2021年06月18日

小児喘息のガイドライン

小児喘息のガイドライン

Updates to the Pediatrics Asthma Management Guidelines



30618.PNG

 

 小児喘息のガイドラインの要点が、雑誌JAMAに載っていましたのでブログします。
 (以前のブログでも同じ内容を紹介しましたが、再度纏めました。)


・0~4歳児では感冒を始めとした呼吸器感染症の時に、しばしば喘鳴が認められます。
 その際は短期作用型のβ刺激薬吸入(SABA)を使用することが一般的ですが、短期的に吸入ステロイド
 (ICS)と頓用で、SABAの併用も可能です。

・12歳以上の軽症喘息では頓用でのICSとSABAの併用が一般的ですが、低用量のICSの持続とSABA
 の頓用も可能です。

・4歳以上の軽症〜中等症の喘息ではICSを持続して、短期的な減量は避けるべきです。

・4歳以上の中等〜重症の喘息では、SMART療法(シムビコート)の持続療法と発作時の頓用の組み合
 わせも可能です。

・12歳以上の中等〜重症の喘息では高容量のICSとSABAの併用にSABAを頓用(リリーバー)追加する
 のが一般的ですが、SMART療法も可能です。
・12歳以上の持続性喘息でICSでのコントロール不良の場合はLABA
  (長時間作用性β2刺激薬)を追加する方がLAMA(長時間作用型抗コリン薬)より有効です。
・12歳以上のコントロール不良の喘息ではICS+LABA+ LAMAも選択肢です。


0~4の若年者は呼吸器感染症の初期に喘鳴を伴うことが多々ありますが、その際に短期的にICSを使用することは増悪の予防にもなります。しかし短期的とは言えICSは子供の成長に影響を及ぼしますので、
十分な管理が大事です。
 今までのガイドラインでは一般的な推奨に留まっていました。しかし喘息は個人で異なります。
SMART療法は簡便で、個人の裁量で治療が出来ます。しかしコントロールが良好なstep 1では、SMART療法への変更は推奨していません。間歇的なICSとSMART療法はFDAで承認されていませんので、step 1においては臨床家は注意が必要となります。






私見)
 小児用のデバイスを完備しましょう。







小児喘息.pdf

喘息のガイドライン 2020.pdf












posted by 斎賀一 at 21:13| Comment(0) | 小児科
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: