2020年03月30日

胃過形成ポリープの切除後の経過

胃過形成ポリープの切除後の経過
 
Risk of neoplastic change in large gastric hyperplastic polyps
and recurrence after endoscopic resection




20330-3.PNG




 胃のポリープは大きく分けて3つあります。 (詳しくは下記のPDFに纏めてみました。)
  ・過形成ポリープ(狭義) ・胃底腺ポリープ  ・腺腫性ポリープ
本院では腺腫性ポリープと2cm以上の過形成ポリープは生検しています。
 (胃底腺ポリープも本態は腫瘍性であり、5mm以上では1~6%の癌化率と言われています。)
過形成ポリープはピロリ菌感染、萎縮性胃炎との関連が指摘されています。
一般的に過形成ポリープは良性ですが、2~5%に癌化の可能性も報告されています。
過形成ポリープの45%に臨床症状があり、その内訳は
・貧血が80%、・上部消化管出血が11%、 ・鉄欠乏貧血が9%と、ポリープからジワジワと出血している
事を示唆します。

 今回1cm以上の大きい過形成ポリープを切除(ポリペクトミー)した後の経過観察を、11年以上行った
論文が載っていました。 



纏めてみますと

1) 対象者は1cm以上の過形成ポリープで、ポリペクトミーした後の2007~2018年間の経過観察
   です。
   108名の患者で検体は145例です。

2) 結果は、再発は51%(74/145)、悪性化は 10.4%でした。
   悪性化のリスクとしては、2.5cm以上が危険率 10.24
   腸上皮化生の危険率が 5.93でした。
   再発率に関しては、肝硬変が独立因子として挙げています。 (危険率4.82)

3) 過形成ポリープが2.5cm以上では悪性化する可能性があり、5.0cm以上では既に悪性となっている
   リスクが高い。又ポリペクトミー(切除)しても再発は50%もあります。
   生検で腸上皮化生を伴っている場合は、注意が必要です。





私見)
 胃ポリープに関しては種類があること、危険率も異なる事を理解してください。
 一般的に病変とは、既存の組織の衣を着て現れます。下図の表面の粘膜のsurface mucous
 epitheliumが表層の腺窩上皮です。Glandsが胃底腺です。腺窩上皮から発生したポリープが
 過形成ポリープで、Glandsの胃底腺から発生したのが胃底腺ポリープです。
 何れも多くが良性ですが、腫瘍性の形態を帯びているのが腺腫性ポリープで大きさに関係なく切除の
 対象としています。
 詳しくは下記のPDFと文献をご参照ください。




         20330-4.PNG






 

◆参考書籍と文献

 ・消化管の病理 第2版  藤盛孝博   医学書院
 ・胃と腸 2016年増刊号   消化管拡大内視鏡診断
 ・胃と腸 53(11): 1522-1528, 2018
 ・胃と腸 47(8) :  1192-1199, 2012




1 過形成ポリープ文献集.pdf

2 本論文.pdf

3 WOSについて.pdf  

 







posted by 斎賀一 at 18:09| Comment(0) | 消化器・PPI
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: