2020年02月18日

急性心不全に対する血管拡張薬の積極的治療の効果は?

急性心不全に対する血管拡張薬の積極的治療の効果は?
 
Effect of a Strategy of Comprehensive Vasodilation vs Usual
 Care on Mortality and Heart Failure Rehospitalization
 Among Patients With Acute Heart Failure
   JAMA December 17, 2019 Volume 322, Number 23



20218.PNG


       

 前日のブログで紹介しましたが、急性心不全の治療の主体は血管拡張薬との事です。
ならば急性心不全の発症時に積極的に且つ包括的に血管拡張薬を増量したら、その効果も顕著かを
調べた研究が、雑誌JAMAに掲載されています。


その前に村川裕二先生の格言を紹介
「心不全を細かく考えると前に進まない。
 プロでないなら(実地医家なら)薬物療法で対処できる程度の心不全を扱う。
 冠動脈疾患、甲状腺疾患、貧血を鑑別する。
 新規の急性心不全は、体液貯留が無いので血管拡張薬を優先
 (血圧が100以上あればミオコールスプレーは使用できる。)
 慢性心不全の増悪は、体液貯留があるので利尿薬も用いる。
 新規か慢性の増悪かは考えても意味がない。
 体重50kgの人にはニトログリセリン5アンプル(50cc)を50時間(1cc/時間)を持続注入器で使用
 する。とパターンで決めておく。
 ハンプは1バイエルを5%ブドウ糖50ccに希釈して3cc/時間で開始」

肩の力を抜いて自分なりのアレンジで本論文を解釈すると、意外に簡単になってしまいました。
本論文の主旨とかなりずれてしまいますので、原文の一部を下記のPDFに紹介します。


さて本論文を纏めますと
1) 医者になりたての頃、セルアプとダイクロSだけを処方していました。
   オーベンの先生に怒られてばっかりいた頃の記憶が蘇ります。そんな訳でヒドララジンは
   最初から省略
2) 入院して血管拡張薬を増量する7日間の積極的治療と通常の治療を比較していますが、結果は同等
   でした。
   180日後の死亡率と再入院率に差はありませんでした。
   更に7日間の治療後の呼吸苦とBNP値においても、改善に両群で相違はないようです。
   治療の経過とデータは下記のPDFを参照


私の治療方針
 急性心不全に関しては、甲状腺疾患、冠動脈疾患、弁膜症、貧血をチェックして下記の様に一人旅の
 治療とします。
 ・血圧が100以上の場合は取り敢えず本院で治療
 ・基礎疾患を鑑別、簡易心エコーで検査、心電図、胸部レントゲン、BNP、トロポニン検査
 ・血圧を管理しながら、ミオコールスプレーを30分間に3回まで行う。
  その後はニトロダームかフランドルテープを貼付
 ・ARBを追加か増量
 ・IVCDが高ければルプラック、ラシックス、ダイアートを追加
 ・翌日、3日後、1週間後に再診





◆参考書籍

 循環器治療薬ファイル 第3版 ; 村川裕二

 メディカル・サイエンス・インターナショナル





私見)
    慌てないためにはシュミレイション
    なるべく簡単なシュミレイション
    職員が共有できるシュミレイション






JAMA論文より.pdf










posted by 斎賀一 at 19:57| Comment(1) | 循環器
この記事へのコメント
先生ありがとうございましたm(__)m
またご面倒をお掛けして申し訳ありません
よろしくお願いいたしますm(__)m

本人がちょうど弱気になってて、乗せて行って欲しいと言ってきたので、仕事休めないから運転できないならタクシ―で行って、と断ったのですが…

大変恐縮なのですが、もし可能であれば8時過ぎに紹介状をいただけたら、有り難いのですが。

また朝ご連絡させていただきます。
申し訳ありません、よろしくお願いいたしますm(__)m
Posted by at 2020年02月20日 01:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: