2020年05月29日

小児の鼻のACE2レベルと新型コロナ その1

小児の鼻のACE2レベルと新型コロナ その1
 
Nasal Gene Expression of Angiotensin-Converting
Enzyme 2 in Children and Adults


    
20529-4.PNG




 子供には新型コロナが感染しにくく重症例が少ないとの報告がありますが、今回雑誌JAMAに上気道、この場合は鼻の粘膜のACE2のレベルに注目した短報がありましたのでブログしてみます。


1) 本研究は、喘息のマーカーを鼻の粘膜から調べる目的で始められています。
   2015~2018年間の4~60歳にかけて、鼻の粘膜をブラッシュで採取しRNA安定液に保存して
   ありました。
   305症例です。
   鼻の粘膜におけるACE2発現量を、下記の年齢別に調べました。
   ・10歳以下 ・10~17歳 ・18~24歳 ・25歳以上の4グループです。

2) 結果は下記のグラフのとおりで、明らかに年齢により直線的に増加しています。
   この結果は喘息の有無に関係がありませんでした。




          20529-5.PNG



   

3) 若い小児では鼻の粘膜にACE2の発現が少ない事から、新型コロナの侵入が抑えれているとして
   います。





私見)
 そうありたいものです。
 今季のインフルエンザには万全を期しましょう。







1 小児 鼻 ACE2.pdf












posted by 斎賀一 at 19:46| Comment(0) | 感染症・衛生
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: