2021年06月05日

慢性腎臓病と降圧剤

慢性腎臓病と降圧剤
  
Comparative Effectiveness of Renin-Angiotensin System
Inhibitors and Calcium Channel Blockers in Individuals
With Advanced CKD: A Nationwide Observational Cohort Study



 降圧薬の中でもARBは腎保護作用があると言われて久しいものがありますが、最近では進行した慢性
腎臓病(ステージGVb)では、逆にARBは禁忌とまで言われています。
しかし、注意して処方すれば依然としてARBには腎保護の期待があるとするPre-proof(校正前)論文を
以前にブログで紹介しました。

 今回、正式に雑誌AJKDに採用されていますので原文を紹介します。
当然ながらステージGVbでは注意が必要ですし、専門家へのコンサルトも念頭に置かなくてならない
ようです。







Comparative Effectiveness of Renin-Angiotensin System Inhibitors and Calcium Channel Blockers in Individuals With Advanced CKD_ A Nationwide Observational Cohort Study.pdf








posted by 斎賀一 at 16:23| Comment(0) | 泌尿器・腎臓・前立腺
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: