2020年10月12日

サイトメガロウイルス雑感

サイトメガロウイルス雑感



21012.PNG
 


     
 サイトメガロウイルス(CMV)は実地医家にとって稀な感染症ですが、鑑別疾患としては重要な疾患
です。
しかし、捉えどころが難しく常に想定しなくてはなりません。様々な文献から紐解いてみました。


1) まずはmedical practiceより総論的に調べますと
   サイトメガロウイルス(CMV)はヘルペス科に属します。
   感染は乳幼児期に成立し、通常は無症状です。
   感染経路は母子感染(経胎盤、母乳)、唾液、尿の接触、輸血、性交渉などです。
   初感染後はIgG抗体で中和されますが、その後はlatent infection(既感染、潜伏感染)として
   単球、CD34陽性細胞、内皮細胞、などの種々の細胞に潜伏感染しているため、全臓器において
   再活性化が起きます。 (PDF1参照)
   敗血症、外傷、熱傷、多臓器不全、輸血、移植での炎症性サイトカインが再活性化を誘発します。
   その他の誘因はPDF1参照   その他の特徴もPDF1参照
   要は不明熱、リンパ節腫大、肝障害、原因不明の消化器症状などの曖昧模糊としたときにはCMV
   でしょうか。

2) 伝染性単核球症の原因としてEBウイルスとともにCMVがあります。
   ・3日以上の発熱
   ・抗生剤で改善されない
   ・頚部リンパ腺の腫大
   ・脾腫
   ・白苔が扁桃腺に附着
   ・ペニシリン系で薬疹が出る
   以上の症状の時に伝染性単核球症を疑いますが、CMVでは頸部リンパ節腫大、脾腫、扁桃腺の
   白苔などはEBVより軽度と言われています。
   しかし小児の場合は、やはりそれなりに認められるようです。
   本院では次のステップとしては菊池病を疑いますが、文献的にはその他疾患を鑑別する必要がある
   との事です。下記の伝染性単核球症PDFを参照ください。

3) 消化器症状を呈するCMVが注目されています。
   腹痛、下痢、血便など多彩な腹部症状です。
   鑑別に苦慮することが多々ありますが、逆に原因が不明の場合は常にCMVを想定します。
   胃から大腸、直腸に至る多発性の潰瘍が認められます。潰瘍性大腸炎の増悪時には、特に注目
   されています。
   総論としてクリーブランドジャーナルの文献と、胃と腸より図譜をPDFにしました。

4) 不明熱の鑑別の病名に常に挙がります。
   一つのキーポイントとして白血球減少、リンパ球減少、異形リンパ球がありますが、EBVほどには
   著明でないとも言われており、実地医家としては、発熱疾患なのに白血球が増えていない場合を
   チェックしたいと思います。
   下記に、書籍から白血球減小と随伴症状をお借りしてPDFにしました。

5) 症例集より拝借しました。
   1例目はEBVと思ったらCMVであった。
   2例目は感染性胃腸炎から劇症心筋炎に至ったCMVも想定される症例
   3例目はHIVとの合併例です。
   何れもライブ感を重視するあまり、書籍より拝借してしまいました。




◆参考文献

 ・最近話題のウイルスおよび原虫感染症
  Medical Practice vol.33 110.1 2016
 ・誰も教えてくれなかった[風邪の診かた]   医学書院
 ・知っておきたい小腸疾患  胃と腸  v54 n4 2019
 ・知っておきたい直腸肛門部病変  胃と腸  v53 n7 2018
 ・腸管感染症 最新の話題を含めて 胃と腸  v53 n4 2018
 ・消化管の病理 医学書院
 ・カンファレンスで学ぶ診断力向上の『極意』  日経BP社
 ・帰してはいけない小児外来患者   医学書院
 ・見逃し症例から学ぶ日常診療のピットフォール   医学書院
 ・不明熱の診断学   文光堂
 ・その他文献は直接下記にPDFとして掲載します。






1 PDF1.pdf

2 伝染性単核球症.pdf

3 CMVと消化管1.pdf

4 不明熱.pdf

5 症例集.pdf

6 サイトメガロウイルス(CMV)腸炎合併 潰蕩性大腸炎[症例集].pdf

7 Cytomegalovirus colitis.pdf

8 サイトメガロ 新規検査.pdf














posted by 斎賀一 at 19:54| Comment(0) | 感染症・衛生
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: