2020年09月12日

新型コロナのワクチンは急がず、慌てず、安全に

 
新型コロナのワクチンは急がず、慌てず、安全に
 
Covid-19: Less haste, more safety



20912.PNG

 
  

 英アストラゼネカが、有害事象の発生を受けて新型コロナウイルスワクチンの臨床試験を中断したとの報道があり、実用化の遅れが懸念されています。
雑誌BMJの論説にも、ワクチン開発は慎重にとのコメントがありました。



意訳しますと

 新型コロナの免疫が解明され、ワクチンがやがて実用化されるものと、ほとんどの人が信じています。
しかし、WHOはワクチンに対する最低限の条件を付けています。
50%の効果、温度に対する安定性、比較試験の適正化、製品の迅速な改良などです。
しかし、巷にはワクチンはないよりもましだろうとか、重症化を抑制できればそれでよしとする考えが広がっています。そこに各国の国家戦略も加わり、ロシアでは第三相試験を省略して実施にこぎつけています。
既に世界は冷戦の様相です。まるでマラソンが始まった瞬間に先頭に躍り出たからと言って、自分が勝者だと認定しているようなものです。

 新型コロナが流行し始めたとき、医療従事者は不十分な防御で働いていました。
もう医療従事者はスケープゴートではありません。
当初は不十分であった公衆衛生的な介入も、適切に運用しなくてはなりません。
インフルエンザの流行、慢性疾患の適切な医療体制など迫りくる危険がありますが、ほんの少しだけ時間的な余裕があります。
物事を条件反射的に決めるのでなく、考え抜かれた戦略が大事です。





私見)
 よくよく反省しますと、今までの人生で慌てて飛び乗って、いいことは何もありませんでした。






Covid-19_ Less haste, more safety.pdf










posted by 斎賀一 at 13:34| Comment(1) | 小児科
この記事へのコメント
新型コロナウィルスワクチンの開発は、政治的背景や覇権争いの渦に巻き込まれているような気がします。本当に安全に開発してもらいたいと思います。
さて、新型コロナウイルスワクチンが開発されて、仮に、日本で承認になった場合、正にハムレットの心境です。
「生きるべきか、死ぬべきかそれが問題だ」という名言があります。基礎疾患を持つ人達は、承認になってもワクチンを「打つべきか、打たざるべきか、それが問題だ」で悩むはずです。理由は、初めての接種なのでその影響が心配だからです。
例えば、新エンジンを搭載したフルモデルチェンジされた車を購入する場合は、いろいろな不具合があるかも知れないので、少し時間を空けて購入するのが良いといわれています。理由は改良されてさらに良いものになるから。
そういう視点から、新型コロナウイルスワクチンが承認されても、基礎疾患を持つ者として、現在・今の心境は、直ぐに接種するのではなく、周りの状況を把握してまずは、様子見しようと思っています。
当然に、新型コロナウィルスに感染しないように継続的に基本を守り、インフルエンザワクチンは必ず接種したいと思います。

Posted by at 2020年09月14日 12:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: