2020年04月18日

心不全の診断・BNPとProBNP

心不全の診断・BNPとProBNP
         <業務連絡用>



20418.PNG




 心不全の血液検査のマーカーとして以前はBNPを採用していましたが、採血管の問題でProBNPを
多用しています。最近、迅速検査機器の導入によりBNPも復活しました。
其々に注意事項がありますが、一般的には 4×BNP=ProBNP です。 (個人的には5×)
 現在ProBNPが500以上で心不全とし、1000以上で治療の見直しとしていましたが、BNPの場合は
100以上で心不全、200以上で治療変更と考えます。
詳しくは下記のグラフです。
 

本院では慢性患者さんの定期採血としてProBNPを採用し、新患又は労作時呼吸困難の患者さんは
迅速でBNPを調べ、50以上で心不全の更なる検査を行っていきましょう。

下記に以前まとめた手書きを掲載します。






心不全の診断・BNPとProBNP - コピー.pdf

BNP 手書きメモ.pdf












posted by 斎賀一 at 15:42| Comment(1) | 循環器
この記事へのコメント
情熱大陸、思ってた内容とは違ってました。

お時間取らせてしまって、申し訳ありませんでした〜m(__)m
Posted by at 2020年04月20日 00:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: