2020年10月30日

大腸ファイバーは二度挿入する

大腸ファイバーは二度挿入する

Two vs one forward view examination of right colon on adenoma
detection: an international multicenter randomized trial



21030.PNG



 大腸ファイバー検査は見落としが無いように体位変換をしたりと工夫が大事ですが、今回の論文では
上行結腸を再挿入し、二度調べる方法が有用との報告です。


簡単に纏めますと

• 大腸検査で、大腸の一番奥の回盲部に到達すると一仕事完了の気分になります。
  そこから注意深くファイバーを抜いてくる通常方法(standard withdrawal colonoscopy;SWC)
  と、肝曲部(上行結腸の入り口)まで抜いてきたら、もう一度上行結腸に再挿入して二度調べる方法
  (Second forward view ;SFV)とを比較検討しています。

• 2016〜2019年の1,011例の症例を、二度挿入群502例と通常群509例に振り分けています。
 上行結腸のポリープ発見率は、二度挿入群が27.1%に対して通常群は21.6%と明らかに二度挿入群
 の方が診断確率を上げています。
 その結果、経過観察の必要な症例が二度挿入群で3%増加しています。
 検査の時間も、抜いてくる時間を比較しますと二度挿入群が12分、通常群は10.5分で1〜2分の差
 でした。





私見)
 何事も大事をとって、二度行う必要があるでしょうか。
 話は変わりますが、新型コロナの場合も必要なら二度検査することも可能とのこと。
 職員の皆さんにはご負担をお掛けいたします。
 本日はおいしい高級団子を、一人二本プレゼントします。






Two vs one forward view examination of right colon on adenoma detection_ an international multicenter randomized trial - Clinical Gastroenterology and Hepatology.pdf











posted by 斎賀一 at 17:42| Comment(1) | 消化器・PPI
この記事へのコメント
先日お話した美容師の話の続きなのですが、8月に朝日テレでやってる、スッキリで銀座の街閉店続出と言う話題で、取材をうけて取り上げられたりもしたのですが...

コロナで都内も人が激減して、特に銀座はインバウンド客が多かったのが、それが全くいなくなってしまって。
行くとコロナの前とは別の場所みたいです。

更に緊急事態宣言が実施されて、2ヶ月お店を営業できなくなってしまい、さまざまな業種が打撃をうけて、テナント代や人件費などが払えなくなって、そのまま閉店してしまったり、ほんとに空き店舗が目立ってました(-_-;)

しかも、テナントの契約が残っていて仕方なく開けているお店や、年内は持ちこたえられても来年は...厳しいとこも多いみたいで、まだまだ閉店するお店もあって、大変な事になってるみたいです。

私の担当の美容師さんも9店舗都内にお店を持っていて、100人も従業員の方がいらっしゃるので、2ヶ月お店を営業ができなかったので、それは大変なことで。

そこで、都内の飲食店、美容関係のお店などが一斉にクラウドファンディングをして、私の美容室も顧客が支援して、1ヶ月で1600万集まってなんとか経営危機を乗り切ったようです。

私の担当の美容師さんは、1店舗目からきてる自分のお客を大切にしていて、1年目で新規を取らなくなってるので、そこからのお客さんがだいぶ支援したようです。

私もやりましたが、お返しで美容室で使えるチケットを15%増しでリターンをいただきました。

私たちの業種もだいぶ風評被害をうけて、一時、一部のお客さんにうつされると怖いとか直接言われたり、敬遠されたりもしてましたが、それでも気にせずねぎらいの言葉をかけて下さり、沢山きてくださる方もいて、今はお客が逆に増えてきて、対応できなくてヘトヘトで腐ったりもしてましたが、有り難い事ですよね。

もっと大変な方も沢山いらっしゃるので、頑張らないとですね‼
Posted by at 2020年11月01日 10:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: