1と
   Bに対する効果の減少は緩やかで、インフルエンザシーズンを通して50~55%は残っている。
   シーズンにより、流行の開始は予測が出来ません。また流行の型も様々です。
   勧奨としては10月末までには接種を完了しておく、としています。
   しかし、理想的にはインフルエンザが流行するまでに完了するのが効果的である。
   つまりインフルエンザが流行していても、12月末に接種する事が一番効果的である。
   (しかし、しかし、それにはインフレエンザが流行していても本人は罹患しないという条件が必要。
    理想を求めるか、はたまた現実に妥協するかです。勿論、本院は院長の性格から、現実を採り
    ます。)

3) 妊婦に関しては、例年通りに何時でも(any time)接種を勧めています。

4) ギランバレー症候群を6週間前に罹患した人は、ワクチンを控える。

5) 卵アルルギー
   製造過程で卵成分は0828-2.PNG 倍まで希釈されている。
   卵アレルギーの人でも軽症、中程度では接種をしても良い。
   しかし、他のワクチン同様にアジュバンドを含有しており、ワクチンそのもののアレルギー反応には
   注意が必要。 ACIPは接種後、15分の観察を勧めている。 (本院では従来通りとします。)

6) インフルエンザ治療薬との併用
   ワクチンを接種して48時間以内にインフルエンザ治療薬を投与すると、ワクチンの効果は2週間
   途絶える。  (受験生のように、ワクチンを接種して更に予防投与する場合を想定しての事だと
   思います。)

7) 他のワクチンとの同時接種
   副反応や効果に問題ないとの色々なデータが示されていますが、そのデータも限定的との事です。
   本院では例年通り、同時接種は行いません。




私見)
 毎年のインフルエンザ対策が、本院の診療体制の進化に結びついています。
 職員の皆で知恵を出し合いましょう。




Prevention and Control of Seasonal Influenza with Vaccines_ Recommendations .pdf










posted by 斎賀一 at 20:02| Comment(0) | インフルエンザ