2020年02月29日

痛風発作の治療

痛風発作の治療

 
Open-label randomised pragmatic trial (CONTACT)
comparing naproxen and low-dose colchicine for 
the treatment of gout flares in primary care
Roddy E, et al. Ann Rheum Dis 2020;79:276–284



20229.PNG


 

 痛風発作の治療に関しては教科書的に多岐に亘りますが、今回の論文では、鎮痛解熱剤(NSAIDs)
の中でもナイキサンが第一選択薬としています。


纏めてみますと

1) ・NSAIDsとしてナイキサン群
    痛風発作時に、ナイキサンを初回に750mg投与、その後8時間毎に250mgを7日間投与する。
   ・コルヒチン群
    痛風発作時にコルヒチン1tab(0.5mg)を1日3回処方し4日間処方する。
    (古典的には、コルヒチンを1日に随時6tabまで服用していましたが、下痢の副作用があるため
     最近では少量療法が主流です。)




          20229-2.PNG
           今日の臨床サポートより




2) ナイキサン群200例とコルヒチン群199例を、疼痛スコアで1〜7日間比較しています。

3) 結果は、疼痛スコアで両者において差はありませんでした。
   ・副作用として、ナイキサン群はコルヒチン群と比較して
    下痢は20.3%対45.9%で、頭痛は10.7%対20.5%といづれもナイキサン群の方が優位
    でした。

4) 結論としては、ナイキサン群は速効性があり、副作用も少なくコストパフォーマンスが良い。




          20229-3.PNG

    

5) 最後にナイキサンの投与量について、色々な文献より纏めてみました。
   日本ではナイキサン1tab(100mg)です。
  

           20229-4.PNG 


          20229-5.PNG

          20229-6.PNG            


本邦ではセレコックス(100mg   200mg)です。






私見)
 従来はエビデンスより二フランを多用していましたが、今回様々な文献を検索しますと、ナイキサンが
 第一選択薬になっています。
 取り敢えず、下記の様に試してみます。

 ・ナイキサンを初回は2~3tab 、3時間毎に疼痛が軽快するまで
  最大1日3回まで。 翌日から3~6tab 分3を7日間
 ・プレドニンを初回は20mg~30mg、翌日より漸減して7~10日間
  5日間の短期も有効だが、再発に注意
  早期からの尿酸降下薬併用も可能
  (ナイキサンの場合も、意外に早期での併用が可能かもしれません。)
 ・再発を繰り返す場合はナイキサンの方が優位







痛風.pdf









posted by 斎賀一 at 15:29| Comment(0) | 整形外科・痛風・高尿酸血症
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: