2020年02月26日

この時期の対応 ・その1

この時期の対応 ・その1

業務連絡用



0226.PNG 
  
        

 厚労省より新型コロナ対応の発表がありました。

ハッキリしたのは、

  ・ この2週間に感染の活動期に入ると専門家は推測している事。

  ・ PCR法の検査は、感染が消息してからしか開業医には届かない。

  ・ 可能性のある治療薬も、感染の初期にしか有効でないと推測されるので、
    残念ながら検査が出来ないようであれば、その治療薬ですら有効性は期待薄。

  ・ 流行の最盛期には、病院の対応も限界に達しているので、開業医からの
    重症患者の紹介もかなり厳しくなる。


本院での新型コロナに対する基本的スタンスは、

  ・ 新型コロナ感染の疑いで、軽症の患者さんは、診療後に自宅で療養。
    (80%以上が軽症のまま自然治癒)

  ・ 少しでも疑いが高まれば、紹介の方針。紹介しても検査をしてくれないようであれば、
    本院で経過観察となるが、再度紹介し、粘り強く検査を依頼することもある。

  ・ 基礎疾患のある患者さんが肺炎を併発したら、専門病院に紹介する。
    その後は、こちらからは患者さんに連絡が取れなくなるので、御家族から
    毎日症状を電話してもらう。当該患者さんの入院が出来るまでこれは継続する。


以上を踏まえて、職員の努力で現時点での本院のマニュアルが出来ました。


下記に本院職員作成のマニュアルを掲載します(ご苦労さん)。
職員の皆さん、周知徹底をお願いします。
なお参考資料も併せ添付します。



診察の流れ.pdf

2 新型コロナウイルス感染症_市民向けハンドブック_20200225.pdf

3 政府方針.pdf






posted by 斎賀一 at 20:18| Comment(0) | 感染症・衛生
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: