2020年11月16日

脳梗塞患者に小さな未破裂脳動脈瘤ある場合はアスピリンを服用しても安全

脳梗塞患者に小さな未破裂脳動脈瘤ある場合はアスピリンを服用しても安全
 
Safety of aspirin use in patients with
stroke and small unruptured aneurysms



21116.PNG



 脳ドッグなどでMRIを実施して、偶然に脳動脈瘤が発見される場合が多くなりました。
疾患の早期発見、早期治療の観点からは有益性があるのですが、悪く言えば患者さんにとって心配が
増えてしまいます。
小さな未破裂脳動脈瘤に対する治療方針は、色々な文献やネットでも参考になりますので調べて下さい。
Uptodateより表を拝借し、ネットでも調べた資料を下記に掲載します。
 実地医家にとってラクナ梗塞や脳梗塞、一過性脳虚血発作の患者さんが頭部MRIを行って、たまたま
未破裂脳動脈瘤が見つかることがあります。抗血小板療法を続けるか中止するか迷う点です。

 今回雑誌neurologyより示唆に富む論文が掲載されていますので纏めてみました。


1) 今までの報告では、短期間のアスピリン服用で未破裂脳動脈瘤からくも膜下出血の危険があると
   する一方で、アスピリンの抗炎症作用によりその危険は低下するとの逆の論文もあります。

2) 今回は中国からの報告です。
   7mm以下の未破裂脳動脈瘤で、同時に一過性脳虚血発作、脳梗塞、無症状のラクナ梗塞を合併
   している患者が対象です。
   また未破裂脳動脈瘤の形態がdaughter sacやfusiformの場合は除外しています。





         21116-2.PNG     
          ブレブとdaughter sacは同じです。



   1,730人が登録して、アスピリン服用群は37%、非服用群が63%です。

3) 結論
   31か月の経過観察です。未破裂脳動脈瘤の破裂は全体で12例(0.7%)でした。
   内訳はアスピリン服用群で1例(0.16%)、非服用群で11例(1.01%)です。

4) アスピリン服用は一過性脳虚血発作と脳梗塞の虚血増悪のイベント減少には繋がりましたが、
   無症状のラクナ梗塞のさらなるイベント防止には効果は認められませんでした。






私見)
 無症状のラクナ梗塞の患者さんには、あえてアスピリン服用は必要でないかもしれませんが、一過性
 脳虚血発作や脳梗塞の二次予防に、小さな未破裂脳動脈瘤があってもアスピリンは服用すべきかも
 しれません。
 患者さんとのインフォームドコンセントが重要になります。
                                         Uptodateより




              21116-3.PNG  ←クリックで拡大







本論文 脳動脈瘤 アスピリン.pdf

1 noushinkeigeka_.pdf

2 Unruptured Intracranial Aneurysms.pdf













   
posted by 斎賀一 at 18:30| Comment(0) | 脳・神経・精神・睡眠障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: