2022年06月06日

雷雨は喘息発作を誘発する

雷雨は喘息発作を誘発する

<短 報>
Thunderstorm asthma in seasonal allergic rhinitis:
The TAISAR study



40606.PNG


     
 花粉症(ライ麦)のある人は雷雨により喘息が増悪するとの報告がありました。
メルボルンからの報告です。


1) 対象は過去に雷雨による喘息発作と診断された人と、花粉症の自己申告をした人です。
   登録者は花粉症の228人です。

2) 80/228人(35%)が花粉症のみ。 84/228人(37%)が雷雨喘息の診断を受けているが
   入院はしていない人。 64/228人(28%)が雷雨喘息で入院した人です。
   入院が必要だった雷雨喘息の殆んどの人に、喘息の既往がありました。
   しかもその人たちは、ライ麦のIgEが高値で好酸球増多です。

3) 花粉症(ライ麦)のある人は事前にIgE測定、好酸球、呼吸機能検査を行うことにより
   雷雨喘息のリスクを予測できるとしています。

4) 考察
   雷雨により花粉が破裂する。花粉の粒子が飛散する。湿度の急激な変化が原因として
   います。
   しかし、喘息のコントロールされている人は雷雨喘息は稀としています。





私見)
 日本では、ライ麦花粉症は稀、花粉症から咳発作や喘息を誘発することも稀で、
 喘息発作と天気の前線との関連性は否定的な論文が多いと、私は理解していました。
 梅雨の時期、喘息のコントロールには特段の注意が必要だと思います。







Thunderstorm asthma in seasonal allergic rhinitis_ The TAISAR study - Journal of Allergy and Clinical Immunology.pdf







posted by 斎賀一 at 19:46| 喘息・呼吸器・アレルギー