2021年06月29日

ペースメーカー、植込み型除細動器とスマホ

ペースメーカー、植込み型除細動器とスマホ
 
Do Magnets in Consumer Electronics Disable Implanted Medical Devices?



30629.PNG



 雑誌JAMAに、ペースメーカーなどの植え込み型の医療機器に対する注意が掲載されていましたので、
ブログします。


・FDAの関係者は、携帯電話や高電界強度の磁石を備えたスマートフォンなどの家電製品が、医療機器
 を埋め込んだ人々に、深刻なリスクをもたらすとは思われないと述べています。

・しかし、強力なマグネットを含む製品がさらに市場に出ると予想されるため、FDAはペースメーカーや
 植込み型除細動器などを使用している消費者に、注意を促しています。
 これはデバイスも磁場を使用するため、強力なマグネットデバイスに近づくと、機能が変化してマグネット
 ・モードになるかもしれません。しかし強力なマグネット(電子機器)を離せば、通常のモードに戻ります。

・スマートフォンなどはポケットに入れないで、ペースメーカーなどのデバイスから15cm離しておくことが
 大事です。




※参考までに、マグネット・モード〔magnet mode〕とは

 磁石がペースメーカーの上に置かれたとき、自動的にペースメーカーがとるモードの事で、通常は磁石
 がペースメーカーの上に置かれている間は、固定レート・モードになります。
 そもそも、誤作動といってもペースメーカーが停止するわけではありません。
 強力な磁力の元ではマグネットレートといって、ペースメーカー本体の初期設定モードで動くように
 できています。主にバッテリー残量のチェックに使われます。
 個別に細かく設定していたペースメーカーが最低保障の設定に戻るので、そこでいささか不快に感じる
 人が出てくるかもしれませんが、ペースメーカーが機能停止するわけではないです。






私見)
 指幅で15cmを決めておくことも一案です。






Do Magnets in Consumer Electronics.pdf














posted by 斎賀一 at 18:36| Comment(0) | 循環器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: