2020年06月15日

胆嚢ポリープの予後・20年間経過観察

胆嚢ポリープの予後・20年間経過観察
 
Outcomes of Gallbladder Polyps and Their Association
With Gallbladder Cancer in a 20-Year Cohort


20615.PNG

      


 日本でのガイドラインでも胆嚢ポリープが1cm以下の場合は癌化の可能性は殆ど無いとされていますが、それを実証した論文が雑誌JAMAに掲載されています。


纏めてみますと

1) エコー検査により成人では4%に胆嚢ポリープが認められると言われています。
   しかしポリープの成長と癌化の関係は明白でありません。
   1995年から2014年の20年間で622,227名を対象に調査して、胆嚢ポリープのある35,970名
   (5.7%)と胆嚢癌の365名(0.058%)を登録し比較検討しています。
   胆嚢ポリープを6mm以下、6~10mm、10mm以上の3群に分けています。
   主要転帰は経過中でのポリープ成長が少なくとも2mm以上としました。

2) 登録患者は、胆嚢癌の365名と胆嚢ポリープの35,856名です。
   胆嚢癌の患者で胆嚢ポリープを有する人は22名(22/365名 ; 6%)でした。   
   胆嚢ポリープのある人で胆嚢癌は19名で、頻度は19/35,856名(0.053%)に対して胆嚢ポリープ
   の無い人の胆嚢癌の発生頻度は316/586,357名(0.054%)と同じ頻度でした。

   統計を調整しますと
   胆嚢癌の発生は全体で11.3人/100,00人/年です。
   胆嚢ポリープが2mm以上成長する頻度は
   最初に6mm以下では1.3人/100,00人/年
   最初が10mm以上では128.2人/100,00人/年
   経過観察の評価が出来た6,359名を対象として、2mm以上の成長を10年間で見ますと、
   最初が6mm以下では66.2%で
   最初が6~10mmでは52.9%の成長の可能性でした。




          20615-2.PNG




       
3)結論
  胆嚢癌の発生は、胆嚢ポリープの有無と関係がありませんでした。
  胆嚢ポリープの成長は自然史かもしれません。

4)考察
  大きな胆嚢ポリープは小さいものよりも胆嚢癌の発生が多いと考えられていますが、それでもその
  頻度は低いです。
  最初に10mm以下で診断された胆嚢ポリープは殆ど癌には移行しませんが、10mm以上の胆嚢
  ポリープも癌化するのは最初の1年です。
  それすらも本来は最初にポリープとするよりもmass(腫瘤)と診断すべきかもしれません。




          20615-3.PNG

         

    

  胆嚢ポリープは自然史として成長する事があり、それは継続しています。
  重要な点は、それが癌化には結びつかないと言う事です。
  また5年間成長しなかったからと言ってその後も安定しているとは限りません。




          20615-4.PNG




 
   従って、10mm以上の胆嚢ポリープや2mm成長で予防的に胆嚢切除は推奨しません。
  ガイドラインの推奨しているように7~10mmの胆嚢ポリープでは、1〜2年に1回のエコー検査で十分
  だと思います。
  10mm以上では一回は1年以内の再検を勧めます。






私見)
 胆嚢ポリープは、90%以上が良性のコレステリンポリープと言われています。
 本論文の価値があるのは、経過観察によってポリープが成長しても慌てる必要が無いと指摘している
 点です。
 問題は最初の診断です。書籍からその点をまとめましたので次回のブログで紹介します。
 職員の皆さん、患者さんの説明に利用してください。







本論文胆嚢ポリープ.pdf











posted by 斎賀一 at 19:32| Comment(1) | 消化器・PPI
この記事へのコメント
先輩とお互いにそれなりの年齢なので、今日はポリープの話題で終始しました。先輩は、半年前に大腸ポリープを三個所切除したとのこと。麻酔で検査及び切除は苦しくなかったが、前段階で大変でまいってしまったことなど。もう、検査したくないなど。
さて、胆嚢ポリープはどうなの?あるの?と私の質問に、「えっ。胆嚢にもポリープができるんだと」胆嚢に石ができるのは把握してたようですが、胆嚢にポリープができることは知らなかったようです。無い知識をかざして「10mm以下は、経過観察みたい」と私。先輩は今度、エコー検査の機会あったら聞いてみるとのこと。ここのブログ役立ちました。ありがとうございました。
またお互いにある、肝臓の嚢胞の話にもなり、癌になる、ならないなど。大いにディスカッション。最後には、最近のエコー検査は機器の精度が上がってるから、なんでもわかっちゃうからと。であんまり気にしないで楽しく過ごそうとの結論に達して別れました。
Posted by at 2020年06月29日 19:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: