2020年08月03日

新型コロナの臨床症状・スマホからの回答

新型コロナの臨床症状・スマホからの回答
 
Real-time tracking of self-reported symptoms
to predict potential COVID-19



20803.PNG


     

 すでに多くのネットでも紹介されていますが、英国とアメリカでスマホのアプリを用いた新型コロナの
可能性がある人の追跡調査を、リアルタイムで自己申告した報告がありました。

日本では第二波が問題となっており、その多くが若者で軽症者とのことです。
本院でもブログしてみました。
もちろんスマホを利用した人は新型コロナを心配して登録していますので、他のウイルス性疾患も含まれ
ます。しっかりした登録基準がない代わりに、リアルタイムで実態を把握できます。
登録者の中で、新型コロナのPCR検査を受けて診断できた人だけを調査しています。


纏めてみますと

1) 登録者は2,618,862人(イギリス人は2,450,569人でアメリカ人は168,293人)です。
   PCR検査までいった人は、イギリス人は15,638人でアメリカ人は2,763人です。
   そのうちでPCR陽性者は、イギリス人が6,452人でアメリカ人は726人でした。




         20803-2.PNG






2) 結論
   下記の図からわかるように、軽症者の場合は味覚嗅覚異常、倦怠感、持続する咳、食欲低下の
   組み合わせが診断に有用でした。




         20803-3.PNG
 






私見)
 以前の私のブログで紹介した味覚嗅覚異常の集団とは異なり、一般外来で風邪症状の患者さんに匹敵
 すると思われます。
 十分に心して診療にあたりましょう。
 昨日のNHK「小さな旅」で、集落の農村家庭工場で元気に働くお年寄り達を紹介していました。
 その中に感動的な言葉がありました。


「辛抱仕事」






本論文.pdf

ブログ1.pdf

ブログ2.pdf

ブログ3.pdf










posted by 斎賀一 at 20:14| Comment(2) | 感染症・衛生
この記事へのコメント
大阪の知事の会見で、ポピドンヨ―ドでの1日4回のうがいが、コロナウィルスの重症化抑制に効果があるとの事でしたが...

コロナウィルスの院内感染予防対策として、手指の消毒と、あくまでここでの事で自宅では常用しないようにお伝えしてから、イソジンやアルコ―ル成分の入ったうがい薬で、診療前にガラガラうがいをお願いしてはいましたが。

どうなんでしょうか?やり過ぎると、口腔内の良性の最近を破壊してしまったり、甲状腺の機能低下を招いてしまったりとかもあるようですが。

水でのうがいでも充分だとの見解もありますが...

先生はどうなんでしょうか?
Posted by at 2020年08月05日 08:25
すみません、変換ミスをしてしまいました、最近ではなくて、細菌です(^-^;

よろしくお願いいたしますm(__)m
Posted by at 2020年08月05日 08:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: