2021年09月08日

ファイザーワクチン後の小児における心筋炎

ファイザーワクチン後の小児における心筋炎
 
Association of Myocarditis With BNT162b2 Messenger RNA COVID-19
Vaccine in a Case Series of Children



30908.PNG

   

 アメリカのボストンからの報告が雑誌JAMAに掲載されていましたので、ブログします。


1) FDAはファイザーワクチン接種を、2021年5月10日より12歳以上の若者に緊急使用することを認可
   しました。
   本研究は12歳から19歳の若者の、ワクチン接種後30日間経過観察における心筋炎の報告です。
   観察期間は2021年5月1日から7月15日です。

2) 15例の心筋炎での入院例を報告しています。
   男児が14例 (93%)
   平均年齢は15歳
   症状は接種後、1〜6日に出現しています。
   胸痛 ; 平均3日後(1〜6日) 15例(100%)  
   発熱 ; 10例 (67%)
   筋肉痛 ; 8例 (53%)
   頭痛 ; 6例 (40%)
   トロポニン上昇は全ての症例で認めています。
   心エコーで駆出率低下は3例(20%)ですが、心外膜のeffusionは認めていません。
   心電図 ; 6例(40%)が心外膜炎のdiffuseなST上昇。
          9例(69%)にST-T変化を認めています。
   PR間隔やQT延長は認めていません。
   治療は免疫グロブリン療法が7例 (47%)
   メドロールの点滴 (1mg/kg/回を一日2回)
   退院時にはプレドニン処方

3) ICUへの入院はありません。
   入院期間は平均で2日間です。 (1〜5日)
   11例が症状の回復を認めています。 (73%)
   駆出率の正常化には2〜11日を要しています。
   1例は駆出率が54%とボーダーラインが続いていました。 (7%)
   1例に心室頻拍が続いています。
   一般的な心筋炎ではICU入院率が高くて不整脈の頻度も多く、致死率は7.8%です。
   それに比べれば、ワクチン接種後の心筋炎は軽症です。

4) ほとんどが2回接種後に発生しています。 (1例のみ1回接種後)
   これまでのデータでは、コロナワクチン接種後の心筋炎が1,226例報告されています。
   その中で30歳以下は687例です。
   12歳から29歳の頻度は62.8例/100万人です。
   (ワクチン関係では5例/10万人がイエロー信号です。)
   1人の心筋炎の発生に対して250人のコロナ発生、14人の入院を予防できます。
   しかし、経過は軽症ですが長期予後の観察が必要です。






私見)
  12歳までのワクチン接種が始まります。
  後日に再度ブログしますが、十分なコンセンサスが必要です。
  私の以前のブログもご参照ください。








JAMA 子供 心筋炎.pdf

ソルメドロール.pdf










posted by 斎賀一 at 18:31| Comment(1) | 小児科
この記事へのコメント
若い人ほど心筋炎の副反応割合が高いようですが、統計でみると接種するメリットの方が大きいんですね。勉強になります!今月29才になったので症状については注意を払いたいと思います。
Posted by at 2021年09月08日 20:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: