2021年08月31日

新型コロナの異種混合ワクチン

新型コロナの異種混合ワクチン
 
Safety and immunogenicity of heterologous versus
homologous prime-boost schedules with an adenoviral vectored
and mRNA COVID-19 vaccine (Com-COV):
a single-blind, randomised, non-inferiority trial


30831.PNG



 日曜朝のテレビ番組で河野太郎規制改革担当相が、異なる種類を組み合わせる「異種混合接種」実施について語りました。
以前の私のブログでも、アストラゼネカの次にファイザーワクチンを接種する、所謂「ハイブリッド」の有効性を掲載しましたが、今回ガチンコ勝負の文献が雑誌LANCETに載っていましたので、この時期に遅ればせながらブログします。

 尚、今回の研究報告ではアストロゼネカの2回目の接種を最初より計画しており以前のような待機
 (ペンディング)ではありません。


1) 2021年2⽉11⽇〜2⽉26⽇の間に、検査でSARS-CoV-2感染歴がない50歳以上の成⼈が対象
   です。
   28⽇または84⽇のブースト間隔で投与された830人が登録され、ChAd/ChAd、ChAd/BNT、
   BNT/BNTまたはBNT/ChAdに無作為に振り分けられています。
    (AstraZeneca社, 以下ChAdと Pfizer-BioNTech社, 以下BNT)
   今回の報告は、ブースト間隔が28⽇の463⼈が対象となりました。
   液性免疫と細胞免疫を0日、28日、56日に測定しましたが、その中で特別に100人が
   Immunology群として、7日、14日、35日、42日に追加検査をして詳細化しています。
   一般群とImmunology 群を、それぞれ4つのスケジュール(28⽇間隔のみ)に(1:1:1:1)振り分け
   ています。参加者の平均年齢は57.8歳で⼥性は212⼈(46%)です。
   84日のブスター間隔は近々報告されるとの事です。
   主要転帰はChAd/BNTとChAd/ChAd、BNT/ChAdとBNTを⽐較したときのブースト後、28⽇の
   ⾎清SARS-CoV-2抗スパイクIgG濃度(ELISAで測定)です。

3) 結果は
   4つのスケジュールすべてがChAd/ChAdスケジュールの濃度と同程度の、感染予防に匹敵する
   ⾼濃度の抗体であるSARS-CoV-2抗スパイクIgGを誘導していました。
   細胞性免疫応答は、BNTワクチンを含むスケジュールでは同様に、ChAd/ChAd群と同等以上に
   ⾼く、BNT/ChAdはブースト後28⽇のワクチン抗原に反応するT細胞が、最⼤に反応しています。
   重篤な有害事象は全群で4件発⽣したが、いずれも予防接種との関連性はないとの事です。

4) アルファ変異株(B.1.1.7)感染による⼊院に対する有効性は86%、デルタ変異株(B.1.617.2)
   感染による⼊院に対する有効性は92%でした。
   症候性感染に対する有効性は、アルファ変異株で66%、デルタ変異株で60%です。

5) 今までの研究ではドイツで⾏われた前向きコホート研究で、BNT/BNTを3週間間隔で接種した
   医療従事者と、ChAd/BNTを8〜12週間間隔で接種した医療従事者を⽐較した初期の結果では、
   ブースト後3週間の抗体濃度は同程度で、細胞応答はChAd/BNT接種者の⽅が高い結果でした。
   25〜46歳の26⼈の被験者を対象としたドイツの別のコホート研究では、8週間のプライムブースト
   間隔でChAd/BNTを投与したところ、強固な液性免疫が得られ、BNT/BNTを投与した非無作為化
   コホートで観察された中和活性よりもベータおよびデルタ変異株に対する中和活性が保持されて
   いたことが示されています。

6) 本研究から、ChAdとBNTの異種混合スケジュールが、4週間のプライムブースト間隔で高い免疫
   反応と証明されました。





         30831-2.PNG




         30831-3.PNG





         30831-4.PNG
   
   
  
   上の2つの表のAとBから、ChAd/BNTが優位なようです。
   一番下のグラフのAが液性免疫の推移で、Dが細胞免疫の推移です。
   BとCが中和抗体を示します。やはりChAd/BNTが勝っています。

7) 考察として
   発展途上国や経済的貧困国では多様なワクチンスケジュールが必要です。
   しかしこの異種混合ワクチンスケジュールは年齢が若くなればなるほど、その反応源性
   (免疫形成と副反応を含めた意味)が高まり、今後の課題です。







私見)
 日本はコロナに関して二流国です。海外のエビデンスを頼りにしなくて何も語れません。
 イケイケドンドンの河野大臣発言に対して、官房長官が水を差しています。
 なぜ今、異種混合ワクチンなのか。
 答えは簡単です。
 効果はともかくとして、日本でもワクチンが不足している事と、アストラゼネカが安いからです。






Safety and immunogenicity of heterologous versus homologous prime-boost schedules with an adenoviral vectored and mRNA COVID-19 vaccine (Com-COV)_ a single-blind, randomised, non-inferiority trial.pdf












posted by 斎賀一 at 19:23| Comment(0) | ワクチン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: