2021年03月12日

好酸球性胃腸炎

 好酸球性胃腸炎

  <院内勉強


30312.PNG
  
       

 最近、好酸球性胃腸炎が見られるようになりました。
以前は好酸球性食道炎が主でしたが腹水を伴う例や小児の疑い例も散見され診断に苦慮しています。
色々な文献より勉強して纏めてみました。好酸球性食道炎に関しては下記のPDFを参照ください。



好酸球性胃腸炎

 • 好酸球性胃腸炎を疑った場合、積極的に内視鏡および生検を⾏い、診断をつけることが推奨される。
 • 腹部超音波、CTスキャンで消化管壁の肥厚や腹水の有無を確認することが推奨される。
 • 好酸球性胃腸炎は、消化管壁への好酸球浸潤を特徴とする、原因不明の稀な疾患である。
 • 病変は胃、十二指腸、小腸などに好発する。食道や大腸にも病変を認める場合がある。
 • 小児期から⾼齢者高齢者まであらゆる年齢層に生じるが、20歳代から50歳代の年齢に好発する。


問診・診察のポイント

 • アレルギー疾患の有無を確認する。
    例:喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹
 • 特定の食事摂取との因果関係の有無を確認する。
 • 体重減少、栄養障害の有無を確認する。
 • 腹痛、悪心嘔吐、腹部膨満などの症状の有無を確認する。
 • 血便、下痢などの症状の有無を確認する。
 • 腹水の有無を確認する。


症状:

 • 典型例ではアレルギー疾患を有する患者が、腹痛、下痢などの消化器症状を訴え、末梢血好酸球
  増多を認めた場合、本症を疑う。
  実際にはアレルギー疾患のない例や、末梢血好酸球増多のない例もある。
  具体的には、約半数の症例でアレルギー疾患を認めていたとの報告がある。
  障害を受ける部位により、症状が異なる。粘膜層に病変を有すると、腹痛、下痢を認める。
  粘膜層に広範囲に病変がある場合や長期罹患例は貧血、栄養障害、体重減少を認める。
  小児では発育障害を認める。また、蛋白漏出性胃腸症や消化出血を呈することもある。
  筋層に病変を有する腸管壁肥厚、硬化、運動異常をきたし、嘔気、嘔吐、腹痛、腹部膨満などの
  消化管狭窄、閉塞症状を起こす。
  漿膜に病変を有する場合は、全層性病変をきたしていることが多い。


血液検査:

 • 参考所見として、末梢血好酸球増多を認めることがある。(約2割の症例)
  また、自己免疫またはアレルギーの機序も考慮されるため、血清IgEの評価を⾏う。
 • 腹水を認める例では、腹水中の好酸球増多を確認することは、診断上重要である。
 • 好酸球増多を認めた場合は、HIV、リンパ腫、寄生虫疾患、副腎機能不全、IgE、IgM、IgGなどの
  評価を行い、他に原因がないことを確認する。


内視鏡検査:

 • 下記の消化管内視鏡検査により原因不明のびらんを観察した場合、確定診断のためには消化管
  粘膜の生検を行う。
  生検の結果にて、消化管への好酸球浸潤を20/HPF以上確認することで診断となる。
  なお、好酸球そのものは非特異的な所⾒であり、必ずしも好酸球性胃腸炎を示唆しない。


原因疾患・合併疾患

 • 喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹などのアレルギー性疾患を合併することが多い
  ため、各々の疾患の有無を鑑別する。
 • 末梢血好酸球増多、血清IgE⾼値、腹水好酸球増多などは、診断上有用である


治療
ポイント:

 • 食事制限、補液、対症的な投薬治療を行う。
 • 多くはステロイド治療の適応となる。


食事摂取を制限:

 • 症状の程度に応じ、食事摂取を制限する。
  具体的には、症状の軽いものでは粥食とし、症状が強いものは水分摂取のみ、あるいは絶飲食と
  する。
  必要に応じて適宜補液を行う。長期例や重症例は中心静脈栄養も考慮する。


症状治療:

 • 酸分泌抑制薬や、粘膜保護薬、副交感神経遮断薬、制吐薬、整腸薬などの薬物を適時使用し、
  症状改善に努める。


ステロイド投与:

 • 上記加療で自然軽快することもあるが、ステロイド投与が有効であることが多い。
  通常2週間以内に症状の改善が見られる。
  投与量は20〜40mg/日で開始することが多く、40mg以上を投与するときは、入院を検討する。
 • ステロイド治療を行った例は、症状・所見消失後ステロイド減量を行う。
  減量に伴う再発の報告もみられるため、数カ月かけて外来でステロイド減量を⾏う。
  症例によっては、ステロイド少量の長期維持療法が必要になる場合もある。
 • 好酸球性胃腸炎の患者には、ステロイドの投与が⾏われることが多いが、投与量、減量スピード、
  中止の時期、治療抵抗例に対する対応、再発再燃時の対応については⼀定の見解はない。


難治症例の治療:

 • ステロイド治療で症状改善しない場合、推奨される治療法はない。
  他疾患(例:進行胃癌、消化管悪性リンパ腫、癌性腹膜炎など)を好酸球性胃腸炎と誤診して
  いないかどうか、再度よく鑑別診断を行う。
 • 消化管穿孔例や、消化管狭窄の強い例では外科的治療を念頭に置く。




◆参考文献

 ・好酸球性消化管疾患の概念と取り扱い    雑誌  胃と腸   医学書院
 ・画像でみぬく消化器疾患 大腸    医学出版社
 ・画像でみぬく消化器疾患 上部消化管    医学出版社
 ・好酸球性食道炎の診断と治療    雑誌  胃と腸   医学書院
 ・Medical Practice V.36  N.9 2019 1451
 ・今日の臨床サポート    いつものコピペごめんなさい







私見)
 最近、ガイドラインも出ていますので下記に掲載します。
 好酸球性食道炎と好酸球性胃腸炎は同じカテゴリーだと思いますが、本院でのアプローチは異なり
 ます。  
 また、好酸球は結果かもしれませんが、それが原因ともなり悪循環の可能性もあります。
 症例により好酸球増多が見られない場合もかなりある印象です。
 本院では、現在は下記の様に考えています。

  ・逆流性食道炎を疑ったら胃カメラを実施
   食道に白斑や縦走ひだがあれば好酸球性食道炎を疑い生検
  ・慢性の胃腸症の症状では胃カメラ、大腸ファイバーを実施し微細な所見でも生検
  ・小児の長引く消化器症状では、好酸球性胃腸炎も想定し末梢血の好酸球を測定し、アレルギーの
   診断も行う。
  ・好酸球増多を認めたら、鑑別に好酸球性消化管疾患を考える。








1 好酸球性胃腸症 - コピー.pdf

2 好酸球性食道炎コピー.pdf

3 好酸球性消化管疾患 ガイドライン.pdf

4 MP 好酸球性胃腸炎.pdf













posted by 斎賀一 at 18:42| Comment(1) | 消化器・PPI
この記事へのコメント
先生、お世話になっております。

ご多忙のところ、ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

よろしくお願いいたしますm(__)m

仕事がなかなか休めないので、家族が健康でないと難しいですね。
Posted by at 2021年03月15日 07:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: