2018年11月06日

誰にも理解されない私の変な趣味

誰にも理解されない私の変な趣味
 
〜村田真野先生への感謝をこめて〜




 私が医者になって何時のころからかは覚えていませんが、文献や書籍を読んで疑問に思うと、直接執筆者に誰彼構わず電話を掛ける癖がありました。その結果は殆どが叱責されるか罵倒される事になるのですが、それが一層拍車をかけて、とうとう趣味の領域になってしまいました。
その話をすると一晩中になってしまいますが、紙面の都合にて2〜3件だけご紹介します。


1) 数十年前に、突然ある帝国大学の学長にお電話しました。運良く秘書の方が取り次いでくださって 
   お話が出来ましたが、のっけからその学長はお怒りで、質問の内容を聞いて頂く事も出来ず終始
   まくし立てていました。
   「俺は今から京都国際会議場に出席するためタクシーを呼んで待たせているんだ。何だ貴様は。」
   それから只々罵倒され続けましたが、私も申し訳ないと思い「タクシーがお待ちではありませんか。」
   と申しますと「ふざけんな!」の声と共に電話機が壊れんばかりの音がして切れました。

2) 皇室ご用達の病院の皮膚科部長先生にお電話した時も「貴様、何を考えているんだ。」と、最初から
   高圧的なお話しぶりでした。「いや、先生の御著書を拝読し、疑問を持ちましてお電話しています。」
   「馬鹿野郎!」この時は、あっという間のお怒りで終わりとなりました。

3) 高名な国立大学の教授にお電話した時は、最初からヒソヒソ話で始まりました。「いま教授会をして
   いるんですよ。何なんですか。質問ですって? 一体あんたは誰なんですか。初めてだって!?
   冗談を言うな。何、声が大きすぎますって。」最後は我を取り戻されて、低い声で「君は非常識だ!」
   この先生が今までで一番紳士的でした。

 御著明な先生に怒鳴られれば、尚更私の趣味は止みません。
そんな中、意外にも親切に書籍や資料を送ってくださった先生方も極めて稀にいらっしゃいました。
以前の国立がんセンター総長の土屋了介先生、埼玉医大の片山茂祐先生及び医局員の方には、地獄で仏のようなご教示をいただきました。
またいつか、そのような感動的な出会いを求めて私の趣味は続きます。


 何とそんな折に、逆の体で私のブログを当の論文の著者の村田真野先生がご覧になられてコメントを頂きました。本当にありがとうございました。
本ブログは内々の物ですが、今後も身の丈に合った内容を発信したいと思います。
 最後に、今韓国では革新の嵐が吹いています。南北融和のムードの中で、脱北者に対する風当たりは手の平を返したように韓国内でひどくなっているようです。
そんな中、脱北者の漫画家のチェ・ソングス氏は、脱北者の惨状を漫画で発信しています。

「私には誰にもない能力がある。それは漫画と言う武器だ。それを使って私は逃げる事をしない。」

立派な人は輝く言葉を持っています。そんな言葉を心にしまって... お休みなさい。








posted by 斎賀一 at 21:51| Comment(2) | 日記

2018年07月23日

ヒロシのぼっちキャンプ

ヒロシのぼっちキャンプ
 
私からの暑中お見舞い
 


0723.PNG



 髭男爵の山田ルイ53世の書籍「一発屋芸人列伝」が評判になっています。
一発屋芸人のその後を取材しています。試行錯誤して一発の芸を磨いて、やがて運に恵まれブレイクする様が記載されています。

失礼ながら単純に解釈しますと
一発屋は人生の敗北を認め自首した人。人付き合いが下手な人。つまり人間関係が希薄な人。才能は余りなく普通の人。人生が随分と余ってしまい、今でも真剣に人生をしている人。本当に困ったときにプライドを捨てて他人に救いを求めて手を差し出す人。世の中で忘れ去られていても、それでも今でも消えずにいる人・・・。

 本では単に一発屋を自虐的に眺めるのでなく、人生そのものを温かく捉えているところが評判のようです。洋の東西を問わず、人は健康の事、家族の事、お金の事、将来の事について等しく悩んでいます。
 開業医の私も所詮は一発屋だと以前から思っています。
そんな挫けそうな一発屋が集まって、かのレイザーラモンHGが「一発会」を発足したそうです。
まるでNPO団体の様で今後の若手芸人の助けにもなりたいとの事です。

 その一発会に私の愛するヒロシは参加していません。
なぜなら「ぼっち」だからです。キャンプ芸人で有名になったヒロシが、BS-TBSで毎週水曜日午後11:30より「ヒロシのぼっちキャンプ」を放送しています。YouTubeのヒロシキャンプの延長線上にあります。
熱い夏にシティボーイの私はキャンプ場にも行かず、クーラの部屋でヒロシを満喫しています。
職員の皆さん、バーベキューに向けて腕を磨いてください。

医院長は夏バテです・・・。
ぼっちブログをしています・・・。










posted by 斎賀一 at 20:09| Comment(1) | 日記

2017年08月18日

笠原群生、異次元の世界

笠原群生、異次元の世界


   
0818.PNG




  昨日はブログ用の良い情報がなく、テレビを観ていましたら偶然、肝臓移植医師の笠原群生氏の番組が放送されていました。

本物の医師である事は間違いないのですが、巡礼者のような物静かな彼は自分にとって異次元の人
でした。
今後何年も医師をしていても理解できないし、また生まれ変わっても到達できない境地の世界でした。


     “ あの局面で肝生検を実施するのはどんな心境なんだろう? ”

圧倒され、ガックシして、寝つきの悪い夜でした ...。



 気を取り直して、ダグ・ハマーショルドの次の言葉を思い浮かべて今晩は寝ます。
 
        「神はお前の能力以上の事は要求していない。」



それから、いつも使う次の言葉は封印しよう。 

    「あなたの気持ちは分かります。しかし、こちらの立場も考えてください。」









posted by 斎賀一 at 19:31| Comment(1) | 日記