2020年06月23日

新型コロナの無症状者の自然経過  ダイアモンド・プリンセス号

新型コロナの無症状者の自然経過
 ダイアモンド・プリンセス号
 
Natural History of Asymptomatic SARS-CoV-2 Infection



20623.PNG

   

 記憶にも新しいダイアモンド・プリンセス号における日本からの報告が、雑誌NEJMに掲載されて
いましたのでブログしてみます。



1) 乗客及び乗組員3,711名の内712名が、新型コロナに感染しました。
   更にその中の410名(58%)は、最初にPCR検査をした時点では無症状でした。

2) 先ず一陣としてPCR陽性で無症状の96名(乗客と乗組員)と、PCR検査で陰性のCabinmate
   (乗客)の32名を、ダイアモンド・プリンセス号より下船して基幹病院に入院しました。
   入院後に96名中の11名が新型コロナの症状が出現しています。PCR陽性判定後の平均で4日後
   でした。この場合は無症状と言うよりは発症前(presymptomatic)と考えられます。
   Presymptomaticの頻度は年齢とともに頻度が増加しています。
   cabinmateの32名の中で8名が、観察入院後72時間でPCR検査陽性となっています。
   最終的に90名が無症状のまま2度目のPCR検査で陰性となっています。

3) 結論
   最初のPCR検査から入院後のPCR検査の間隔は、平均で6日でした。
   最初の陽性判定から2回目の検査で陰性に回復した間隔は、平均で9日です。
   この回復期間の遅れは年齢と共に増加しています。
   多くの無症状者はそのまま無症状でした。(90/96+32;70%)




          20623-2.PNG



 
 今一度上の図を参考にしますと
 ・3密の場合に感染者がいると言うセッティングでは、最初にPCR検査が陰性でもその後陽性に
  なる確率は29% (8/28)
 ・最初のPCR検査は陽性でありながら無症状の場合でも、その後に症状が出る場合は、11%(11/96)
  あります。





私見)
 クラスターが発生した場合は、やや高齢者においては、最初のPCR検査が陰性でもやがて陽性になる
 率は30%あるので再検査が必要です。
 また、無症状で陽性でもやがて10%の人に症状が出現します。
 前回のルーズベルト号のブログと比較しますと、クラスター、3密、高齢者の場合には当たり前ですが
 経過観察が必要です。
 また、高齢者の場合はウイルス学的に回復が遅くなります。




          20623-3.PNG




インフルエンザ同様に、高齢者には様々な面で注意が必要です。
ついでながらネットの情報を下記に掲載します。






COVID-19_pandemic_on_Diamond_Prin.pdf












  
 
posted by 斎賀一 at 18:30| Comment(0) | 感染症・衛生
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: