2020年06月30日

7月を迎えるにあたり・なお一層のレベルアップ

7月を迎えるにあたり・なお一層のレベルアップ
    <院内報告>



0630.PNG

    


 新しく看護師Kさんが、7月から本院に加わります。
今まで以上に患者さんに応えられるよう、十分な体制を構築してまいります。

 人生振り返りますと、もう少し大人になっていればもっとうまく立ち振る舞えたのではと後悔します。
しかし、所詮人間は変われないので、人生をやり直しても同じ結果になっているような気がします。


 若い頃、ある女性にプロポーズの手紙を投函しようとポストに向かいました。
ポストの手前の信号を遥か見て、一瞬立ち止まってしまいました。もしあの信号が青なら、そのまま
渡って投函しようと心に決め歩き始めました。残念ながら信号を渡る手前で赤に変わって、立ち止まって
しまいました。当然相手の女性は、優柔不断の私に三下り半を突き付けてきました。
それ以来、私の人生の節目は、信号機と高島易断と、最後には自分の勘が頼りです。


 看護師のKさんを採用しようとした時はコロナ前でした。
公的病院に勤務していたKさんに声を掛け、快く承諾してくれました。
今回のコロナ・ダメージで多くの医療機関は大変な状況です。Kさんも転職するにあたり、大丈夫かと
悩んだものと推測します。
 今までにもいろいろな事情で本院を去って行った職員がいます。
しかし振り返ってみますと、現在勤務し頑張っている職員も皆、勘で本院を選んで、嫌なことがあっても
勘で勤め続けてくれています。

 私は以前より思うのです。進も退くも自分の勘が頼りだと。
自分の勘だけで今の女房と結婚して満足しています。
職員の皆さんに「勘が間違っていた」と言われないように、医院長として頑張りたいと思います。


 そんな訳で、Kさんには大変不本意ながら3密を避ける意味もあり、歓迎会は中止とさせて頂きます。
忘年会の時に歓迎会を併せて開催いたします。









posted by 斎賀一 at 18:36| Comment(3) | その他
この記事へのコメント
こういう投稿を見ますと先生の人生を垣間見させていただいているようで本当にブログを拝見し続けてよかったと思います。十数年前にまだ小さい息子を先生に診てもらったとき、一瞬だけ見せた先生の笑顔を今でも忘れることができません。医師と患者にも相性のようなものがあるのかもしれませんが、私は先生の病院を知ることができてよかったと思います。これが私の「勘」ということになるのでしょうか。これからも御ブログを楽しみにしています。
Posted by kaoru at 2020年07月01日 01:24
先生、高齢者?特定健診は内科診察はなしなんですね...

父の指の被れ、診てもらいそびれましたが、私が行くときに治ってないようでしたら、写メ撮っていきます。

痒いと言ってますが、以前のグズグズ感はなくなりました。

またよろしくお願いいたします
Posted by at 2020年07月01日 23:45
引き抜かれて現部署に在籍してる中、元部署から声がかかり、戻るか留まるか迷っているこの私も、最後は勘とタロット占いで決めたいと思います…
人生は全てにおいて勘と決断を繰り返してますね。
Posted by at 2020年07月02日 19:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: