2020年09月08日

小児の新型コロナ・韓国からの報告

小児の新型コロナ・韓国からの報告
 
Clinical Characteristics and Viral RNA Detection in Children
With Coronavirus Disease 2019 in the Republic of Korea



20908-2.PNG



 今回の新型コロナに関して、韓国ではプライバシーを抑え徹底的なPCR検査を実施していました。
患者及びその接触者、疑いの人、外国からの帰国者はすべて追跡調査、並びに隔離政策を行って
います。今回の論文はそれらの人全員のPCR検査なので、特定患者でない点がより広い意味合いと
なっています。
 2020年2月18日から3月31日までの19歳以下の小児を対象に報告しています。


纏めてみますと

1) 91人を登録して繰り返しPCR検査を実施し、平均で22日間の経過観察です。

2) 家庭内感染が63%です。
   無症状が22%、軽症が51%、中等症が22% (胸部レントゲン所見あり)
   重症例は2%でした。

3) 発熱は68% (そのうちで56%は37度台です。)
   呼吸器症状は60%、消化器症状は18%、味覚嗅覚障害は16%です。

4) PCRの持続陽性期間は、症状のある71人で平均11日間ですが、そのうち7人(10%)は21日間も
   陽性でした。
   しかし無症状の人でも平均で14日間陽性で、4人は21日間も陽性でした。
   呼吸器症状のある小児では、平均で20日間の陽性が続いています。

5) 死亡例はありませんでした。

6) 論評では、症状のある小児だけを封じ込めるだけではパンデミックを抑制できないとしています。





         20908.PNG





      
私見)
 私の嫌いな言葉にウイズコロナがあります。
 この論文を読んでウイズコロナ感染者の印象です。
 
 あの人もあの頃ははつらつとしていました。
 私は開業医としての総決算のつもりで、今は粛々と千曲川を渡る気持ちです。
 相手はもちろん正面突破のインフルエンザです。






小児 コロナ jama (2).pdf











 
posted by 斎賀一 at 18:28| Comment(1) | 小児科
この記事へのコメント
先程はご迷惑をお掛けしてしまい、申し訳ありませんでした。

家で朝、昼、夕方検温してきた時は、36.5℃だったのですが、行く直前にお風呂に入ってから来て、先生のとこに着いたら緊張してきたのと布マスクが熱くて、汗がタラタラ出てきたので、微熱があるかもと念の為検温していただきました。

家に戻って、落ち着いてから新しく買った体温計2本で、交互に検温してみたら、36.6℃に戻ってました。

その後1時間ごとに測ってみましたが、そんな感じです(・・;)

ここ2年位、絶賛更年期中なのですが。
その頃から急にカ―っと熱くなり汗がタラタラでたり、一瞬微熱がでたりします。

伺う前に出ていたら念の為、控えたのですが申し訳ありませんでしたm(__)m

元々職場では、先程の体温だと出勤OKですが、実際今感染したら転職しないとです(-_-)

正直なところ、コロナの感染者が出る度に市のホ―ムページに年齢、職業など詳細が公表されるのもどうなのかと思いますが...。

明日、明後日こまめに検温するようにいたします。

ありがとうございましたm(__)m

Posted by at 2020年09月09日 21:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: