2021年08月21日

アストラゼネカ・ワクチンによるワクチン起因性免疫性⾎⼩板減少症/⾎栓症(VITT)

アストラゼネカ・ワクチンによるワクチン起因性免疫性⾎⼩板減少症/⾎栓症(VITT)
 
Clinical Features of Vaccine-Induced Immune Thrombocytopenia and Thrombosis
 This article was published on August 11,2021,
and updated on August 12, 2021, at NEJM.org



30821.PNG



 アストラゼネカ・ワクチンの副作用として懸念されている、ワクチン起因性免疫性⾎⼩板減少症/⾎栓症(VITT)は、ヘパリン療法によって誘導されるHITに類似した病態です。
しかし、VITTはヘパリン療法を受けていない人でも発生しています。
血小板の抗体であるPF-4が関与していないか検討されていますが、抗体値が上がっていなくてもVITTは
発症しています。
 ファイザーワクチンの品不足のためにアストラゼネカ・ワクチンが採用されたのではないと思うのですが、アストラゼネカ・ワクチンの副作用となる血栓症に対する治療方針が確立されたので、感染爆発の地域に
まず使用するとの説明ですが、その点を含めてワクチン起因性免疫性⾎⼩板減少症/⾎栓症(VITT)の
論文がNEJMに掲載されていますので、纏めてみます。


1) 2021 年 3 ⽉ 22 ⽇〜6 ⽉ 6 ⽇に英国の病院を受診し、VITT が疑われた患者を対象とする
   前向きコホート研究を行っています。
   事前に規定した基準に基づき、症例を VITT 確定例、VITT ほぼ確実例に分類しました。




          30821-2.PNG

    
   VITTの起こる部位は、通常とは異なり診断し難い様々な血管に発症しています。
   細静脈にまで血栓が生ずるため、血行停滞から出血が起きます。
   さらに血小板減少が拍車をかけます。

2) 評価された 294 例のうち、170 例が VITT 確定例,50 例が VITT ほぼ確実例と判定されました。
   全例が アストラゼネカ・ワクチンの1 回目の接種を受けており、接種後 5〜48 ⽇(中央値 14 ⽇)
   の時点で受診しています。

3) 年齢範囲は 18〜79 歳(中央値 48 歳)であり、性による優位性はなく、同定し得る医学的危険
   因⼦もありません。
   全死亡率は 22%でした。死亡の危険率は、脳静脈洞⾎栓症を有する患者で 2.7 倍、
   ベースラインの⾎⼩板数が 50%低下するごとに 1.7 倍、ベースラインの D ダイマー値が
   フィブリノゲン当量で 10,000単位上昇するごとに 1.2 倍、ベースラインのフィブリノゲン値が
   50%低下するごとに 1.7 倍上昇しています。




          30821-3.PNG

     
   あらゆる年齢層で発生しています。血小板低下plateletが指標になります。
   本ワクチンは高齢者優先に接種されたにもかかわらず、85%が60歳以下に発生しています。
   残念ながら50歳以下の年齢層別化はなされていないため年齢との関係は解析できていません。






          30821-4.PNG

    
   更にD-dimer値も有力な判断基準となります。
   ベースラインの⾎⼩板数および頭蓋内出⾎の存在が死亡と独⽴して関連することが明らかになり、
   ⾎⼩板数 30,000/mm未満で、頭蓋内出⾎を有する患者で観察された死亡率は 73%でした。


4) VITT に関連する⾼い死亡率は、⾎⼩板数が低く、頭蓋内出⾎を有する患者でもっとも⾼かった。
   治療法は依然不明である。
   ・免疫グロブリンが72%の患者さんに点滴されています。
   ・重症例の17例に血小板交換療法を行い90%に効果がありました。
   ・ステロイドの全身投与は26%に実施されています。
   ・ヘパリン以外の抗凝固薬が68%に投与されています。
    死亡率は20%から16%に低下しています。
   ・死亡率は22%です。
   現段階では免疫グロブリン点滴と血小板交換療法が中心です。
   以前懸念されたヘパリン投与は害はないようです。
    (日本版: 一部コピペ)








私見)
 1回目の接種後5日から1か月は注意が必要です。血小板とD-dimerが指標となります。
 実地医家にとっては抗凝固薬の投与とその後の専門的治療の紹介が大事です。










posted by 斎賀一 at 17:40| Comment(0) | ワクチン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: