2020年02月08日

新型コロナウイルス対するリスク評価の暫定的なアメリカのガイドライン

新型コロナウイルス対するリスク評価の暫定的なアメリカのガイドライン
 
Interim US Guidance for Risk Assessment and Public
Health Management of Persons with Potential 2019
Novel Coronavirus (2019-nCoV) Exposure in Travel
associated or Community Settings



20208.PNG



 新型コロナウイルスに関する知見が毎日のように更新されています。
2月5日の時点で、アメリカCDCからのリスク評価が出ています。
実地医家として知っておくべき領域のみ抜粋してみます。


1) ウイルスのいる表面や物質に接触することにより、更に自身の口、鼻、目に触れて感染が成立
   するかは現時点では不明である。

2) 感染暴露のリスク  



          20208-2.PNG

          

 
   飛行機の中で赤が患者とすると、2座席隣までが中等度のリスクで、2座席より離れているが
   2列以内の場合が低リスクです。
   (飛行機では横断して換気していますが、前から後ろまで全体に換気してはいないとの事です。)

3 ) 高リスク
    新型コロナウイルスの診断をされた人と同居したり親密な関係の人で、隔離などの適切な
    対応をしていない場合
    湖南省からの渡航

4) 中等度リスク
   他の国で新型コロナウイルスの診断を受けているが、未だ確定診断か不明の場合
   飛行機で2座席以内
   新型コロナウイルスの患者と同居はしているが、注意勧告に従って対応している場合
   湖南省以外の中国からの渡航
   (アメリカではバッサリとカテゴリーに入れています。)

5) 低リスク
   新型コロナウイルス患者と同室(クラスルーム、病院の待合室など)に長時間同席していた場合
   飛行機で新型コロナウイルス患者の2列以内にいた場合


6) 明白なリスクがない場合
   新型コロナウイルス患者近辺の歩行、短時間の同室ではリスクが乏しい

7) 管理および隔離の基準は下記のPDFを参照
   無症状の人でも、高リスクと中程度リスクの人は隔離の方向の様です。






私見)
 これはアメリカでのガイドラインです。注意して読まなくてはなりません。
 またそのまま中国と日本との関係には当てはめられません。
 しかし、注意事項としては実地医家にとっても参考になります。






CDC コロナ.pdf









posted by 斎賀一 at 15:34| Comment(1) | 感染症・衛生
この記事へのコメント
今日の朝、袖ヶ浦の野里の平岡小の前の道路で信号待ちをしていたら...

いきなりブンブンブンブン音がしてきて、集団のバイクが目の前を通過して行くとこで。

1台に2人ずつ乗ってて、道が狭いので1列に並んで走ってはいたのですが、明らかにバイクのツ―リングではない、改造バイクが10台位通過して行ったのですが...

まもなく信号がこちらが青に変わったのですが、まだブンブンいってたので、横を見たらまだ逆に20台位残ってて、このタイミングで行っていいものか迷ったのですが、停まって待ってたので、なんとか無事に横断できたのですが…

私が渡りきった後に、ブンブンいいながら信号無視して通過していきました。

久しぶりに暴走族に遭遇しましたが、あれだけの数いるとちょっと怖いと思いましたね(*_*)
Posted by at 2020年02月09日 16:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: