2021年06月23日

インド変異株とワクチン・その3

インド変異株とワクチン・その3

The delta variant of SARS-CoV-2:What do we know about it?
 


30623.PNG
   
    

 Medical News Todayにデルタバリアント(インド変異株)ついて記事が載っていましたので、纏めてみました。

・ワクチン接種率が低い国では、インド変異株が置き換わっているとの報告です。
・インド変異株はスパイク蛋白に関係する部位の変異のため、ウイルスが健康な細胞に侵入しやすくなり
 感染力が高まっています。
・症状は従来の新型コロナと異なり、感冒が重い感じです。
 頭痛、咽頭痛、鼻水などの非特異的です。
・mRNAワクチン(ファイザーとモデルナ)は、2回接種にてインド変異株に対して88%の効果が
 ありそうです。アストロゼネカは60%と推定されています。
・変異株に対してすでにファイザー、モデルナ、アストロゼネカの各社は今年の秋までには新たなワクチン
 を提供できるとしています。6週間もあれば、新しいワクチンは開発できるようです。
 問題は申請許可と言われています。又、インフルエンザワクチンの様に、多価ワクチンの研究も
 され始めています。従来のワクチンによるブスター効果と、それに新しいワクチンを混合することにより
 変異株への効果が、期待されます。
 新たなワクチンを開発するよりは、ブスター効果の方が有効との考えもあります。変異株は今後も
 継続し出現する脅威があります。ワクチン全般において、多価ワクチンの必要性が増しています。
・ファイザーとモデルナでは、3回目の接種の量と、時期を検討し始めています。








私見)
 近い将来、ワクチン接種の風景は様変わりしているかもしれません。
 ワクチンの2回接種を急がなくてはなりません。インド変異株より恐ろしいオリンピック株が襲ってきます。
 2回接種しても今年いっぱいは自粛が必要のようです。







SARS-CoV-2 delta variant_ Differences and risks.pdf





 
posted by 斎賀一 at 13:39| Comment(0) | 感染症・衛生
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: