2021年02月26日

モデルナのワクチンのアレルギー反応;MMWRより アナフィラキシーを含めて

モデルナのワクチンのアレルギー反応;MMWRより
 アナフィラキシーを含めて
 
Allergic Reactions Including Anaphylaxis After Receipt of the
First Dose of Moderna COVID-19 Vaccine − United States,
December 21, 2020–January 10, 2021



30226.PNG

       

 モデルナのワクチンによる1回目接種後のアナフィラキシーを含めた有害事象が、CDCのMMWRより
報告されています。


1) CDCが、12⽉14⽇から1⽉13⽇までの最初の1ヶ⽉のデータを纏めています。
   ワクチン接種404万1,396回で、10例(2.5例/100万回)にアナフィラキシーが発現し、
   9例は15分以内、1例は45分後に発現していました。
   モデルナのワクチン1回接種で1,266例(0.03%)に有害事象の報告がされました。
   そのうち、アナフィラキシーを含む重度のアレルギー反応の可能性がある108例を調査しています。
   これらのうち更に10例(2.5例/100万回)がアナフィラキシーと判断され、うち9例はアレルギー
   またはアレルギー反応の既往(薬剤6例、造影剤2例、⾷物1例)があり、そのうち5例は
   アナフィラキシーの既往がありました。
   10例全てが女性でした。ただし接種者は女性が男性の3倍多いようですが、女性が多い傾向は
   ファイザーのワクチンでも同様に認められています。
   アナフィラキシー発現例の平均年齢は47歳(範囲:31〜63歳)
   接種から症状発現までの中央値は7.5分(範囲:1〜45分)で、9例が15分以内、1例が45分後
   でした。    
   10例すべてがアドレナリン(エピネフリン)を筋⾁内投与されています。
   6例が⼊院し(うち集中治療室が5例、そのうち4例が気管内挿管を要した)、4例が救急科で治療を
   受けています。
   その後の情報が⼊⼿可能な8例は、回復もしくは退院しました。
   アナフィラキシーによる死亡は報告されていません。

2) アナフィラキシーではないと判断された98例のうち、47例は非アナフィラキシー性のアレルギー
   反応、47例は非アレルギー性の有害事象と判断され、4例は評価に⼗分な情報が得られなかった
   ようです。
   非アレルギー性はほとんどが迷走神経反射で、失神発作です。
    (一部ケアネット参照)

3) 1回目の接種でアレルギー反応が認められた人は、2回目の接種は避けるべきです。
   接種する人に対して、アレルギー反応について詳しく事前に説明し、接種後の対応も接種会場
   より離れる前に充分なコンサルトをすべきです。





          30226-2.PNG
          30226-4.PNG




          30226-3.PNG          



    
    
     
私見)
 重度な有害事象は、アレルギー反応の既往歴のある方のようです。
 十分な問診が必要のようです。








モデルナmmwr.pdf










posted by 斎賀一 at 18:12| Comment(1) | ワクチン
この記事へのコメント
アレルギー反応の既往のある方は問診票に書くことと、接種の前にはちゃんと口頭でも伝えておく方がいいんですね。
Posted by at 2021年02月26日 23:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: