2020年05月09日

小児におけるPPI使用は骨折の危険?

小児におけるPPI使用は骨折の危険?

 
Association Between Proton Pump Inhibitor
Use and Risk of Fracture in Children



20509.PNG
      


 胃酸分泌抑制薬の中でもPPIは最も効果的です。
その使用方法は、経験的データからと言うよりは専門家による意見に基づいています。
小児でもその使用は増加傾向ですが、安全性に関してのデータは少ないようです。


スウェーデンからの報告です。

1) 対象は18歳以下の小児です。2006年1月から2016年12月までの調査です。
   PPIを使用した115,933人に対して、使用しない115,933人を比較しています。
   5年間の経過観察です。

2) 結果は骨折がPPI群で5,354例、服用しない群では4,568例でした。
   PPI群の危険率は1.11です。1,000人当たりの年間発生率は、20.2対18.3でした。
   上肢の危険率は1.08、下肢は1.19、
   経年性の累積では、30日以内が1.08、31日〜364日が1.14、365日以上が1.34でした。
   長期処方で危険率が上がります。
   (1か月続けても効果が無ければ中止、効果があれば隔日服用かH2ブロッカーに変更が選択肢
   でしょうか。)

3) PPIを小児で使用する場合はリスクとベネフィットを考慮し、注意する必要があるとしています。






私見)
 咳喘息としてPPIを処方するのには、いささか抵抗を感じます。










posted by 斎賀一 at 15:46| Comment(0) | 小児科
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: