2020年06月26日

高齢者における降圧剤の減薬

高齢者における降圧剤の減薬
 
Effect of Antihypertensive Medication Reduction vs Usual Care on Short-term
Blood Pressure Control in Patients With Hypertension Aged 80 Years and Older 
The OPTIMISE Randomized Clinical Trial



20626.PNG




 以前に私のブログでも紹介しましたSPRINT研究は、厳格治療を推奨しています。
目標は120以下を設定していますが、その後の論文でも反対意見が散見されます。下記の私のブログ
からのPDFをご参照ください。
 今回は雑誌JAMAより80歳以上の高齢者を対象に、降圧薬の減薬をデザインした研究が発表になり
ました。
SPRINT研究では80歳以上の高齢者は1/3にも満たしていませんでした。


纏めますと

1) 対象者は80歳以上、血圧が150以下に安定していて、降圧薬を少なくとも2剤以上服用している
   患者です。



          20626-2.PNG




   除外はこの1年間に左心不全、心筋梗塞、脳卒中の既往のある人、2次高血圧、本研究を理解
   できない人です。

2) 69のプライマリケアが参加しています。
   降圧薬を1剤以上減薬した群282名と、通常のコントロール群の287名に振り分けています。
   平均年齢は84.8歳です。
   主要転帰は12週間後(3か月後)の血圧が150以下になっているかです。
   2次転帰は降圧薬の減薬が継続されているか、フレイル、QOL、副反応、重大な事例の発生です。
   Per protocol解析を行っています。その結果、減薬群は185名でコントロール群が269名となって
   います。
   減薬が維持できたのは187名の66.3%です。





          20626-3.PNG






3) 結果は12週間後の血圧は減薬群の方がコントロール群に比較して3.4mmHg高めでした。




          20626-4.PNG
          20626-5.PNG



  重大なイベント(事例)は減薬群で12例(4.3%)に対してコントロール群では7例(2.4%)でした。


          20626-6.PNG





4) 結論として、高齢者に対して降圧薬を1剤減らす事は12週の時点では非劣性でした。

5) 考察
   実地医家が中心の研究のため降圧剤の更なる減薬に関しては、プロトコールから逸脱するため
   躊躇したようです。
   本研究の降圧剤の減薬はマイルドでした。
   本研究がステップアップして更なる減薬に繋がる事を筆者は期待しています。




 私見)
  日本でのガイドラインは基本的に少量多剤併用です。
  最近では降圧剤も合剤が多くなっています。減薬する時にはやや不便です。
  その点を考慮しつつ果敢に減薬、減量してまいります。
  まさか高齢者の長期効果の判定は出来ないと切り捨てるのではない事を祈ります。







JAMA.pdf

高齢者にも血圧を120以下に_ _Font Size=_6_斎賀医院壁新聞_Font_.pdf

高血圧のガイドライン : AHAより_ _Font Size=_6_斎賀医院壁新聞_Font_.pdf

降圧目標は120以下か?_ _Font Size=_6_斎賀医院壁新聞_Font_.pdf

厳格降圧療法;SPRINT研究の再考_ _Font Size=_6_斎賀医院壁新聞_Font_.pdf

65歳以上の血圧治療について_ _Font Size=_6_斎賀医院壁新聞_Font_.pdf













posted by 斎賀一 at 19:39| Comment(0) | 循環器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: